「白身魚フライ」ことナイルパーチの産地ビクトリア湖では、年間5000人が死んで魚の餌に このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 「白身魚フライ」ことナイルパーチの産地ビクトリア湖では、年間5000人が死んで魚の餌に

「白身魚フライ」ことナイルパーチの産地ビクトリア湖では、年間5000人が死んで魚の餌に
http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1358574526/

1: スペインオオヤマネコ(京都府) 2013/01/19(土) 14:48:46.75 ID:mMfAF82N0
no title「世界一危険」な湖? 毎年5000人が死亡 ビクトリア湖
http://www.cnn.co.jp/travel/35027072.html

ウガンダ・ビクトリア湖(CNN) ウガンダとタンザニア、ケニアの
3カ国にまたがるビクトリア湖は、淡水湖としては世界第2位、
アフリカでは最大の面積(約7万平方キロ)を誇る巨大な湖だ。

だがこの湖は、世界有数の危険な湖でもある。
地元当局によれば、ビクトリア湖では毎年、約5000人が命を落としている。
原因としては変わりやすい天候や通信インフラの未発達などが挙げられる。
(中略)
ムウェンベさんらは携帯電話のメールを使った警報システムをテスト運用中だ。
天気予報に加え、危険な嵐が発達中の場合には警報を出し、航行に関するアドバイスもするという。

カボンゲさんもこのテスト運用に参加している。「このシステムが始まってから、
少なくとも死者数は減った。だからこのシステムは必要だ」とカボンゲさんは言う。
警報システムが湖全体をカバーできるようになり、
仲間の漁師たちがみんな使えるようになればとカボンゲさんは願っている。