【速報】沼津港深海水族館に『ラブカ』 このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 【速報】沼津港深海水族館に『ラブカ』


▼— 沼津港深海水族館 (@NumazuDeepsea) さんのTweetより
速報!早朝ラブカかかる(@_@) pic.twitter.com/xxoqOmO2IR
— 沼津港深海水族館 (@NumazuDeepsea)












【速報】吉兆の前触れ?深海の超珍魚『アカナマダ』捕獲 太平洋や大西洋の暖かい海域に生息 このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 【速報】吉兆の前触れ?深海の超珍魚『アカナマダ』捕獲 太平洋や大西洋の暖かい海域に生息

引用元: 【兵庫】吉兆の前触れ?深海の超珍魚アカナマダ捕獲 太平洋や大西洋の暖かい海域に生息


1: 白夜φ ★ 2016/12/23(金) 23:20:22.62 ID:CAP_USER
吉兆の前触れ? 深海の超珍魚捕獲 豊岡の男性

兵庫県豊岡市一日市の自営業***さん(65)がこのほど、豊岡市津居山沖の日本海で深海魚のアカナマダを釣り上げた。
体長は約1・2メートル。
写真を見たNPO法人「但馬自然史研究所」の本庄四郎所長は「日本の海で発見された例はほとんどない。非常に珍しい」と驚いていた。
--- 引用ここまで 以下引用元参照 ---

▽引用元:神戸新聞NEXT 2016/12/23 05:30
http://www.kobe-np.co.jp/news/tajima/201612/0009773461.shtml

no title


*氏名を省略し引用いたしました。






ロシアの漁師、トロール船で捕獲した奇妙な深海魚の数々をTwitterで公開し話題に(画像あり) このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - ロシアの漁師、トロール船で捕獲した奇妙な深海魚の数々をTwitterで公開し話題に(画像あり)

珍しい深海生物写真を次々と投稿するロシア漁師のTwitterアカウントが話題に

CzeBeWDXAAA4CZ-


トロール船とはトロール網を用いて海底に生息する海洋生物を捕獲する漁船のこと。近年では船や網の発達により、水深900m程度の海域で操業することも可能になり、様々な珍しい深海魚が捕獲されるようになった。

そんな中、今回ロシアの漁師Roman Fedortsov氏が自身のトロール船で捕獲した奇妙な深海魚の数々をTwitterに投稿し海外を中心に話題となっている。






【画像あり】なにこれかっこいい!ハダカイワシ科の謎の深海魚が発見される 沼津港深海水族館 このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 【画像あり】なにこれかっこいい!ハダカイワシ科の謎の深海魚が発見される 沼津港深海水族館


▼— 沼津港深海水族館 (@NumazuDeepsea) さんのTweetより
ハダカイワシ科の1種。同定難😓


Cx3za_PUQAEHung






【画像】砂浜に深海魚みたいな魚が打ち上げられてたんだけど、これリュウグウノツカイ? このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 【画像】砂浜に深海魚みたいな魚が打ち上げられてたんだけど、これリュウグウノツカイ?

引用元: 【画像】この魚なに? 


1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/11/16(水) 12:37:46.736 ID:Ox4OdySt0
打ち上げられてたんだけど、
タチウオ?リュウグウノツカイ?

no title





【画像】駿河湾の岸壁で「リュウグウノツカイ」と思しき謎の深海魚の“幼魚”を捕獲される すげえええええええ このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 【画像】駿河湾の岸壁で「リュウグウノツカイ」と思しき謎の深海魚の“幼魚”を捕獲される すげえええええええ


▼— 沼津港深海水族館 (@NumazuDeepsea) さんのTweetより
ビックリ❗岸壁で全長6cmのリュウグウノツカイ?の幼魚をすくったが、すでに死亡。現在種の同定中✨
— 沼津港深海水族館 (@NumazuDeepsea)

Cws6bwcUUAAN5y6






世界初、深海性ウチワフグの「うちわ」部分の構造解明に成功 このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 世界初、深海性ウチワフグの「うちわ」部分の構造解明に成功

引用元: 世界初、深海性ウチワフグの「うちわ」部分の構造解明に成功 


1: 目潰し(庭) [DE] 2016/11/08(火) 07:44:11.24 ID:0PVUvFaN0 BE:844481327-PLT(12345) ポイント特典
国立科学博物館の松浦啓一博士や片山英里博士、沖縄美ら海水族館はこのほど、世界で初めて深海性の「ウチワフグ」が腹膜を「うちわ」状に広げる行動を観察することに成功し、7日にその構造を解明した論文を公表した。

腹膜のうろこには曲面を形成する微細な隆起があり、下方の隆起が上方の隆起の曲面の中に連続的に収まることで、腹膜全体を閉じることが判明した。
論文では他の魚が近づくとうちわ状になるこの行動は、外敵に対して体全体を大きくみせる威嚇行動ではないかと示されている。

腹膜を広げる特徴を持つのはウチワフグだけで、同館の金子篤史さんは「深海に住み、詳しいことが分かっていないウチワフグの生態の解明につながる」と期待した。

http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/70083

no title