【八重山】石西礁湖 この夏の海水温の上昇で97%のサンゴが白化し5割超が死滅 「さらに増えると予想され厳しい状況」 このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 【八重山】石西礁湖 この夏の海水温の上昇で97%のサンゴが白化し5割超が死滅 「さらに増えると予想され厳しい状況」

引用元: 【八重山】石西礁湖 この夏の海水温の上昇で97%のサンゴが白化し5割超が死滅 「さらに増えると予想され厳しい状況」


1: しまんちゅ ★ 2016/11/24(木) 09:18:50.10 ID:CAP_USER

no title

白化による死滅後、藻類に覆われて茶色く変色したサンゴ=沖縄県の「石西礁湖」で2016年10月4日撮影、環境省那覇自然環境事務所提供

沖縄・石垣島と西表島の間にある国内最大のサンゴ礁「石西礁湖(せきせいしょうこ)」で97%のサンゴが白化し、5割超が死滅していることが、環境省那覇自然環境事務所が9~10月に実施した調査で分かった。

7~8月の前回調査から大幅に悪化しており、同事務所は
「9月上旬まで高い海水温が続いたことが影響した。死滅群体はさらに増えると予想され、厳しい状況だ」としている。

 調査は9月29日~10月4日に水深2~7メートルの35地点で実施した。 前回調査(7月26日~8月17日)で89.6%だった白化率は97%にまで進行し、「全体が死滅した群体」も前回の5.4%から56.7%に増加。
「全体が完全に白化している群体」は23.1%、「一部白化・一部死滅・全体的に色が薄い群体」は17.2%だった。

沖縄気象台によると、6~8月の八重山諸島周辺の平均海面水温は30.1度で、気象衛星の観測が始まった1982年以降で最も高かった。 春に終息したエルニーニョ現象や地球温暖化の影響で海面水温も高い状態が続いたといい、これが大規模なサンゴの死滅につながったとみられる。

八重山ダイビング協会の安谷屋(あだにや)正和会長は
「5割以上が死滅していると聞いてショックだ。八重山諸島の観光にも影響は大きく、強い危機感を持っている。
サンゴの種類で世界一と言われるこの美しい海を守っていくためにも、移植などできる限りのことをやっていきたい」と話している。

石西礁湖と白化東西に約20キロ、南北に約15キロ広がる国内最大のサンゴ礁海域。世界でも有数の生物多様性を誇るが、今年7月ごろからサンゴの白化が目立ち始めた。

白化はサンゴの体内に共生している植物プランクトンの褐虫藻が高水温などのストレスを受けて失われ、白い骨格が透けて見えるようになる現象。
白化したすぐ後のサンゴは生きているが、状態が長く続くと死滅する。

毎日新聞
http://mainichi.jp/articles/20161124/k00/00m/040/021000c





【朗報】千葉県が「カミツキガメ捕獲」専門家を募集 年収はなんと540万~670万円 このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 【朗報】千葉県が「カミツキガメ捕獲」専門家を募集 年収はなんと540万~670万円

引用元: 【社会】千葉県が「カミツキガメ捕獲」専門家を募集 年収は540万~ら670万円 


1: ニライカナイφ ★ 2016/11/22(火) 21:25:33.68 ID:CAP_USER9
◆森田健作知事率いる千葉県で「カミツキガメ捕獲」専門家を募集 年収540万円から

求む“傭兵”!!となれば、テロ組織「IS」や内乱の続くアフリカを想像するが、募集元は、なぜか、国内の地方自治体。 目下、森田健作知事率いる千葉県が、凄腕のハンターを探しているというのだ。

もちろん、テロリスト対策というわけではなく、

「県内に生息しているカミツキガメを駆除するために、専門的な知識を持つ職員を公募することにしたのです」

というのは、千葉県環境生活部環境政策課の担当者。

カミツキガメと言えば、大型では体長約50センチにもなり、顎の力が強く、噛まれると大怪我をしかねない危険な外来生物。 北西部に位置する印旛沼水系には、昨年の推計で約1万6000頭も生息し、全国のなかでも、千葉県は生息数が多いとされている。

▼関連画像
Common_Snapping_Turtle_1429
(出典:wikipedia-カミツキガメ

「エサを入れた籠を水中に沈める方法の罠で、2007年から、これまで6000頭ほど捕獲してきました。 今年はカメに発信器を付けて行動パターンを探ったところ、田んぼの水路といった、今まで捕獲していた場所以外にも、侵出していることが判明したのです。 このままでは、とても間に合わないので専門家にお願いすることにしました」(同)

ちなみに、昨年度は967頭、今年は1402頭と捕獲数を増やしているが、もはや、お手上げというわけである。

応募資格は、大学等で生物学を専攻し、かつ、民間や公的団体で生態調査の経験がある人物だそう。 採用後は、主査級ないしは副主幹級として、年収540万~670万円が約束され、カミツキガメの新たな捕獲方法の開発と技術指導を任されることになる。

だが、気になるのは、3年間という期限付きだという点だ。 将来、ポイされると判っておきながら、今の職を捨ててまで来るカメ好きはいるのか。

「すでに、数件の問い合わせが来ていますので、まずまずだと思います」(同)

締切りは11月一杯。 年齢制限がないゆえに、定年したけど腕はまだまだ、と言う方は名乗りを上げてみる?

※「週刊新潮」2016年12月1日号掲載

(▼記事を一部引用しました。全文はリンク先の記事ソースでご覧ください)

デイリー新潮 2016年11月22日 16時59分
http://news.livedoor.com/article/detail/12318240/

▼関連記事
千葉県「カミツキガメ駆除のため大学で生物学を専攻して爬虫類に専門的知識があり民間企業で生態調査の実務経験がある人募集!」 ←日本に何人いるんだ…?
http://aqua2ch.net/archives/48863311.html





【朗報】ウイルスで赤潮の拡大止める新技術を開発 新しい赤潮対策として来年にも実際の海で応用へ/瀬戸内海区水産研究所 このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 【朗報】ウイルスで赤潮の拡大止める新技術を開発 新しい赤潮対策として来年にも実際の海で応用へ/瀬戸内海区水産研究所

引用元: 【水産学】ウイルスで赤潮の拡大止める新技術を開発 新しい赤潮対策として来年にも実際の海で応用へ/瀬戸内海区水産研究所


1: 白夜φ ★ 2016/11/21(月) 23:19:08.41 ID:CAP_USER
ウイルスで赤潮の拡大止める新技術を開発

赤潮の原因となるプランクトンだけに感染するウイルスを使って赤潮の拡大を止める技術の開発に、水産研究・教育機構瀬戸内海区水産研究所のグループが成功し、新しい赤潮対策として来年にも実際の海で応用することにしています。

赤潮は、特定のプランクトンが異常に増殖することで起き、いったん広い範囲で発生すると対処法はなく、養殖している魚が死ぬなどして去年の漁業被害は全国で6億円を超えます。

これに対して、広島県廿日市市にある水産研究・教育機構瀬戸内海区水産研究所の中山奈津子主任研究員のグループは、海底の泥の中に、赤潮のプランクトンだけに感染するウイルスが多く含まれていることを発見しました。
(引用ここまで 以下引用元参照)

1

2

3

▽引用元:NHK NEWS WEB 11月21日 12時01分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161121/k10010776981000.html





【悲報】上海ガニの対日輸出を停止 中国江蘇省の水産会社「ブランドを守るため」 毎年50~60トン輸出 このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 【悲報】上海ガニの対日輸出を停止 中国江蘇省の水産会社「ブランドを守るため」 毎年50~60トン輸出

引用元: 【経済】上海ガニの対日輸出を停止 中国江蘇省の水産会社「ブランドを守るため」 毎年50~60トン輸出 [H28/11/17]


1: ◆qQDmM1OH5Q46 2016/11/17(木)22:54:21 ID:???
上海ガニの対日輸出を停止 中国江蘇省の水産会社「ブランドを守るため」 毎年50~60トン輸出

 【上海=河崎真澄】中国江蘇省の大手水産会社「蘇州秋覇王陽澄湖大閘蟹」が日本向けの「上海ガニ」輸出を停止したことが、17日分かった。同社は日本向けに毎年50~60トンの上海ガニを輸出してきたが、
「今年はシンガポールや韓国向けに振り向ける」という。

 同社は地元紙に、「日本市場では、陽澄湖などで正式な認可を受けて養殖される『大閘蟹(中国語でダーザーシエ)』ブランド以外にも、中国産の養殖品がみな『上海ガニ』と混同されており、ブランドを守る必要がある」と説明した。

wor1611170058-p1

続き 産経ニュース
http://www.sankei.com/world/news/161117/wor1611170058-n1.html





【魚】「秋サケよ、おまえもか」 記録的不漁で卸値2倍に このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 【魚】「秋サケよ、おまえもか」 記録的不漁で卸値2倍に

引用元: 【魚】「秋サケよ、おまえもか」 記録的不漁で卸値2倍に (朝日新聞) 


1: Sunset Shimmer ★ 2016/11/06(日) 10:16:05.45 ID:CAP_USER9
2016年11月6日09時00分

 秋の味覚を代表する秋サケ漁が振るわない。主産地の北海道や東北の水揚げが昨年より3割以上少ない記録的な不漁で、お歳暮商戦や台所にもじわりと影響が出ている。

 2日午前6時半、北海道釧路市東部漁協に、この日水揚げされた秋サケが到着した。漁船6隻で取れたのは250匹。同漁協の水揚げは昨年の6割減で、佐々木透専務理事は「漁協に入って35年。これだけ取れないことはない」と嘆いた。

 道内の秋サケ漁は8~9月に解禁され、11~12月まで続く。道によると、今季の漁獲量(1月の小型定置網漁分を含む)は10月20日までに2014万匹。昨季の同時期より3割減った。太平洋側が深刻で、襟裳岬以東の岬周辺の漁獲量は93%減の1万5千匹だった。

 漁のピークを過ぎたため、道内の漁獲量は平成に入って最少だった1992年(同)の2601万匹を下回る可能性がある。

(続きや関連情報はリンク先でご覧ください)
引用元:朝日新聞デジタル http://www.asahi.com/articles/ASJC25HRMJC2IIPE01W.html

▼関連画像
b4333caa-c307-44dc-8f3b-7ee015eb4de3
(画像出典:nanapi





イルカ捕りすぎで個体数が大幅減か 日本調査チーム「海水温が高温のせいだから!」 このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - イルカ捕りすぎで個体数が大幅減か 日本調査チーム「海水温が高温のせいだから!」

引用元: イルカ捕りすぎで個体数が大幅減か 日本調査チーム「海水温が高温のせいだから!」


1: フェイスクラッシャー(catv?) [ニダ] 2016/11/13(日) 08:51:23.63 ID:w8L1EmJJ0 BE:323057825-PLT(12000) ポイント特典
釧路沖で鯨類の調査を行う、さかまた組(室蘭、笹森琴絵代表)などの今季の調査(10月18日~11月8日)が終了した。 海の食物連鎖の頂点に立つシャチの発見数が前年比86%減の19頭にとどまり、 笹森代表(53)は「海水温の高さやえさの少なさが影響しているのでは。今後もデータを積み重ねていきたい」と話している。

 笹森代表は2003年から釧路沖での調査を開始。これまで12種類の鯨類を確認している。

 今季は期間中、笹森代表が同乗し、調査を12回実施。 釧路市民向けツアーやJTB北海道の企画で一般市民を乗せたほか、釧路教育大の学生や釧路市立博物館の学芸員も調査に同行した。

 調査では釧路港から半径32キロ以内の海域で7種類が確認され、
延べ発見数はシャチ19頭(前年135頭)、イシイルカ67頭(同136頭)と減ったほか、 カマイルカ15頭(前年確認されず)、ネズミイルカ3頭(前年14頭)、マッコウクジラ2頭(同5頭)、ザトウクジラ6頭(同5頭)、ミンククジラ1頭(前年確認されず)だった。

 笹森代表は調査初日の表面水温が例年より2~3度高い16度だったことを指摘し、
「えさの関係でイルカなどが少なく、海洋生物の食物連鎖の頂点にいてクジラやイルカもえさにするシャチも減ったのでは」とみる。

 釧路沖のシャチについては16年度に出版された開隆堂出版(東京)の中学1年生向け英語教科書に取り上げられるなど、全国からの注目も高まっており、 笹森代表は「今後も釧路の豊かな海の魅力を広く知らせていきたい」と話している。

800px-Dolphins_gesture_language
(出典:wikipedia-Dolphin

釧路沖のシャチ発見数、大幅減 今季の調査終了
http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/area/doto/1-0337496.html





【いか】スルメイカが極端な不漁!価格高騰 このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 【いか】スルメイカが極端な不漁!価格高騰

引用元: 【いか】スルメイカが極端な不漁!価格高騰


1: 雪崩式ブレーンバスター(東京都) [JP] 2016/11/01(火) 15:34:45.26 ID:ZzTO/Roo0 BE:292723191-PLT(19081) ポイント特典
10/31 07:00
道南や道東沖のスルメイカ(マイカ)漁が、極端な不漁に見舞われている。
漁期は来年1月末までだが、道南の主要市場である函館市水産物地方卸売市場の取扱量は過去10年で最低となった。価格も高騰し、塩辛製造など加工業者は原料不足に悲鳴を上げている。

同卸売市場の取扱量は、6月1日の漁解禁から10月20日までで1043トン。過去10年で最低だった一昨年の同時期の1536トンを下回った。
最多だった2008年の同時期の5102トンと比べると5分の1だ。

函館市漁協の佐藤豊次・函館小型イカ釣漁業部会長は「こんなに少ないのは初めて」と嘆く。1隻当たり漁獲量は1日100キロに満たないことが多く、豊漁だった年の約10分の1だ。
http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/economy/agriculture/1-0332877.html

2016/7/9 7:00
道南の代表的な水産物、スルメイカを巡り、流通・加工業者の間で値上げや生産見直しの動きが広がっている。解禁月の6月の函館の取扱量は179トンと過去10年の平均を3割下回り、品薄感から仕入れ価格が高騰。記録的な不漁が2年間続いたため、冷凍イカの在庫も低水準となっている。一方で需要は底堅く高値が続く見通しで、関連業界の収益を圧迫する。
http://www.nikkei.com/article/DGXLZO04636420Y6A700C1L41000/


no title