【芸能】南キャンの山里亮太さん、寄生虫アニサキスに感染し出演予定のラジオ番組を欠席 このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 【芸能】南キャンの山里亮太さん、寄生虫アニサキスに感染し出演予定のラジオ番組を欠席

引用元: 【芸能】山里亮太、アニサキス症で出演予定のラジオ番組を欠席 赤江アナは「“呪い”じゃないですかね」©2ch.net


1: かばほ~るφ ★@\(^o^)/ ©2ch.net 2017/01/10(火) 16:33:32.07 ID:CAP_USER9
山里亮太、ラジオ番組をアニサキス症で欠席!赤江アナは「“呪い”じゃないですかね」
2017年1月10日13時37分

お笑いコンビ「南海キャンディーズ」の山里亮太(39)が10日、
体調不良で出演予定のTBSラジオ「たまむすび」(月~金曜・後1時)を欠席した。

山里は、同番組の火曜日レギュラーを務めており、この日、番組冒頭でパーソナリティーを務める フリーアナ・赤江珠緒(42)が説明した。赤江アナは「今日は火曜日で、山ちゃんとの(今年)スタートの日で、 会うのを楽しみにしていたけど、体調不良で病院に今頃いる」と説明。 さらに「急に具合が悪くなって、TBSに向かっている途中に。“呪い”じゃないですかね」と話した。

関係者によると、山里はこの日体調不良で病院に行っており、刺し身など海産物に寄生するアニサキスによる胃腸炎の疑いと診断された。症状は軽く、様子を見ながら11日以降の出演を決めるという。

スポーツ報知
http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170110-OHT1T50085.html

▽関連画像:アニサキス
Anisaquis_2012a_06
(出典:wikipedia-アニサキス






【米国】日本発の寄生虫、アラスカ産のサケから発見 このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 【米国】日本発の寄生虫、アラスカ産のサケから発見

引用元: 【米国】日本発の寄生虫、アラスカ産のサケから発見


1: 海江田三郎 ★ 2017/01/12(木) 16:55:57.22 ID:CAP_USER
http://www.cnn.co.jp/fringe/35094877.html

1


(CNN) 日本などアジア産のサケやマスに寄生する「日本海裂頭条虫」が、アラスカで水揚げされたサケから見つかった。

米疾病対策センター(CDC)が11日、感染症の専門誌に発表した調査報告で明らかにした。

この報告を受けて研究チームでは、北米でも太平洋沿岸で水揚げされたサケは日本海裂頭条虫に感染している恐れがあると警告している。

日本海裂頭条虫は1986年に発見された寄生虫で、日本近海やロシア東部沖で水揚げされたサケから見つかっており、 これまで確認された症例は大部分が日本、韓国、ロシアの太平洋沿岸地域に集中している。

しかし研究チームが2013年にアラスカ産のサケ64匹を調べた結果、体長8~15ミリの幼虫が見つかり、 遺伝子配列解析で日本海裂頭条虫と確認された。

太平洋産の魚類のうち、日本海裂頭条虫の寄生が確認されているのはシロザケ、マス、カラフトマス、ベニザケの4種類。こうしたサケやマスは生のまま

世界各国に輸出され、飲食店などで使われていることから、中国から欧州、ニュージーランド、米国に至るまで、どこの国でも感染する恐れがある。

専門家によれば、日本海裂頭条虫などの条虫に感染しても、大抵は症状が出ないか、軽い腹痛や軟便などの症状で済む。

まれに重症化すると腸閉塞や胆管の炎症を引き起こすこともあるという。
サケを63度ほどの温度で4~5分調理するか、特定の条件下で凍らせれば寄生虫や幼虫は死ぬと専門家は解説している






新種の寄生虫「トリカジカエラモグリ」 鳥羽水族館で標本が公開される このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 新種の寄生虫「トリカジカエラモグリ」 鳥羽水族館で標本が公開される


▼朝日新聞デジタルより
 鳥羽水族館(三重県鳥羽市)が購入した深海魚に寄生していた生物が新種であることがわかり、学会誌に記載された。深海魚トリカジカのエラにいたことから「トリカジカエラモグリ」と命名され、館内の「へんな生きもの研究所」で標本が公開されている。

<中略>

 森滝学芸員は「学名に自分の名が入りうれしい。知られていない生きものをぜひ見ていただきたい」と話す。「へんな生きもの研究所」は甲殻類のダイオウグソクムシを展示するが、トリカジカエラモグリも同じ等脚目に属するという。

全文はソースから
http://www.asahi.com/articles/ASJDH5DRPJDHONFB00L.html


▽画像:トリカジカエラモグリ
visual_main_1481791765
(出典:鳥羽水族館公式サイト

▽関連記事
【画像あり】鳥羽水族館に搬入された魚から“新種”の『寄生生物』発見される
http://aqua2ch.net/archives/49085100.html






【寄生虫】鳥羽水族館でヒトデの体内に寄生する『未知のシダムシ』発見される(画像あり) このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 【寄生虫】鳥羽水族館でヒトデの体内に寄生する『未知のシダムシ』発見される(画像あり)


▼— 鳥羽水族館(TOBA AQUARIUM) (@TOBA_AQUARIUM) さんのTweetより
未知のシダムシか!?: シダムシ…それはヒトデの体内に寄生する「甲殻類」 赤い部分が1匹のシダムシです(これはモミジガイ属ヒトデのシダムシ)   これまでに日本国内で知られているシダムシは計7種(学名が付いているのは4種だけ)…

CxjFhEuVIAAC56e






【話題】今が旬なのにヒラメやブリの提供を中止する飲食店の是非 存在感を増す「リスクゼロ」を求める“ゆとり消費者” このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 【話題】今が旬なのにヒラメやブリの提供を中止する飲食店の是非 存在感を増す「リスクゼロ」を求める“ゆとり消費者”

引用元: 【話題】今が旬なのにヒラメやブリの提供を中止する飲食店の是非 存在感を増す「リスクゼロ」を求める“ゆとり消費者” 


1: ニライカナイφ ★ 2016/12/18(日) 23:34:44.09 ID:CAP_USER9
◆今が旬なのにヒラメやブリの提供を中止する是非

最近、旬のヒラメやブリの取扱いを止めるチェーン飲食店があるという。
そこにはいびつなリスク社会があった。食文化に詳しい編集・ライターの松浦達也氏が語る。

寒さが増す12月には、さまざまな魚介が旬を迎える。 ヒラメ、ブリ、フグなどの高級魚にカキなどの貝類、カニに代表される甲殻類もそうだ。 ところが最近、とある寿司チェーンの社員から「うち、ヒラメを扱わなくなったんですよ」という話を聞いた。旬なのに。うまいのに!

聞けばここ最近明らかになってきた、クドアというヒラメなどを宿主とする寄生虫に対するリスク管理だという。もっともクドアはヒラメには寄生するものの、人間には寄生しない。一過性の嘔吐や下痢が起きた事例が報告されている程度。症状は軽度で、ほとんどのケースで発症後24時間以内に回復し、後遺症もないと報告されている。にもかかわらず、このチェーンではヒラメの提供を中止したという。

また個人経営の飲食店の店主からは「ブリの扱いやめようかと思って」という話もあった。聞けば、天然のブリやハマチの血合い近くに寄生するブリ糸状虫という線虫に、客からクレームがついたという。ちなみにこちらは人間にはまったく害がない。
「気分がよくないというのはわかるから、気づけば取り除くけど、100%外すのは無理だろうからなあ」と肩を落としていた。

もっとも供給者がリスクを避ける気持ちもわからなくはない。この数年、「リスクゼロ」を求める、ゆとり消費者が存在感を増しているからだ。”モンスター”との異名をとる、「安全当たり前世代」は、目の前にあるものが何かを知りもしなければ確かめもせずに、手を出してしまう。本来そこにあるリスクを引き受ける覚悟がないのなら、手を出してはならない。

日本人の就業者数を見てみると、約100年前の就業者数の構成は、第一次産業従事者が53.8%、第二次産業が20.25%、第三次産業23.7%(大正9年国勢調査)と、圧倒的に第一次産業に携わる日本人が多かった。

一方、2005年の国勢調査では、第一次産業は100年前の十分の一に。対して第二次産業25.9%と増え、第三次産業に至っては67.3%、実に国民全体の2/3が第三次産業に従事していることになる。

当然ながら意識は変わる。昭和一桁うまれの僕の両親は「残したら、お百姓さんに申し訳ない」「お天道さまからバチがあたる」「もったいない」というようなことを口ぐせのように言葉にしていた。いま、そうした話はほとんど聞くことがない。

全国民の約半分が第一次産業に携わっていた当時は生産と消費の現場は近かった。だが現代では、生産と消費の現場の距離は遠くなってしまった。「食」にまつわるリスクは自らとは関係ない生産者や流通に押しつけ、消費者としての選択責任は全力で回避する。

今年の夏に起きた「肉フェス」で生の鶏肉を提供したことによる食中毒騒動も、鶏肉とカンピロバクター、カンピロバクターとギレンバレー症候群の関係を知っていれば回避できたかもしれない(最悪、命の危険すらあり得る)。
何も知ろうともせずに、「出されているんだから大丈夫」「出すほうが悪い」一辺倒では身を守ることはできない。

冒頭のヒラメやブリの提供をやめようかという店主の悩みはこうした「リスクゼロ幻想」に取り憑かれた消費者によって喚起される。ヒラメやブリがダメなら、イカのアニサキスだってダメだろうし、カキだってその生態上ノロウィルスとは無縁ではいられない。

そんなことを考えていたら、友人から「牡蠣に2回当たったけど、どうしても食べたかったから、3回めチャンレンジしたらまた当たりました。でも後悔はしていません」というメッセージが飛んできた。その人が4回めにチャレンジするかどうかはわからない。だけれども、自ら選んだ食べ物について、メッセージの送り主は決して人のせいにはしないはずだ。

aflo_


NEWSポストセブン 2016.12.18 16:00
http://www.news-postseven.com/archives/20161218_476791.html
http://www.news-postseven.com/archives/20161218_476791.html?PAGE=2

>>2以降へ続きます。






【画像あり】鳥羽水族館に搬入された魚から“新種”の『寄生生物』発見される このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 【画像あり】鳥羽水族館に搬入された魚から“新種”の『寄生生物』発見される


▼— 鳥羽水族館(TOBA AQUARIUM) (@TOBA_AQUARIUM) さんのTweetより
新種が発見されました:昨年、鳥羽水族館に搬入された魚から見つかった寄生生物がこの度、新種として日本甲殻類学会国際誌に記載されました。2015年1月11日に業者(海水魚ショップ)より水族館に搬入されたトリカジカ3個体......

CzwpJRRUkAAerKv






【悲報】アニサキス食ったかもしれんヤバい このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 【悲報】アニサキス食ったかもしれんヤバい

引用元: 【悲報】アニサキス食ったかもしれんヤバい 


1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/12/05(月) 22:14:28.76 ID:ThFlpUhsa
18時過ぎに鯖を捌いて刺身で食ったんやが腹痛と吐き気がおさまらん
助けて

▼アニサキスとは、
アニサキス(学名:Anisakis)は回虫目アニサキス科アニサキス属に属する線虫の総称で、海産動物に寄生する寄生虫である。ヒトにアニサキス症を発症させる原因寄生虫だが、ヒトへ感染するときには主にサケ、サバ、アジ、イカ、タラなどの魚介類から感染する。(出典:wikipedia-アニサキス

Anisaquis_2012a_06