マリアナ海溝の水深4826mで深海エビ「stylodactylid shrimp」の撮影に世界で初めて成功する -アメリカ海洋大気庁 このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - マリアナ海溝の水深4826mで深海エビ「stylodactylid shrimp」の撮影に世界で初めて成功する -アメリカ海洋大気庁

胸脚に生えた細かな毛をアンテナのようにめいいっぱい広げる様子

C3ESKooUYAA9YZV
stylodactylid shrimp ( Bathystylodactylus cf. bathyalis ) Dr. Mary Wicksten phys


海外メディアによると、アメリカ海洋大気庁(NOAA)は2016年に行ったマリアナ海溝の調査で撮影したとする深海エビ「stylodactylid shrimp」を捉えた映像を公開した。

この種のエビの生きた状態の映像が撮影されたのは世界で初めてであるという。






インド洋の深海で新種の深海生物6種発見 しかし、同海域では今後海底資源を目的とした掘削が行われる予定・・・ このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - インド洋の深海で新種の深海生物6種発見 しかし、同海域では今後海底資源を目的とした掘削が行われる予定・・・

新種が発見された海底では今後海底資源を目的とした掘削作業が予定されている

oio0hzclqygyhuvd23tq


イギリスの海洋生物学者らは、インド洋南西部の深さ約2800メートルの深海にある熱水噴出孔付近で新種の生物6種を発見した。

調査が行われた海底では今後、海底資源採集を目的とした掘削が予定されている






ロシアの漁師、トロール船で捕獲した奇妙な深海魚の数々をTwitterで公開し話題に(画像あり) このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - ロシアの漁師、トロール船で捕獲した奇妙な深海魚の数々をTwitterで公開し話題に(画像あり)

珍しい深海生物写真を次々と投稿するロシア漁師のTwitterアカウントが話題に

CzeBeWDXAAA4CZ-


トロール船とはトロール網を用いて海底に生息する海洋生物を捕獲する漁船のこと。近年では船や網の発達により、水深900m程度の海域で操業することも可能になり、様々な珍しい深海魚が捕獲されるようになった。

そんな中、今回ロシアの漁師Roman Fedortsov氏が自身のトロール船で捕獲した奇妙な深海魚の数々をTwitterに投稿し海外を中心に話題となっている。






米研究機関MBARIがハワイ沖の深海で生きた「Hydrolagus trolli」の撮影に成功する 世界で初めて(動画あり) このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 米研究機関MBARIがハワイ沖の深海で生きた「Hydrolagus trolli」の撮影に成功する 世界で初めて(動画あり)

地質学者がハワイ沖の深海で海底の調査を行っていた所、偶然撮影された

pgL0nQ


これだけ文明や科学技術が発達しても、未だ我々人類にとってほとんどが未踏の領域である『深海』。

今回アメリカ、モントレーベイ水族館研究所(MBARI)の研究者らは今年の夏にハワイ沖の深海で生きた「Hydrolagus trolli」の撮影に成功し、その映像を公開した。





マリアナ海溝の深海調査でサンゴに絡みつく正体不明の藻類が発見される 日光の届かない深海での藻類発見に研究者らも困惑 このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - マリアナ海溝の深海調査でサンゴに絡みつく正体不明の藻類が発見される 日光の届かない深海での藻類発見に研究者らも困惑

アメリカの研究者らがマリアナ海溝の深海で謎の藻類を発見 いったいこれは・・・

extra_large-1479142297-cover-image


地球上で最も深い場所であるマリアナ海溝。アメリカ海洋大気庁(NOAA)の研究者らは2016年夏に行われたマリアナ海溝での深海調査で撮影した正体不明の藻類の映像を公開した。





海に漂う“見えないゴミ” の脅威 深海生物の体内からもマイクロプラスチックが発見される 深海生物からの発見は初 - オックスフォード大学 このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 海に漂う“見えないゴミ” の脅威 深海生物の体内からもマイクロプラスチックが発見される 深海生物からの発見は初 - オックスフォード大学

マイクロプラスチックの脅威、深海にまで

38F3AA1900000578-3815678-image-a-17_1475236263822


先月始め、英国政府は海洋生態系において有害であるとして2017年からプラスチック製マイクロビーズの使用を禁止する政策を発表した。

すでに280種以上の海洋生物が体内に溜め込み被害が出てているとされているこのマイクロプラスチックであるが、最新の研究で初めてその影響が深海生物にまで及んでいることが明らかとなった

この結果について、研究者らは当初予想されていたよりも広範囲であったとのこと。





【動画あり】深海イカの共喰い、米研究者らが撮影に成功する このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 【動画あり】深海イカの共喰い、米研究者らが撮影に成功する

  深海における過酷な生存競争

squid-cannibalism

アメリカ西海岸に位置するモントレー湾の深海で、深海に生息するイカの共喰いの様子が撮影された。深海イカの共喰いについてはこれまでその事実が知られていたが、今回最新の研究において撮影された映像によってそれを証明することが可能となるとのこと。