【韓国】「国産サーモンが食卓に」~アジアで初めて養殖に成功(動画) このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 【韓国】「国産サーモンが食卓に」~アジアで初めて養殖に成功(動画)

引用元: 【韓国】「国産サーモンが食卓に」~アジアで初めて養殖に成功(動画)[11/08]


1: HONEY MILKφ ★ 2016/11/08(火) 10:16:20.16 ID:CAP_USER
※ 動画があります
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
<アンカー>
サーモン(ヨンオ)はヒラメ(クァンオ)の次に最も多く食べる人気の魚種ですが、今までは事実上輸入にだけ依存して来ました。我が国がアジアで初めてサーモンの養殖に成功して、今後は国産サーモンが食卓に上がるようになりました。

1


キム・ジミン記者です。

<レポート>
江原道(カンウォンド)高城(コソン)沖の囲い網養殖場。サーモンが群れで泳いでます。アジアで初めて養殖に成功した国産サーモンです。

20ケ月で5kg近く成長して、輸入品と比べても劣りません。

サーモンは夏場の水温が大きく上がる我が海では養殖しにくい魚種ですが、水深25メートルまで下がる囲い網施設で水温を15~18℃に維持しながら養殖に成功しました。

昨年の国内のサーモン消費量は3万4千トンで、5年間で3倍近く急増しました。

これまでは大部分ノルウェーなどの輸入品に依存していましたが、国内でも大量生産する道が開かれたのです。

<ユン・ハクベ(海洋水産部次官)>
「年間1000億(ウォン)規模のサーモンフェ(膾・刺身)や寿司など、輸入品の冷蔵サーモン市場を国産に切り替えられます」

養殖技術を持った国内の水産会社は今日から500トンをひとまず出荷して、一般のスーパーなどで販売します。

TV朝鮮のキム・ジミンでした。

ソース:NAVER/TV朝鮮(韓国語)
http://news.naver.com/main/read.nhn?
mode=LSD&mid=shm&sid1=102&oid=448&aid=0000186923



【讃岐さーもん】
http://www.kensanpin.org/products/products/list.php?category_id=205





【いか】スルメイカが極端な不漁!価格高騰 このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 【いか】スルメイカが極端な不漁!価格高騰

引用元: 【いか】スルメイカが極端な不漁!価格高騰


1: 雪崩式ブレーンバスター(東京都) [JP] 2016/11/01(火) 15:34:45.26 ID:ZzTO/Roo0 BE:292723191-PLT(19081) ポイント特典
10/31 07:00
道南や道東沖のスルメイカ(マイカ)漁が、極端な不漁に見舞われている。
漁期は来年1月末までだが、道南の主要市場である函館市水産物地方卸売市場の取扱量は過去10年で最低となった。価格も高騰し、塩辛製造など加工業者は原料不足に悲鳴を上げている。

同卸売市場の取扱量は、6月1日の漁解禁から10月20日までで1043トン。過去10年で最低だった一昨年の同時期の1536トンを下回った。
最多だった2008年の同時期の5102トンと比べると5分の1だ。

函館市漁協の佐藤豊次・函館小型イカ釣漁業部会長は「こんなに少ないのは初めて」と嘆く。1隻当たり漁獲量は1日100キロに満たないことが多く、豊漁だった年の約10分の1だ。
http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/economy/agriculture/1-0332877.html

2016/7/9 7:00
道南の代表的な水産物、スルメイカを巡り、流通・加工業者の間で値上げや生産見直しの動きが広がっている。解禁月の6月の函館の取扱量は179トンと過去10年の平均を3割下回り、品薄感から仕入れ価格が高騰。記録的な不漁が2年間続いたため、冷凍イカの在庫も低水準となっている。一方で需要は底堅く高値が続く見通しで、関連業界の収益を圧迫する。
http://www.nikkei.com/article/DGXLZO04636420Y6A700C1L41000/


no title





【漁業】庶民の味シャコの水揚げが激減 20年前の5%以下に このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 【漁業】庶民の味シャコの水揚げが激減 20年前の5%以下に

引用元: 【漁業】庶民の味シャコの水揚げが激減 20年前の5%以下に


1: 海江田三郎 ★ 2016/10/31(月) 16:04:13.16 ID:CAP_USER
http://www.yomiuri.co.jp/national/20161031-OYT1T50027.html

 庶民の味として親しまれてきたシャコの水揚げが激減している。
 兵庫県西部の播磨灘や大阪湾では20年前の5%以下にまで減った。
詳しい原因は不明だが、専門家は「海底の酸素量が減ったことなどが影響しているのではないか」と推測する。

 姫路市で10月14、15日に行われた「灘のけんか祭り」。締め込み姿の男たちがみこしをぶつけ合う勇壮な神事で知られるが、
氏子らが囲む宴席で山と盛られていた「シャコの塩ゆで」が、5~6年前から姿を消した。
「景気づけには絶品だったのに」と松原地区の祭典委員長、高井太三さん(68)は嘆いた。

 すしネタで出す店も減っている。3年ほど前に仕入れをやめた大阪市阿倍野区の「松寿司」店主・谷川洋平さん(39)は
「生の大きなものが回ってこなくなった。手に入っても、かなり小ぶり。『食べたい』と言うお客さんもいるのですが……」と残念そうに話す。

 姫路市によると、同市沖の播磨灘では1997年に年903トンを記録したが、昨年は40トン。サイズも半分の10センチほどに小さくなった。近畿農政局などによると、大阪府沿岸でも97年の638トンが2006年には25トンに減り、翌07年からは個別に統計を取るのをやめたという。

 国立環境研究所の児玉圭太・主任研究員は激減の原因として「シャコが餌にするプランクトンが水質改善で減ったことや、海水温の上昇、幼生が育つ夏場に海底の酸素が減ったことなどが考えられる」とする。

 水揚げが減ったのは、瀬戸内海以外でも同様だ。
 愛知県・知多半島の豊浜漁協では、今年上半期は約80トンで全盛期の3分の1ほどになった。

20161031-OYT1I50017-L

(以下略)





【社会】マグロ、不漁…大間超マグロ祭りでの解体ショー中止 - 青森 このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 【社会】マグロ、不漁…大間超マグロ祭りでの解体ショー中止 - 青森

引用元: 【社会】マグロ、不漁…大間超マグロ祭りでの解体ショー中止 - 青森


1: ◆HeartexiTw 胸のときめきφ ★  (★ 990b-wIId [36.224.132.31]) 2016/10/30(日) 06:21:23.20 ID:CAP_USER9 BE:348439423-PLT(13557)
青森県大間町で29日始まった「大間超マグロ祭り」で、
最終日の30日はマグロが確保できず、
目玉の「解体ショー」の中止が決まった。

*+*+ asahi.com +*+*
http://www.asahi.com/articles/ASJBY5TFRJBYUBNB00B.html 
VIPQ2_EXTDAT: default:vvvvvv:1000:512:----: EXT was configured

▼関連イメージ
Tsukiji_fish_market_thuna_knife
(出典:wikipedia-マグロ





【漁業】北海道のサンマ漁、今年も不振 水揚げ量は過去40年で最低水準 このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 【漁業】北海道のサンマ漁、今年も不振 水揚げ量は過去40年で最低水準

引用元: 【漁業】北海道のサンマ漁、今年も不振 水揚げ量は過去40年で最低水準 


1: 海江田三郎 ★ 2016/10/24(月) 19:15:55.83 ID:CAP_USER
http://this.kiji.is/163222522627686404?c=110564226228225532

 全国水揚げの約半分を占める北海道東部のサンマ漁が、昨年に続き不振となっている。 8月は日本近海へのサンマの来遊が少なく、相次いだ台風も出漁に影響した。9月中旬から漁獲が増えたものの、水揚げ量は過去40年で最低水準だった昨年並みで推移している

サンマは近年、資源量が減少。また、冷水域を好むサンマが、海水温が高くなっている日本近海を避け、より沖合に移動している。サンマ水揚げ量6年連続日本一を誇る根室市の花咲港では、漁船の男性船長(38)が「漁場が遠い。ロシアの臨検も気に掛かり、出漁の意欲を失う」と話した。

origin_1





日本の漁師「アシカが俺たちの魚をたべてしまう」 米国の漁師「アシカのたべる魚を残しておこう」 結果→米国の方が魚が豊富で、漁業が儲かる このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 日本の漁師「アシカが俺たちの魚をたべてしまう」 米国の漁師「アシカのたべる魚を残しておこう」 結果→米国の方が魚が豊富で、漁業が儲かる


Sealion052006
(出典:wikipedia-アシカ

▼— 勝川 俊雄 (@katukawa) さんのTweetより
日本だと「アシカが俺たちの魚をたべてしまう」と漁師が怒っているのだけど、米国は「アシカのたべる魚を残しておこう」と漁獲枠をその分だけ減らしています。高次捕食者が生態系の安定に重要と考えているようです。

海獣を手厚く保護している米国の方が、魚が豊富で、漁業が儲かっています。

— 勝川 俊雄 (@katukawa)




アラスカは、先住民漁業と海獣類の保護がすごくて、漁師が気の毒に覆えることもあります。でも、政府が漁獲規制をしっかりやるから、魚が多くて、漁業は利益を上げています。
— 勝川 俊雄 (@katukawa)



アラスカの底魚漁業の歴史で「1950,60年代の外国船の乱獲で減少した資源を回復した」とあるけど、その外国船というのがニッスイやマルハの船団です。米国は200海里や野鳥の保全など、様々な絡め手で日本漁船を追いだしたのです。https://t.co/zvx2rdNMYn
— 勝川 俊雄 (@katukawa)




「海は漁師のもので、人間の取り分が最優先」と思っている国よりも、「生態系のバランスを維持した上で、余った分を人間が利用しよう」という国の方が漁業が栄えている。当たり前と言えば当たり前だけど。
— 勝川 俊雄 (@katukawa)







【衝撃】インドネシアのスシ海洋水産相凄すぎる 拿捕した違法漁船58隻を豪快に爆破 このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 【衝撃】インドネシアのスシ海洋水産相凄すぎる 拿捕した違法漁船58隻を豪快に爆破


▼霧。 (@kirifurikogen)さんのTweetより
インドネシアのスシ海洋水産相最高だな
— 霧。 (@kirifurikogen)

CqK7TbtUkAAyXEG

CqK7T45UMAA6wN_

CqK7UUrVMAA9ulT