【豪州】「深く失望した」 オーストラリア環境相、日本の調査捕鯨再開を批判 シー・シェパードがクジラ捕獲写真を公開したことを受け このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 【豪州】「深く失望した」 オーストラリア環境相、日本の調査捕鯨再開を批判 シー・シェパードがクジラ捕獲写真を公開したことを受け

引用元: 【豪州】「深く失望した」 オーストラリア環境相、日本の調査捕鯨再開を批判 シー・シェパードがクジラ捕獲写真を公開したことを受け


1: (?∀?(⊃*⊂) ★ 2017/01/16(月) 18:47:08.47 ID:CAP_USER9
オーストラリアのフライデンバーグ環境相は16日、反捕鯨団体が死んだクジラの写真を公表したことを受け、日本が南極海で調査捕鯨を再開したことに「深く失望した」と述べた。

反捕鯨団体「シー・シェパード」は15日、日本の調査母船「日新丸」のデッキ上で死んでいるミンククジラの写真を公表。 日新丸が南極海にあるオーストラリアのクジラ禁漁区で捕鯨を行っていたと主張している。


▽シー・シェパードが公開した写真
_93549613_f435b19f-e241-4ad0-819d-6b3a33714d38
(画像出典:BBC

http://jp.reuters.com/article/australia-japan-whaling-idJPKBN1500TB
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM16H1X_W7A110C1EAF000/






【捕鯨】シー・シェパード、和歌山で嫌がらせを継続 欧米豪の活動家らが常駐…イルカ漁批判で寄付金募る このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 【捕鯨】シー・シェパード、和歌山で嫌がらせを継続 欧米豪の活動家らが常駐…イルカ漁批判で寄付金募る

引用元: 【捕鯨】シー・シェパード、和歌山で嫌がらせを継続 欧米豪の活動家らが常駐…イルカ漁批判で寄付金募る [H29/1/6]


1: ◆qQDmM1OH5Q46 2017/01/06(金)04:53:31 ID:???
シー・シェパード、和歌山で嫌がらせを継続 欧米豪の活動家らが常駐…イルカ漁批判で寄付金募る 

 イルカが飼育されているいけすの網が切られる事件があった和歌山県太地町で、現地に常駐している反捕鯨団体シー・シェパード(SS)の活動家らが年が明けた2017年早々から、漁師らへの嫌がらせ行為を続けている。

Seashepherd_small_pt
(画像出典:wikipedia-シー・シェパード

続き 産経WEST
http://www.sankei.com/west/news/170105/wst1701050032-n1.html







【捕鯨】調査捕鯨  4か国が日本と反捕鯨団体に安全求める声明 [H28/12/20] このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 【捕鯨】調査捕鯨  4か国が日本と反捕鯨団体に安全求める声明 [H28/12/20]

引用元: 【捕鯨】調査捕鯨  4か国が日本と反捕鯨団体に安全求める声明 [H28/12/20]


1: ◆qQDmM1OH5Q46 2016/12/20(火)10:47:06 ID:???
調査捕鯨 4か国が日本と反捕鯨団体に安全求める声明

(略)

南極海では先月、山口県下関市の港を出港した船団が今月以降およそ2か月にわたる調査捕鯨を計画していますが、
これに対し、反捕鯨団体、シー・シェパードは今月開いた記者会見で、新たに導入した高速船で妨害活動を行うと強調しました。

こうした中、アメリカ国務省は19日、オーストラリア、オランダ、ニュージーランドとの4か国による共同声明を発表し、
衝突が起きれば死傷者が出るおそれもあるとして、
「人命を危険にさらすような、いかなる行為も非難する」
と懸念を示しました。

そのうえで、
「海上での安全を保障する責任ある行動を求める。表現の自由の権利は尊重するが、危険で不法な行為は非難されるものだ」と述べ、反捕鯨団体と日本の船団の双方に安全な行動を求めました。

1

2

続き NHK
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161220/k10010813131000.html






【捕鯨】シー・シェパード幹部を入国拒否 和歌山県太地町で悪質な嫌がらせ このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 【捕鯨】シー・シェパード幹部を入国拒否 和歌山県太地町で悪質な嫌がらせ

引用元: 【捕鯨】シー・シェパード幹部を入国拒否 和歌山県太地町で悪質な嫌がらせ


1: 死神の騎士 ★ 2016/12/11(日) 16:28:03.90 ID:CAP_USER9
 和歌山県太地町で行われているイルカ漁をめぐり、現地で妨害活動を続けている反捕鯨団体シー・シェパード(SS)の幹部が関西国際空港で入管当局に拘束され、入管難民法の規定に基づき、入国拒否の措置を受けていたことが10日、分かった。SS幹部は訪日目的を「観光」などと申請。法務省はこの幹部がすでに太地町で妨害活動を行った過去があることなどから、虚偽の可能性が高いと判断、入国を拒否した。

 関係者によると、この幹部は9日に入国を試みたが拘束され、10日夜、関空から出国したという。

 警察庁などの調べによると、この人物はSS英国支部の幹部で、SSがかつて南極海で日本の調査捕鯨船を妨害した際に加わった船舶の船長を務めており、SSの創設者で国際手配されているポール・ワトソン容疑者(66)の側近とされている。

 幹部は今年9月のイルカ漁解禁にあわせて来日し、11月下旬まで太地町に滞在。太地町でのSSのイルカ漁妨害キャンペーンのリーダーとして数人の外国人活動家を率いて、漁師らを無許可で撮影した写真をネット上に掲載するなどの嫌がらせを行っていたという。

 さらに、この幹部は、デンマーク・フェロー諸島で行われている捕鯨をめぐっても、現地でのSSの妨害キャンペーンに参加。違法行為で立件され、罰金刑を受けていたという。

 法務省はこれまでも、太地町で違法行為や悪質な嫌がらせを繰り返すSSの活動家ら数十人を入国拒否にしている。昨年8月にも韓国・釜山から福岡に航路で入国しようとしたノルウェー人の女性活動家を入国拒否にした。この活動家も訪日目的を「観光」と申請していた。

wst1612110020-p1


産経WEST 2016.12.11 11:46
http://www.sankei.com/west/news/161211/wst1612110020-n1.html






シーシェパード「日本の捕鯨活動妨害を再開するよ。和解金?妨害禁止?あーあれ別グループだから」 このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - シーシェパード「日本の捕鯨活動妨害を再開するよ。和解金?妨害禁止?あーあれ別グループだから」

引用元: シーシェパード「日本の捕鯨活動妨害を再開するよ。和解金?妨害禁止?あーあれ別グループだから」


1: ビッグブーツ(東京都) [ニダ] 2016/12/03(土) 12:13:28.33 ID:5gIglg490
反捕鯨団体シー・シェパードが会見 妨害活動を正当化

反捕鯨団体のシー・シェパードが日本の調査捕鯨に対する妨害活動を行うため南極海に向けて出発するのを前に 記者会見を開き、「われわれの活動は国際社会から幅広い支持を得ている」と述べて妨害活動を正当化しました。

シー・シェパードは新たに導入した高速船など2隻で、4日、オーストラリア南部のタスマニア島を出発し、南極海に向かうことにしています。

これを前に、シー・シェパードは3日、現地で記者会見を開き、アダム・マイヤーソン船長は「これまでは日本の船団に追いつけなかったが、新しい船により状況は大きく変わる。いったん見つかったらわれわれの高速船から逃げることはできない」と述べて、日本の捕鯨船を見つけしだい妨害活動に入ると強調しました。

2

1

調査捕鯨への妨害活動をめぐっては、ことし8月、アメリカのシー・シェパードの団体が日本側から和解金を受け取り、永久に妨害しないことで合意しましたが、シー・シェパード側は今回の行動はアメリカの団体とは別のグループによるもので、合意の法的な効力は及ばないとしています。

これに関連してマイヤーソン船長は「われわれの活動は国際社会から幅広い支持を得ている」と述べて、妨害活動を正当化しました。

http://hayabusa8.2ch.net/news/







シー・シェパード 日本の調査捕鯨船より早い高速船「オーシャン・ウォリアー」が完成し一般公開 妨害に全力宣言 このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - シー・シェパード 日本の調査捕鯨船より早い高速船「オーシャン・ウォリアー」が完成し一般公開 妨害に全力宣言

引用元: シー・シェパード 日本の調査捕鯨船より早い高速船完成 妨害に全力宣言


1: スリーパーホールド(dion軍) [CN] 2016/11/26(土) 15:33:57.14 ID:SpSlY2ca0
シー・シェパードは26日、オーストラリア南東部のメルボルンで、ことし完成した高速船 「オーシャン・ウォリアー」の船内を地元の市民に公開しました。高速船は全長53メートル、 最高速度は25ノット=時速およそ46キロメートルで、これまでシー・シェパードが運用してきた船舶や 日本の捕鯨船よりも速いとしています。また、遠隔操作ができる放水銃や小型ボートなど、装備も強化したとしています。

1


調査捕鯨への妨害をめぐっては、ことし8月、日本側がアメリカのシー・シェパードの団体に和解金を 支払い、永久に妨害を行わないことで合意しましたが、オーストラリアの団体は「法的な効力はオーストラリアには及ばない」として妨害活動を続ける考えを示してきました。

アダム・マイヤーソン船長は「これまでの船では日本の船団に追いつけなかったが、新しい船によって 状況は大きく変わる。あらゆる方法を念頭に置き対応していく」と述べて、妨害活動のために 十分な準備をしていると強調しました。

日本の調査捕鯨の船団は来月調査海域の南極海に到着し、2か月余りにわたって 調査することになっていますが、シー・シェパードは日本の船団の動きに合わせて オーストラリアを出港するとしています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161126/k10010785251000.html

▼動画







【社会】アメリカ人「鯨は健康食だ」「鯨は数が多いんだから、食べてもいい」-反捕鯨の反証映画「ビハインド・ザ・コーヴ」公開 このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 【社会】アメリカ人「鯨は健康食だ」「鯨は数が多いんだから、食べてもいい」-反捕鯨の反証映画「ビハインド・ザ・コーヴ」公開

引用元: 【社会】アメリカ人「鯨は健康食だ」「鯨は数が多いんだから、食べてもいい」-反捕鯨の反証映画「ビハインド・ザ・コーヴ」公開


1: 愛の世代の前に ★ 2016/11/19(土) 19:26:21.41 ID:CAP_USER9
和歌山県太地町で撮影された反捕鯨映画「The Cove」。 「果たして、あの映画に真実はあるのか?」と反証映画「ビハインド・ザ・コーヴ」で真っ向から対抗したのが監督の八木景子さんだ。

2016年11月、ロサンゼルス近郊サンタモニカ市内でのアメリカンフィルムマーケットに参加した八木景子監督に話を聞く機会があった。

 「この映画を製作した原動力は怒り、ですね。穏やかだった太地町に押しかけてきて、 町の人々の感情を踏みにじるように入ってくる活動家たちへの怒り。町の人々のために追い出したい、心からそう思いました。 最初はそんなに長期滞在するつもりはなかったんです。ところが結局、4カ月も心折ることなく撮影を続けられたのは、 いつか映画を作れば、誤解されている太地の人々のこと、捕鯨のことを理解してもらえるはずだと思ったからです」

 たった一人でカメラを持って町に入った八木さんは、
「The Cove」の主人公でもあるリック・オバリーや監督、ルイ・シホヨスのインタビューも敢行。

しかも、ショッキングなコメントを取ることにも成功している。シホヨス監督は「すべての人が菜食主義者になればいい」とまで言い切っている。 八木さんは「すべてのアメリカ人を菜食主義者にしてから、日本にやってきてくれ」と言う呼びかけで、彼の本音を引き出した。

 さらに太地町の人々、IWC日本政府代表、太地で活動を続けるシーシェパードの活動家たち、オスロ大学の生態学教授など実に多くの人に会い、
肉声を映画の中に織り込んだ。

「真実を届ける」

「編集で心がけたのは、真実を届けるということです。今、捕鯨イコール日本は残虐、捕鯨イコール環境破壊として捉えられています。鯨を守れば世界を守れる、とでもいうかのように。ですから、日本の捕鯨文化として、捕獲した鯨を供養するお墓があることを伝えるなど、(残虐とは)真逆のイメージをできるだけ意識しました。また、実は鯨の数は多すぎるのだという事実もデータで伝えました。

編集は最初、自分でやりました。しかし、Aさん、Bさん、Cさんというように順番にインタビューを繋げるだけで、気がつくと、何の話だっけ? ということになってしまいました。それでテレビ番組制作に携わっていた、この映画のナレーターにアドバイスをもらい、様々な人のコメントを入れつつ、間に太地の映像に帰ってくるという手法に変えました。また、意識したのはプロパガンダにならないように、反捕鯨派と捕鯨派の双方の意見を入れることでした」

 日本人と海外のオーディンスに反応の違いはあったのだろうか?

 「日本人は劇場から出てくると『元気が出ました』『作ってくれてありがとう』『泣いた』『捕鯨問題の謎が解けた』といった反応でした。一方の外国人の反応で興味深いと思ったのは、『アメリカ人だって捕鯨に理解を示している人はいる、皆が反捕鯨じゃないよ』と言ってくれたことでした。さらに『反捕鯨活動家たちがやっていることに納得がいかない』と言った人もいました」

 ワシントンDCでアメリカ国内を含む各地からの一般の旅行者に敢行したインタビューも心強い。人々に「何を食べるかは誰が決めるのか?」という質問に対し、彼らは「自分で決める」と答え、また「鯨は健康食だ」「鯨は数が多いんだから、食べてもいいんじゃないか」と答えた人もいた。「時間が少ししかなくて登場した人全員が聞いた人全員という状況だったんですが、彼らの捕鯨への反応に私自身もびっくりしました。彼らは仕込みか? と思ったほどです」

index_img_flyier_01_pc-e1479237023491

http://usfl.com/2016/11/news_articles/105329