【神奈川】特定外来生物の「上海ガニ」を生きた状態で店頭に陳列容疑 鮮魚販売業者ら書類送検 このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 【神奈川】特定外来生物の「上海ガニ」を生きた状態で店頭に陳列容疑 鮮魚販売業者ら書類送検

引用元: 【神奈川】特定外来生物の「上海ガニ」を生きた状態で店頭に陳列容疑 鮮魚販売業者ら書類送検


1: ばーど ★ 2018/02/21(水) 18:56:31.70 ID:CAP_USER9
特定外来生物の上海ガニを許可なく店頭に生きた状態で陳列したとして、神奈川県警南署は21日、外来種被害防止法違反の疑いで、鮮魚販売業「東盛商事」(横浜市南区)の中国籍の男性社長(44)と、別の鮮魚店(同区)の中国籍の男性店主(49)を書類送検した。

--- 引用ここまで 以下引用元参照 ---
2018.2.21 16:23
産経ニュース
http://www.sankei.com/affairs/news/180221/afr1802210037-n1.html

▼関連イメージ

Gekochte Wollhandkrabben.jpg
By J. Patrick Fischer - 投稿者自身による作品, CC 表示-継承 3.0, Link






サカサクラゲを背負って歩く『カニ』が可愛い!フィリピン近海で撮影された映像が話題に このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - サカサクラゲを背負って歩く『カニ』が可愛い!フィリピン近海で撮影された映像が話題に

海底を横移動するサカサクラゲ!!?実は、その下にカニが!!

1
image:youtube/Caters Clips


フィリピン近海にの海底は、生物多様性の豊かな地域であり非常に多くの種が接近して生息していることで知られている。

そんな豊かなフィリピンの海で、最近興味深い映像が撮影され話題となっている。それがこのサカサクラゲを背負って歩くカニの映像だ。






【画像あり】鮮魚店の生簀で売られていた『タラバガニ』さん、同じ水槽にいたオマールエビを捕食する((((;゚Д゚)))) このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 【画像あり】鮮魚店の生簀で売られていた『タラバガニ』さん、同じ水槽にいたオマールエビを捕食する((((;゚Д゚))))

鮮魚店の生簀で繰り広げられた高級食材バトル!

unnamed-4
画像提供:Twitter/TsukijiSaitoさん

アクアリウムをしていると、水槽の魚が他の魚やエビを食べてしまい悲しい気持ちになってしまうことが時々ありますよね。

そんな水槽内での事故について、東京・築地の鮮魚店さんではあの高級食材が高級食材を捕食してしまったとしてTwitterで話題になっています。






【なにこれ可愛い】小笠原で新種のカニ見つかる 「ペタンココユビピンノ」と命名 (画像あり) このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 【なにこれ可愛い】小笠原で新種のカニ見つかる 「ペタンココユビピンノ」と命名 (画像あり)

引用元: 小笠原で新種のカニ見つかる 「ペタンココユビピンノ」と命名


1: スレロンダ茨城とは別人です ◆mZB81pkM/el0 (茨城県) [ニダ] 2018/01/18(木) 20:28:04.92 ID:DiSK1nH10 BE:844481327-PLT(12345) ポイント特典
sssp://img.5ch.net/ico/monatya.gif
東京都とお茶の水女子大湾岸生物教育研究センターの吉田隆太特任助教らは18日、小笠原諸島・聟島列島の周辺海域で新種のカニを発見したと発表した。
甲羅が押しつぶされ、ぺたんこになっているような形から「ペタンココユビピンノ」と名付けられた。10日付の国際学術誌に発表した。

--- 引用ここまで 以下引用元参照 ---
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/197203 







モテるオスの特徴は『スタミナ』 カニの仲間シオマネキの好み、ロボットを使った最新の研究で明らかに このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - モテるオスの特徴は『スタミナ』 カニの仲間シオマネキの好み、ロボットを使った最新の研究で明らかに

モテるために重要な要素は大きさだけでは無かった!!?

Compressed fiddler crab (Uca coarctata) male.jpg
By Charlesjsharp - Own work, from Sharp Photography, sharpphotography, CC BY-SA 4.0, Link



自然界において、メスに好まれるオスの特徴といえば大きさが関連してくることが多い。それは全長だけでなく、とある部位を限定した大きさなど様々だ。

そんな、オスのとある部位が大きければ大きいほどメスに好まれる生態を持つ代表的な生物の一つが『シオマネキ』。この生物 のオスは片方のハサミが大きく発達しこれを用いて「ウェービング」と呼ばれるハサミを上下に動かす行動が知られている。

しかし、最新の研究ではこのシオマネキのオスにとってモテる要素にはハサミの大きさだけではなかった。重要なのは『スタミナ』。






【画像あり】ハンドメイド作家さんが制作した『カニの器』がリアルすぎるwwwwww このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 【画像あり】ハンドメイド作家さんが制作した『カニの器』がリアルすぎるwwwwww

生きてる!?リアルなカニの器が話題に

DTKzLueVMAAeyIw
image:Twitter/Usaginorara1






【閲覧注意】豪クリスマス島でアカガニの大移動、海岸を埋め尽くすカニの大群がヤバすぎるwwwwwww このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 【閲覧注意】豪クリスマス島でアカガニの大移動、海岸を埋め尽くすカニの大群がヤバすぎるwwwwwww

生まれたアカガニの“赤ちゃん”も親を見習って大群を形成?

▼豪クリスマス島で『アカガニ』が大移動