【画像】この水槽だけ、異世界感というか、異星感というか、この世の終わり感を感じる このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 【画像】この水槽だけ、異世界感というか、異星感というか、この世の終わり感を感じる


▼— 等脚系男子ふなむっしー (@funamusshi) さんのTweetより
この水槽だけ、異世界感というか、異星感というか、この世の終わり感を感じる







【衝撃】ヤドカリの仲間『ヤシガニ』の握力wwwwwwwwwwww このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 【衝撃】ヤドカリの仲間『ヤシガニ』の握力wwwwwwwwwwww

引用元: ヤシガニの握力wwwwwwwwwwww 


1: 風吹けば名無し 2016/12/31(土) 10:29:14.57 ID:qxaJXUev0
340キロ


ライオンが物をかむ力(約300キロ)に匹敵する強さで、物を挟む力としては地上の生物で最強クラスになるという。
http://www.yomiuri.co.jp/science/20161230-OYT1T50141.html?from=ytop_main4

▽関連記事
ヤシガニ、甲殻類最強だった 挟む力はライオン級 50年の長寿命 つよい(確信)
http://aqua2ch.net/archives/48993668.html

97f9e40a









【画像】カニの全身の血管。 甲殻類は開放血管系であることを考慮して見るとなかなか面白い このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 【画像】カニの全身の血管。 甲殻類は開放血管系であることを考慮して見るとなかなか面白い


▼— 叱咤過侮離のtapa (@tapa46) さんのTweetより
カニの全身の血管。
甲殻類は開放血管系であることを考慮して見るとなかなか面白い。https://t.co/FykJvaNDSY



1



▽開放血管系とは、
開放血管系とは、血リンパ(血液)が血体腔を通り、直接心臓へ、または呼吸器を経て出鰓血管により囲心腔から心臓へ戻る循環系である。節足動物、頭足類以外の軟体動物、脊索動物の尾索動物などの動物群に見られる。

※人間などの哺乳類は閉鎖血管系動脈。動脈と静脈の末端が毛細血管でつながっている血管系である。閉鎖循環系とも呼ばれる。血漿の一部とリンパ球などが組織液、リンパ液として組織間に浸出するが、赤血球と大部分の血漿は常に血管内を循環する。(出典:wikipedia-血管系


開放血管系は毛細血管を持たないため比較的シンプルな構造であるのだが、このカニの全身の血管は非常に複雑な構造を持っていることが見て取れる。






【動画】スーパーの店員がカニを使って超絶マジックを披露し話題にw 食べ物で遊ぶなという批判の声も このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 【動画】スーパーの店員がカニを使って超絶マジックを披露し話題にw 食べ物で遊ぶなという批判の声も

引用元: 【動画】スーパーの店員がカニを使って超絶マジックを披露し話題にw 食べ物で遊ぶなという批判の声も 


1: ハーフネルソンスープレックス(アメリカ合衆国) [JP] 2016/12/20(火) 11:30:08.82 ID:g5sHsLbD0 BE:214658696-2BP(1500)
ん!?!?!?店員さんすげえwwwwカニ浮いてるwwwww
https://twitter.com/tukiuta_2525/status/810821974779895808
21:19 - 2016年12月19日

zmlXvZ

YouTube版動画
https://www.youtube.com/watch?v=S3D-TVWh9rs







【食】栃木産「モクズガニ」を中国人が“爆買い” 背景に上海ガニの深刻な薬物汚染 このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 【食】栃木産「モクズガニ」を中国人が“爆買い” 背景に上海ガニの深刻な薬物汚染

引用元: 【食】栃木産「モクズガニ」を中国人が“爆買い” 背景に上海ガニの深刻な薬物汚染[12/08]


1: ねこ名無し ★ 2016/12/08(木) 17:46:14.18 ID:CAP_USER
 
中国人が日本のモクズガニ目当てに襲来し、爆買いしている。産地の1つ栃木・那珂川では中国語が飛び交っているという。背景には、かの国に出回る上海ガニの深刻な薬物汚染が…。ジャーナリストの奥窪優木氏がカニをめぐる時ならぬ騒動を2回にわたってリポートする。

 栃木県北部、那須岳を源とし、関東随一の清流と呼ばれる那珂川。その中流域で最近、どういうわけか、やたらと中国語が飛び交っている。

 「彼らの目当ては今が旬のモクズガニです。東京の中華料理店の仕入れ担当の人から一般の人まで、中国系のお客さんが大勢訪れている。5、6キロ買っていく人も珍しくなく、昼過ぎに在庫がなくなってしまうこともしばしばです」

 そう話すのは、モクズガニを扱う地元の水産業者の従業員だ。

 モクズガニとは淡水域にすむ食用のカニで、同じく今が旬の上海ガニ(チュウゴクモクズガニ)と同属異種とされている。この従業員によると味もそっくりで、上海ガニが大好物の中国人にも支持されているという。

 モクズガニの相場は平均的なサイズの個体だと1キロ当たり3000円前後。一方の上海ガニは、「最も有名な産地である江蘇省陽澄湖産のホンモノなら、最低でも1キロ8000円くらいはする。さらに日本のお店で食べるとなると、その3~4倍」(ジャーナリストの周来友氏)というから、中国人が日本でモクズガニを爆買いするのもうなずける。

 ちなみに周氏が「ホンモノ」と強調するのは、中国ではニセ上海ガニの横行が問題となっているからだ。陽澄湖の上海ガニの年間漁獲量は2000トン強だが、インターネット上では陽澄湖産をうたう上海ガニが、毎年1万トン以上販売されているという。

 同時に、毒上海ガニも横行している。今年11月、香港の食品衛生当局は、江蘇省の業者らが持ち込んだ上海ガニから基準値を超えるダイオキシンが検出されたとして、約800キログラムを回収している。

 また同月、広東省在住の女性は、上海ガニを食べた直後に体調を崩して病院で検査を受けたところ、骨格筋が融解・壊死(えし)する横紋筋融解症と診断された。心筋障害・筋疾患を示す血中クレアチニンキナーゼの値は、基準値の180倍に達していた。ほかにも、中国ではここ2~3年の間に、上海ガニからカドミウムなどの重金属が検出される例が続出している。

 前出の周氏も「私もそうですが、中国ではここ数年は上海ガニを避けるという動きも広がっている」と話す。

 こうして広がる「上海ガニ不信」の一方、故郷の味を忘れられない中国人の間で、日本のモクズガニ人気が密かに広がっているようだ。

http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20161208/
dms1612081700010-n1.htm

http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20161208/
dms1612081700010-n2.htm



no title

栃木・那珂川のモクズガニ。中国人の食指が伸びる





【中国】基準値5倍超のダイオキシンだけじゃない!“毒”上海ガニを食べた女性の筋肉が壊死寸前に このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 【中国】基準値5倍超のダイオキシンだけじゃない!“毒”上海ガニを食べた女性の筋肉が壊死寸前に

引用元: 【中国】基準値5倍超のダイオキシンだけじゃない!“毒”上海ガニを食べた女性の筋肉が壊死寸前に


1: ねこ名無し ★2016/11/30(水) 03:23:04.66 ID:CAP_USER

no title

紹興酒とともに食す上海ガニのみそは格別なのだが……

 中国の秋の味覚のひとつ、上海ガニ。この季節になると、中国各地や香港だけではなく、日本でも上海ガニ好きが、その濃厚なカニみその味を楽しんでいる。

 ところが今年11月初め、香港で上海ガニから基準値の5倍を超えるダイオキシンなどの発がん性化学物質が検出され、輸入や販売が禁止されるという事態にまで発展した。

 そんな中、今度は広州で、上海ガニを食べた女性が恐ろしい目に遭った。海鮮好きの楊さん(37)が、市場で買ってきた5杯の上海ガニを自分で蒸して食べたところ、翌日、急に体調に異変を感じ始めたのだ。

 5日たっても状態が改善されなかったため、病院で検査を受けたところ、血中のクレアチンキナーゼの値が通常の180倍も検出されたという。

 クレアチンキナーゼは筋肉収縮の際のエネルギー代謝に関与する酵素で、心筋梗塞や筋ジストロフィーなどの心筋障害・筋疾患にかかると、血中の濃度が上昇する。これが原因で、楊さんは横紋筋溶解症の症状が出たため、緊急入院することになった。

 Wikipediaによると、横紋筋溶解症は骨格筋が壊死を起こして筋肉痛や脱力感等の症状が表れる病気で、重症の場合は腎不全などの臓器機能不全を起こし、死に至る場合もあるのだという。幸い楊さんは命に別状はなく、病状は回復に向かっているという。

 最近の上海ガニ事情について、上海駐在の日本人ビジネスマンは、このように説明する。

 「上海ガニは、上海近くの陽澄湖と太湖という2つの湖で養殖されたものが一番の高級品とされているのですが、その偽者が大量に出回っています。最近では、汚い河川や池で養殖した上海ガニを出荷直前に陽澄湖や太湖に運び込み、数日間だけそこで育てて陽澄湖産、太湖産として売る悪徳業者が問題になっています。そのため、本物だという証明に、ナンバー入りのタグをつけていましたが、そのタグの偽物も大量に出回って、役に立たなくなってしまった。もはや、どれが本物かなどわからなくなっているので、しばらく上海ガニには手を出さないほうがいいかもしれません」

 また、トラブル孫悟空の愛称でおなじみの、ジャーナリストの周来友氏も「上海ガニは好物だったけど、危ないので、ここ数年は食べていない」と話す。

 儲けるためなら食の安全など考えない、無責任な食品業者が跋扈する中国。上海ガニに限らず、自分の命や健康を大切にするなら、中国産の食べ物には手を出さないほうがよさそうだ。

(取材・文=佐久間賢三)

http://news.livedoor.com/article/detail/12349604/





【中国】上海ガニを湖に数日「入浴」させ、人気の産地にでっちあげ!水質汚染で発がん性物質の検出も―英紙 このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 【中国】上海ガニを湖に数日「入浴」させ、人気の産地にでっちあげ!水質汚染で発がん性物質の検出も―英紙

引用元: 【中国】上海ガニを湖に数日「入浴」させ、人気の産地にでっちあげ!水質汚染で発がん性物質の検出も―英紙[11/23] 


1: ねこ名無し ★ 2016/11/23(水) 07:55:28.37 ID:CAP_USER

no title

no title

写真は上海ガニ。

2016年11月21日、シーズン真っ盛りの上海ガニが今年も人気となっているが、このほど香港の食品安全検査で、中国から輸入された上海ガニから基準を上回る発がん性物質が検出された。中国紙・参考消息(電子版)が伝えた。

英紙フィナンシャル・タイムズによると、安全性に問題が出ているだけでなく、産地を偽装するような行為も行われている。上海ガニは太湖産が最も美味とされている。

そうした評価を背景に、別の場所を産地とするカニを太湖に数日放し、太湖産として高値で販売するという方法が採られており、こうした手法は「入浴」と呼ばれている。

太湖とその周辺の河川は、改革開放後の工業化によって、汚染が急速に進んだ。政府は多額の資金投入や長年にわたる汚染対策を続け、一帯は中国における環境問題のモデル地区にもなっている。

その太湖に関連するカニから発がん性物質が検出されたことで、汚染対策が失敗したのではないかとの疑いも出ている。

同地域では工場に対する規制が行われており、水質指標の化学的酸素要求量(COD)は徐々に改善されていた。

検出された発がん性物質はダイオキシンなどの発がん性物質で、環境保護活動家は「排気された汚染ガスに含まれる物質が水や土壌に滞留した疑いがある。こうした物質は長期にわたって残留しやすい」と指摘している。

記事は、今後数年はこの“入浴済みのカニ”が中国の汚染対策能力を測るバロメーターになるかもしれないと伝えている。(翻訳・編集/岡田)

http://www.recordchina.co.jp/a155651.html