車のタイヤとほぼ同じサイズ!大学生が巨大アンモナイトの化石を発見する イギリス このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 車のタイヤとほぼ同じサイズ!大学生が巨大アンモナイトの化石を発見する イギリス

10時間かけて丁寧に岩から化石を掘り出すことに成功した


海外メディアによると、イギリス南部の島で化石ハンターの大学生二人が巨大なアンモナイトの化石を発見したという。

化石の重量は96kg。彼らは化石発見後、10時間かけて丁寧に岩から化石を掘り出すことに成功した。






【長野】クジラの全身化石、上田市で発見 1290万年前の地層、アカボウクジラの仲間か このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 【長野】クジラの全身化石、上田市で発見    1290万年前の地層、アカボウクジラの仲間か

引用元: 【長野】クジラの全身化石、上田市で発見 1290万年前の地層、アカボウクジラの仲間か


1: 次郎丸 ★ 2020/03/23(月) 21:04:32.84 ID:C+MbzIqw9

--- 詳細はソース元から ---
2020.03.23(Mon)
https://www.daily.co.jp/society/science/2020/
03/23/0013215999.shtml





【ここ掘れわんわん!】海岸を散歩していたわんちゃん、巨大な魚竜の化石を発見する イギリス このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 【ここ掘れわんわん!】海岸を散歩していたわんちゃん、巨大な魚竜の化石を発見する イギリス

とても状態の良い『イクチオサウルス』の化石をわんちゃんが発見


海外メディアによると、イギリスで海岸を二匹愛犬と共に散歩していた男性が、とても状態の良い大きな魚竜の化石を発見し話題となっている。

発見者の男性によると、この化石を一番最初に発見したのは二匹の愛犬たちであったとのことだ。






【すげぇ!】海岸に落ちていた黄金の玉を割ってみた結果 → 中から無数の化石が出てきた イギリス このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 【すげぇ!】海岸に落ちていた黄金の玉を割ってみた結果 → 中から無数の化石が出てきた イギリス

1億8500万年前ジュラ紀に生息していた貝『Cleviceras』の化石


イギリスでは海岸を探索していた学生が不自然に光り輝く黄金の玉を発見し、それを割ってみたところ中から保存状態が非常にいい無数の化石が出てきたと報告し話題となっている。






【古生物】シロナガスクジラの巨大化、考えられていたよりもはるか前 定説くつがえす 史上最長26メートルのクジラ化石が見つかる このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 【古生物】シロナガスクジラの巨大化、考えられていたよりもはるか前 定説くつがえす 史上最長26メートルのクジラ化石が見つかる

引用元: 【古生物】巨大クジラはゆっくり登場した? 定説くつがえす 史上最長26メートルのクジラ化石が見つかる イタリア


1: ごまカンパチ ★ 2019/05/10(金) 01:31:39.37 ID:9IL6Boo09

--- 詳細はソース元から ---
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190509-0001
0000-nknatiogeo-sctch






アメリカの女子中学生、砂浜で太古の巨大ザメ『メガロドン』の“歯”の化石を発見する  このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - アメリカの女子中学生、砂浜で太古の巨大ザメ『メガロドン』の“歯”の化石を発見する 

春休み中の中学生が発見



先週月曜日、アメリカ・ノースカロライナ州のビーチで家族と共にビーチを歩いていた中学生の少女が、絶滅種で太古の巨大ザメ 『メガロドン(学名:Carcharocles megalodon 和名:ムカシオオホホジロザメ』の大きな歯の化石を発見したという。






【和歌山】海岸で岩を蹴ってみた結果 →『スピノサウルス』の歯の化石が発見される 西日本では初 このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 【和歌山】海岸で岩を蹴ってみた結果 →『スピノサウルス』の歯の化石が発見される 西日本では初

引用元: 【和歌山】海岸で岩を蹴ったら大発見…スピノサウルスの化石見つかる 国内3例目


1: 次郎丸 ★ 2019/03/14(木) 13:37:42.52 ID:DWeaHcdS9

--- 詳細はソース元から ---
毎日新聞 2019年3月14日 12時53分(最終更新 3月14日 13時31分)
https://mainichi.jp/articles/20190314/k00/00m/040/113000c