インドで発見の新種のカニ、学名にまさかの“Kani”と名付けられる!!! このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - インドで発見の新種のカニ、学名にまさかの“Kani”と名付けられる!!!

新種のカニの学名はKani!!!!!

12-newspeciesof
△インド西ガーツ地方で発見された新種のKani  /phys



 The Journal of Crustacean Biologyに掲載された最新の研究論文によると、インド南部のケララ州で新属新種のカニが発見されたという。

新種のカニに付けられた学名は"Kani maranjandu"。新属の名前はまさかのKani。日本語のカニに由来しているのではなく生息地で生きる先住民のカニ族に由来するという。







体色鮮やかな新属新種のテトラ『Phycocharax rasbora』 ブラジル北部で発見される(画像あり) このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 体色鮮やかな新属新種のテトラ『Phycocharax rasbora』 ブラジル北部で発見される(画像あり)

オスの目と胸部には鮮やかな赤色の斑点模様

g003
△新種のテトラ『Phycocharax rasbora』上がオス、下がメス(Image:plos


海外メディアによると、非常に体色の鮮やかな新属新種のテトラの仲間がブラジル北部で発見されたという。






【生物】北海道知床沖で大型のエビ新種を発見 「大王鬼神エビ」と命名 このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 【生物】北海道知床沖で大型のエビ新種を発見 「大王鬼神エビ」と命名

引用元: 【生物】北海道知床沖で大型のエビ新種を発見 「大王鬼神」と命名 


1: 砂漠のマスカレード ★ 2017/01/30(月) 17:51:14.84 ID:CAP_USER9
北海道の知床半島沖などで採取した大型のエビが新種と判明し、千葉県立中央博物館などが「ダイオウキジンエビ」と命名した。

--- 引用ここまで 以下引用元参照 ---
http://news.livedoor.com/article/detail/12607354/
2017年1月30日 14時2分 産経新聞








【生物】南極の昭和基地沿岸から新種の動物を発見 キブクレハボウキ属2種/国立極地研究所 このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 【生物】南極の昭和基地沿岸から新種の動物を発見 キブクレハボウキ属2種/国立極地研究所

引用元: 【生物】南極の昭和基地沿岸から新種の動物を発見 キブクレハボウキ属2種/国立極地研究所©2ch.net


1: 白夜φ ★@\(^o^)/ ©2ch.net 2017/01/22(日) 22:39:34.18 ID:CAP_USER
南極の昭和基地沿岸から新種の動物を発見

研究成果のポイント
・昭和基地沿岸の水深9メートルから得たキブクレハボウキ属に含まれるゴカイ類の新種を記載。
・水深8メートルから得た別種の個体は世界で最も浅い場所からのキブクレハボウキ属の採集記録。
・スクーバ潜水でキブクレハボウキ属のゴカイ類が採集できることが明らかになったことにより、生きた個体を用いた極限環境適応などの研究展開が期待される。
--- 引用ここまで 全文は引用元参照 ---

▽引用元:国立極地研究所 2017年1月21日掲載
http://www.nipr.ac.jp/info/notice/20170121.html

図1:キブクレハボウキ属2種の全体写真
左)フジキブクレハボウキ(Flabegraviera fujiae) 右)キブクレハボウキ(Flabegraviera mundata)スケールは1センチメートル

no title
(画像引用元:nipr.ac.jp