【画像あり】アメリカ海洋大気庁の研究者、メキシコ湾の深海で『正体不明の“イカ”』を発見する このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 【画像あり】アメリカ海洋大気庁の研究者、メキシコ湾の深海で『正体不明の“イカ”』を発見する

この生物はいったい・・・

Da_kPsRWAAAbULq
Image:oceanexplorer


4月11日からメキシコ湾の深海を調査中であるアメリカ海洋大気庁NOAA’s Okeanos Explorerの研究者らは先日深海調査中に「正体不明の“イカ”」を発見したという。

この生物はコウモリダコの一種の可能性が高いとされているが、今の所専門家でも種の同定は難しいようだ。






ポルトガルで深海を泳ぐ生きた『ヒレナガチョウチンアンコウ科の魚』の映像が撮影される 科学者も驚き このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - ポルトガルで深海を泳ぐ生きた『ヒレナガチョウチンアンコウ科の魚』の映像が撮影される 科学者も驚き

体には寄生したオスの姿も!!!

1
Image:youtube/Science Magazine


 海外メディアによると、科学者らはポルトガルのアゾレス諸島近海の深海で生きたヒレナガチョウチンアンコウ科の一種Caulophryne jordaniの撮影に成功したという。

さらに撮影されたメスの個体には体に寄生してくっついた小さなオスの個体も確認された。このような個体の生きた状態での撮影は初めてであるという。






真っ赤なUFOの様なクラゲ「Atolla wyvillei」がカリフォルニア沖の深海で撮影される(動画あり) このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 真っ赤なUFOの様なクラゲ「Atolla wyvillei」がカリフォルニア沖の深海で撮影される(動画あり)

独特な発光パターンを持つ

ufojelly
image:earthtouchnews


北米大陸西海岸のカリフォルニア沖深海を調査中のアメリカ海洋大気庁(NOAA)の研究者らは、まるで、真っ赤のUFOの様な独特の容姿を持つクラゲ「Atolla wyville」と思しき生物の撮影に成功し、その動画がNOAA公式Facebookで公開された。


※深夜帯に過去のおすすめ記事を再掲する試みをしています。
本記事元掲載日
2016/08/31






約2メートルの深海鮫!「カグラザメ」の解体イベントを撮影してきた! このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 約2メートルの深海鮫!「カグラザメ」の解体イベントを撮影してきた!

巨大!古代!深海!ザメ「カグラザメ」と記念撮影&解体ショー

1160afd7

2014年7月 27日(日)、神奈川県横浜市にあるヨコハマおもしろ水族館にて行われた「巨大!古代!深海!ザメ「カグラザメ」と記念撮影&解体ショー」に行き、その迫力ある様子を撮影してきましたのでご紹介します。


ヨコハマおもしろ水族館、開館10周年を記念して行われた今回の企画。解体されるのは「焼津のおさかな親善大使」で「焼津の深海おじさん」こと長谷川久志名誉館長が捕獲した体長2~3メートルの深海鮫「カグラザメ」。長谷川さんの話によると、カグラザメがこのように水族館で解体されるのはおそらく日本で初めてのことだろうとのこと。

▽ヨコハマおもしろ水族館内の様子はこちらから
http://aqua2ch.net/archives/37322858.html






巨大深海鮫「カグラザメ」と「白いオオグソクムシ」が登場!7月26,27日に横浜おもしろ水族館でイベント開催 このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 巨大深海鮫「カグラザメ」と「白いオオグソクムシ」が登場!7月26,27日に横浜おもしろ水族館でイベント開催

オオグソクムシの試食会も

main

これまでにも、オオグソクムシの試食会など多くのイベントを行ってきている、神奈川県横浜にあるヨコハマおもしろ水族館。今度は巨大な「カグラザメ」の解体なども行われるようだ。
 



話題のグソクムシが食べられる!ヨコハマおもしろ水族館「深海祭り」行けなかった人は次回を見逃すな!! このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 話題のグソクムシが食べられる!ヨコハマおもしろ水族館「深海祭り」行けなかった人は次回を見逃すな!!

深海ザメの解体ショーや深海生物の試食会

4faa2a1d