It's cool!とんでもない物を手に入れたのさ みかんフィッシュ養殖開始、サマー的な時期には出荷予定 このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - It's cool!とんでもない物を手に入れたのさ みかんフィッシュ養殖開始、サマー的な時期には出荷予定

引用元: It's cool!とんでもない物を手に入れたのさ みかんフィッシュ養殖開始、サマー的な時期には出荷予定©2ch.net


1: ジャンピングエルボーアタック(やわらか銀行)@\(^o^)/ [ヌコ] 2017/01/22(日) 06:32:05.68 ID:kYCE40qS0 BE:819973909-2BP(2000)
◇県研究所 ニジマス海面養殖 春に出荷
 県水産研究センター栽培資源研究所(伊予市)は、ニジマスの海面養殖に乗り出す。

 16日、八幡浜市川上町の養殖業者に幼魚約2600匹が運び込まれた。海で養殖したニジマスは サーモントラウトと呼ばれ、すしネタなどとして人気。同研究所ではイヨカンオイルを混ぜた餌で育て、「みかんフィッシュ」として売り出す計画だ。

そーす
http://www.yomiuri.co.jp/local/ehime/news/20170116-OYTNT50138.html
育て「みかんフィッシュ」

▽関連イメージ:ニジマス

1280px-Oncorhynchus_mykiss
(画像引用元:wikipedia-ニジマス






【話題】地下海水でサバを陸上養殖 JR西「お嬢サバ」本格事業化 [H29/1/10] このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 【話題】地下海水でサバを陸上養殖 JR西「お嬢サバ」本格事業化 [H29/1/10]

引用元: 【話題】地下海水でサバを陸上養殖 JR西「お嬢サバ」本格事業化 [H29/1/10]


1: ◆qQDmM1OH5Q46 2017/01/10(火)20:30:42 ID:???
地下海水でサバを陸上養殖 JR西「お嬢サバ」本格事業化

 JR西日本と鳥取県、同県岩美町は10日、地下海水を使ってサバを陸上で養殖する事業の本格展開で連携する協定を結んだ。JR西が6月から岩美町で養殖を始め、平成30年春に「鳥取生まれの箱入り娘お嬢サバ」のネーミングで出荷する予定。

続き 産経WEST
http://www.sankei.com/west/news/170110/wst1701100058-n1.html

2







【食】佐賀県などが求めるトラフグ肝の解禁「安全性確認できず」 このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 【食】佐賀県などが求めるトラフグ肝の解禁「安全性確認できず」

引用元: 【食】佐賀県などが求めるトラフグ肝の解禁「安全性確認できず」


1: ケフィス ★ 2016/12/08(木) 00:21:46.27 ID:CAP_USER9
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=
20161207-00000050-nnn-soci


 猛毒による食中毒の恐れがある「フグ肝」の食用解禁を、佐賀県などが国に求めていることについて、国の専門調査会は食品としての安全性は確保できないとする案を取りまとめた。

1

 トラフグの肝は猛毒の恐れがあるため、食品衛生法で食べることは禁止されている。しかし佐賀県と地元の養殖業者は、特別な養殖方法などで毒がないことを確認したとし、国に特別に食用解禁を認めるよう求めていた。

 これについて国の食品安全委員会の専門調査会は7日、食品としての安全性は確認できないとする案を取りまとめた。理由については毒の仕組みは解明されておらず、養殖業者が提案する検査方法では全ての毒を検査できないためとしている。

 これを受け厚生労働省は、食品としての提供は難しいと判断する見通し。

▽動画





【魚】小山市の農家が「ラムサールナマズ」と銘打った普通の鯰を販売 このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 【魚】小山市の農家が「ラムサールナマズ」と銘打った普通の鯰を販売

引用元: 【魚】小山市の農家が「ラムサールナマズ」と銘打った普通の鯰を販売©2ch.net


1: 水星虫 ★ 転載ダメ©2ch.net 2016/11/23(水) 17:19:32.71 ID:CAP_USER9
「ラムサールナマズ」を販売

*ソース元にニュース画像あり*

http://www.nhk.or.jp/lnews/utsunomiya/1094533481.html
?t=1479888704000

※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を

渡良瀬遊水地がある小山市で、地元の農家が今年度からナマズの養殖を始め、
23日から地元の道の駅でそのナマズを使った料理が販売されます。

小山市の農家、松本上さんは、農薬や化学肥料を使わない米作りに取り組んでいで、 収穫が減った分の収入を補おうと、今年度からナマズの養殖を始めました。

小山市には、湿地を保全することを定めたラムサール条約に登録された渡良瀬遊水地があることから、 養殖されたナマズは「ラムサールナマズ」と名付けられ、そのナマズを使った料理が 23日から市内にある道の駅「思川」で販売されます。

販売されるのは、天ぷらとかば焼き、それに骨や肉をたたいて揚げただんごの3品で、22日は関係者向けに試食会が行われました。料理を試食した小山市の大久保寿夫市長は、
「淡泊な味でおいしい。低カロリーで健康にいいと聞いたので、最高だと思う」
と話していました。

ナマズを養殖した松本さんは、
「大きく育ってくれて安心しました。ナマズは脂っぽさがなくて、
食べやすいので、たくさんの人に食べてもらいたい」
と話していました。

このナマズ料理は、23日午前11時半から販売されるということです。

11月22日 16時00分

▼画像:自ら育てたナマズを手にする松本さん
PK2016112302100058_size0
(出典:tokyo-np) 





サケ数百匹の腹から卵が盗まれる どんだけイクラ好きやねん このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - サケ数百匹の腹から卵が盗まれる どんだけイクラ好きやねん

引用元: サケ数百匹の腹から卵が盗まれる どんだけイクラ好きやねん


1: レインメーカー(愛知県) [US] 2016/11/20(日) 21:27:03.34 ID:0t33GiI/0 BE:327876567-PLT(14260) ポイント特典
サケ数百匹の腹から卵盗む 北海道の人工ふ化施設

20日午前8時半ごろ、北海道標津町川北にあるサケの人工孵化(ふか)施設の男性職員から
「いけすの中にいたサケの腹を裂かれ、卵を取られた」と道警中標津署に通報があった。 被害は少なくとも数百匹に上り、同署が窃盗の疑いで調べている。

 同署によると、施設は「根室管内さけ・ます増殖事業協会」(標津町)が運営。 21の孵化施設を持ち、うち1つが被害に遭った。職員不在だった19日夕から 20日朝の間に、雌用のいけすから取り出して卵だけ盗んだとみられる。被害総額は不明だが、1匹当たり2000円程度という。

http://www.sankei.com/affairs/news/161120/afr1611200016-
n1.html?&pushcrew_powered


▼関連画像
IMGP2167 IMGP2168
(画像出典:根室管内さけ・ます増殖事業協会





【韓国】「国産サーモンが食卓に」~アジアで初めて養殖に成功(動画) このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 【韓国】「国産サーモンが食卓に」~アジアで初めて養殖に成功(動画)

引用元: 【韓国】「国産サーモンが食卓に」~アジアで初めて養殖に成功(動画)[11/08]


1: HONEY MILKφ ★ 2016/11/08(火) 10:16:20.16 ID:CAP_USER
※ 動画があります
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
<アンカー>
サーモン(ヨンオ)はヒラメ(クァンオ)の次に最も多く食べる人気の魚種ですが、今までは事実上輸入にだけ依存して来ました。我が国がアジアで初めてサーモンの養殖に成功して、今後は国産サーモンが食卓に上がるようになりました。

1


キム・ジミン記者です。

<レポート>
江原道(カンウォンド)高城(コソン)沖の囲い網養殖場。サーモンが群れで泳いでます。アジアで初めて養殖に成功した国産サーモンです。

20ケ月で5kg近く成長して、輸入品と比べても劣りません。

サーモンは夏場の水温が大きく上がる我が海では養殖しにくい魚種ですが、水深25メートルまで下がる囲い網施設で水温を15~18℃に維持しながら養殖に成功しました。

昨年の国内のサーモン消費量は3万4千トンで、5年間で3倍近く急増しました。

これまでは大部分ノルウェーなどの輸入品に依存していましたが、国内でも大量生産する道が開かれたのです。

<ユン・ハクベ(海洋水産部次官)>
「年間1000億(ウォン)規模のサーモンフェ(膾・刺身)や寿司など、輸入品の冷蔵サーモン市場を国産に切り替えられます」

養殖技術を持った国内の水産会社は今日から500トンをひとまず出荷して、一般のスーパーなどで販売します。

TV朝鮮のキム・ジミンでした。

ソース:NAVER/TV朝鮮(韓国語)
http://news.naver.com/main/read.nhn?
mode=LSD&mid=shm&sid1=102&oid=448&aid=0000186923



【讃岐さーもん】
http://www.kensanpin.org/products/products/list.php?category_id=205





養殖サーモンに寄生し骨を変形させる寄生虫「ミクソゾア」 実はクラゲの仲間であったことが最新の研究で明らかに このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 養殖サーモンに寄生し骨を変形させる寄生虫「ミクソゾア」 実はクラゲの仲間であったことが最新の研究で明らかに

これまで原生生物の仲間と思われていたが、実は刺胞動物であったことが明らかに

2E82E5E100000578-0-image-a-20_1447716945373
▲ミクソゾア

養殖されているサーモンなどのサケ・マスに寄生し異常な行動をさせたり、骨を変異させる「ミクソゾア」。世界各国の養魚場で猛威を振るい、大きな経済的損失をもたらす厄介者だ。

非常に謎の多いこの生物。1990年頃までの研究でこの厄介者はアメーバやゾウリムシ、粘菌などと同じ原生生物であるとされてきた。しかし、最新の研究で「ミクソゾア」はクラゲ、サンゴ、イソギンチャクと同じ刺胞動物であることが証明された