【水産資源】全世界の魚の数は予想をはるかに超える勢いで減っている このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 【水産資源】全世界の魚の数は予想をはるかに超える勢いで減っている

引用元: 【水産資源】全世界の魚の数は予想をはるかに超える勢いで減っている


1: ニライカナイφ ★ 2016/12/19(月) 22:22:04.14 ID:CAP_USER9
◆全世界の魚の数は予想よりも早く減っている

世界の水産資源は、かつての予想をはるかに超える勢いで数を減らしています。一因として漁獲量の過小報告があるとみられています。

世界の水産物漁獲量は1950年から2010年の60年で数倍に増加しています。
国連食糧農業機関(FAO)の2012年の資料によると、1950年の漁獲量は2000万トンでしたが、1970年代には6000万トンに増加。2010年には1億4000万トンを越えています。

しかし、1980年代以降の増加分は養殖によるもので、天然資源の漁獲量は減少に転じています。下記グラフで色の薄い部分が天然モノ、濃い部分が養殖モノの漁獲量を示します。


no title


天然水産資源の漁獲量のピークは1996年で8600万トンです。ただし、この数字は「過小報告」によるもので、実は1億3000万トンだったのではないかと指摘するのが、ブリティッシュ・コロンビア大学の研究者で「Global Atlas of Marine Fisheries」の著者ダニエル・ポーリー氏です。

「世界で最も有名かつ最も論議を呼ぶ海洋生物学者」と呼ばれることもあるというポーリー氏は、273の国々の科学者とともに10年以上かけて4000以上の出版物を調べ、地方の専門家や漁業関係者への聞き取りを行いました。
その結果、「漁獲量」にカウントしていない数字が多くあることを突き止めました。その一例が「生活の糧としての釣り」です。

たとえば、カナダは北極圏での漁獲量を0として計上していますが、実際にはイヌイットが生活のために釣りを行っています。その漁獲量はもちろん知れた量ではありますが、このほかにも「廃棄」や「密漁」もあって、すべてを合わせた漁獲量は少ない数にはとどまらなくなります。

こうした漁獲量の「差」は近年は改善傾向にあるそうですが、一方で、熱帯地方などを中心とした海水温の上昇による海洋環境の変化での水産資源減少も進んでいます。

ポーリー氏は「我々がやるべきことは、あまり魚を捕らないようにして数を増やすことです。数が増えれば、環境変化に対応する多様性を得ることができます」と語っています。ちなみに、日本では漁獲可能量(TAC)を設定して生物資源を管理保存しています。

しかし一例として、日本が世界最大の漁獲国かつ消費国であるマグロについては、太平洋クロマグロが絶滅危惧種に指定されるほど減少しているにも関わらず、産卵期のクロマグロを巻き網船団が獲っているという現状があり、水産庁による資源管理が本当に適切に行われているかどうかは難しいところです。

(▼記事を一部引用しました。全文は以下のURLでご覧ください)

GIGAZINE 2016年12月19日 09時12分00秒
http://gigazine.net/news/20161219-fish-run-out/






【漁業被害】襟裳岬のアザラシ捕獲、目標の半分 漁業者に不満も…北海道 このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 【漁業被害】襟裳岬のアザラシ捕獲、目標の半分 漁業者に不満も…北海道

引用元: 【漁業被害】襟裳岬のアザラシ捕獲、目標の半分 漁業者に不満も…北海道[H28/12/16]


1: トト◆53THiZ2UOpr5 2016/12/17(土)09:21:51 ID:cdm
襟裳岬のアザラシ捕獲、目標の半分 漁業者に不満も
12/16 07:00、12/16 18:49 更新

 【えりも】襟裳岬周辺に生息するゼニガタアザラシによる漁業被害が深刻化
している問題で、環境省は札幌で第2回科学委員会を開き、本年度の捕獲頭数
は48頭で、目標の100頭の半分にとどまったと報告した。これを受け地元
では「サケ不漁に加え、食害は大打撃」と対策強化を求めている。同省は来年
2月までに改善を加えた実施計画案をつくる。

(略)

 実際にサケの食害にあった同町の襟裳興産の駿河秀雄社長は「不漁だった上に、被害があったのは本当につらかった。不満を持つ漁師も多く、地元での協議会はたくさん意見が出るはずだ」と話す。(斉藤徹)

7e97def64b158320f1d74c6e50aa38ee

※全文は北海道新聞でご覧下さい。
http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/area/doo/1-0348830.html






【食】英近海でタラなどの寒海魚が急減、フィッシュ・アンド・チップスに影響も このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 【食】英近海でタラなどの寒海魚が急減、フィッシュ・アンド・チップスに影響も

引用元: 【食】英近海でタラなどの寒海魚が急減、フィッシュ・アンド・チップスに影響も[12/13]


1: Ttongsulian ★ 2016/12/13(火) 20:25:06.22 ID:CAP_USER
英国周辺の北海海域の水温上昇で、名物料理のフィッシュ・アンド・チップスに使われるタラやハドックなどの寒海魚が姿を消しつつある一方、イカ、イワシ、アンチョビなど暖海魚が増加しているとの調査が発表された。

英国生態学会で調査結果を発表したジョン・ピネガー博士は「獲れる魚と食べている魚が違ってきた。長期的に、われわれは食生活を変えていく必要がある。2025年以降は、タラなどの昔から食べてきた魚を、イカ、サバ、イワシ、ヒメジなど暖海魚に変えていく必要があるかもしれない」と述べた。

調査は、過去35年間にイカの数が大幅に増加していると指摘。1984年に北海の調査地点全体の21%でイカが見つかったのに対し、2014年までにその割合が60%まで上昇していると述べた。

2016/12/13 16:11
http://jp.reuters.com/article/fishchipsgb-idJPKBN1420HH

How Climate Change Is Threatening British Fish and Chips
http://time.com/4597601/squid-discovery-end-british-fish-chips/

no title


【国際】英中首脳が英国パブ訪問、フィッシュ・アンド・チップスで乾杯
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1445573120/
【国際】英人気シェフの自分流パエリアにスペイン人が激怒「チョリソーをどけろ」「フィッシュアンドチップスを鴨肉とナスで作ってやる」★4
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1476043955/






【自然】「わや!」函館の沖にマンタやマンボウなど巨大熱帯魚が次々と。異変だらけの北の海 このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 【自然】「わや!」函館の沖にマンタやマンボウなど巨大熱帯魚が次々と。異変だらけの北の海

引用元: 【自然】「わや!」函館の沖にマンタやマンボウなど巨大熱帯魚が次々と。異変だらけの北の海 


1: 記憶たどり。 ★ 2016/11/25(金) 07:51:18.76 ID:CAP_USER9
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161123-00000007-hokkaibunv-hok

北海道の海に異変が起きています。イカやサケが例年にない不漁の一方、
函館沖では熱帯の魚が揚がっています。北の海はどうなってしまうのでしょうか。

1


10月、函館沖で操業する定置網漁船で信じられない光景が広がりました。

漁師:「わや!」

船上ではねる何匹もの見慣れぬ魚。ぼうぜんと見つめる漁師たち。
エイの一種マンタの仲間です。

マンタは本来熱帯の海に生息し、ダイバーに人気の魚です。水揚げしても
売れないため、クレーンで海に戻されました。

手間のかかる厄介者の出現は、何を物語っているのでしょうか?

マンタに遭遇した漁師:「昔は揚がっていなかった。暖流の見たこともない魚が
(網に)入ってきている。水温が変わってきているのは確か」

さらに、こんな魚も…。

大きなヒレを動かす奇妙な魚。こちらも函館沖の定置網に入りました。

体長3.5メートル、重さ1トン以上。ウシマンボウです。こちらも暖かい海にすむ魚で、
専門家も驚きを隠せません。

函館頭足類科学研究所 桜井泰憲所長:「これが実物大で非常に大きい。初めて見た」

このマンボウは、あまりに大きく解体できなかったため、そのまま海に返したということです。

函館沖では、名産のスルメイカが過去10年で最も不漁となる一方、西日本で
養殖が盛んなブリ漁が好調など、海に異変が起きています。

函館頭足類科学研究所 桜井泰憲所長:「日本海(の水温)は100年で2.5℃くらい
上がっている。(今後は)南の魚が、より北に上がってくる」

北海道で増える熱帯の魚たち。ただの厄介者となってしまうのか?それとも何か
活用法はあるのでしょうか?

▼動画





【大勝利速報】クロマグロ漁獲枠据え置き来たあああああ このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 【大勝利速報】クロマグロ漁獲枠据え置き来たあああああ

引用元: 【大勝利速報】クロマグロ漁獲枠据え置き来たあああああ 


1: ダブルニードロップ(庭) [US] 2016/11/22(火) 15:45:15.93 ID:nBkGbB7W0
ソース:http://this.kiji.is/173636389191550454?c=110564226228225532
クロマグロ漁獲枠据え置き

西大西洋、国際委が決定

2016/11/22 12:28

 水産庁は22日、大西洋まぐろ類保存国際委員会(ICCAT)がポルトガルでの会合で 西大西洋でのクロマグロの年間漁獲枠を2017年は現在と同じ2千トンとすることを決めたと発表した。日本の割当量は現行の約346トンが維持される

 東大西洋・地中海のクロマグロの17年漁獲枠は、14年に決めた通り2万3155トンとすることを確認した。日本の割当量は約1931トン。

 大西洋で漁獲されたクロマグロは日本に多く輸入されている。ICCATは東大西洋・地中海と西大西洋に分けて資源管理を実施している。

関連画像
1024px-Thunnus_orientalis_(Osaka_Kaiyukan_Aquarium)
(出典:wikipedia-クロマグロ





【悲報】釧路港でマイワシが大漁!去年の2倍!!! → 加工体制が不十分なため、80%以上が価格の安い飼料や肥料向けになりました このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 【悲報】釧路港でマイワシが大漁!去年の2倍!!! → 加工体制が不十分なため、80%以上が価格の安い飼料や肥料向けになりました

引用元: マイワシ豊漁も釧路港では鮮度を維持するための氷の確保など加工体制が十分でないため、80%以上が価格の安い飼料や肥料向けになりました


1: 水星虫 ★  2016/11/20(日) 11:44:07.39 ID:CAP_USER9
マイワシ漁 水揚げ8万トン超
(ほっかい道)

*ソース元にニュース画像あり*

http://www3.nhk.or.jp/lnews/sapporo/7004523131.html?t=1479609367000
※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を

先月下旬まで、道東沖で行われたマイワシ漁の水揚げ量は、去年の2倍近い
およそ8万2300トンと、漁が再開した平成23年以降、初めて8万トンを超えました。

道東沖のマイワシ漁は、去年に続いて全国からすべての巻き網船団が集まり、
8月下旬から先月下旬にかけて行われ、釧路港や十勝港、それに青森県の八戸港などで水揚げしました。

北海道まき網漁業協会によりますと、道東沖全体の水揚げ量は、資源が回復傾向にあるため、 去年の2倍近いおよそ8万2300トンにのぼったということです。 道東沖で、マイワシの水揚げ量が8万トンを超えたのは、漁が再開した平成23年以降、初めてです。

このうち、釧路港には全体の57%が水揚げされましたが、鮮度を維持するための 氷の確保など加工体制が十分でないため、80%以上が飼料や肥料になる価格の安い加工向けになりました。

道東沖では秋サケやサンマの水揚げが低迷する中、マイワシは、水揚げの増加に期待できるため、今後、価格の高い食用向けの加工体制の整備が課題になっています。

11月19日 19時07分

▼関連イメージ:マイワシ
Sardinops_melanostictus
(出典:wikipedia-マイワシ) 





【悲報】上海ガニの対日輸出を停止 中国江蘇省の水産会社「ブランドを守るため」 毎年50~60トン輸出 このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 【悲報】上海ガニの対日輸出を停止 中国江蘇省の水産会社「ブランドを守るため」 毎年50~60トン輸出

引用元: 【経済】上海ガニの対日輸出を停止 中国江蘇省の水産会社「ブランドを守るため」 毎年50~60トン輸出 [H28/11/17]


1: ◆qQDmM1OH5Q46 2016/11/17(木)22:54:21 ID:???
上海ガニの対日輸出を停止 中国江蘇省の水産会社「ブランドを守るため」 毎年50~60トン輸出

 【上海=河崎真澄】中国江蘇省の大手水産会社「蘇州秋覇王陽澄湖大閘蟹」が日本向けの「上海ガニ」輸出を停止したことが、17日分かった。同社は日本向けに毎年50~60トンの上海ガニを輸出してきたが、
「今年はシンガポールや韓国向けに振り向ける」という。

 同社は地元紙に、「日本市場では、陽澄湖などで正式な認可を受けて養殖される『大閘蟹(中国語でダーザーシエ)』ブランド以外にも、中国産の養殖品がみな『上海ガニ』と混同されており、ブランドを守る必要がある」と説明した。

wor1611170058-p1

続き 産経ニュース
http://www.sankei.com/world/news/161117/wor1611170058-n1.html