【これは酷い】中国の動物園で『ワニ』が動かないからと投石するお客さんが続出 ワニの体からは出血も このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 【これは酷い】中国の動物園で『ワニ』が動かないからと投石するお客さんが続出 ワニの体からは出血も

観光客グループはそれが実際に生きていると証明するため石を投げるという



近年、中国では経済成長と共に様々な都市や街で水族館や動物園が数多く作られている。そこで問題となっているのがお客さんのマナー。

中国のとある動物園では、展示されている『ワニ』にお客さんが石を投げつけ傷を負わせるというケースが多発して困っているという。お客さんはワニがあまりにも動かないため本物かどうか確かめるために石を投げているそうだ。






ミヤコタナゴに眼福。東京都井の頭自然文化園に行ってきた! このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - ミヤコタナゴに眼福。東京都井の頭自然文化園に行ってきた!

東京都立「井の頭自然文化園」に行ってきた!!

DSC07338


今年3月に池の水を全て抜き、地底を天日干しする「かいぼり」という作業が行われ話題となった井の頭公園。 今回はその公園内にある井の頭自然文化園に行ってきました。

東京都内にある動物園ながら、あわせて200種を超える動物を飼育しており、中には希少なミヤコタナゴを見ることができるとのこと!

▽井の頭自然文化園とは、
1井の頭自然文化園の敷地面積は、井の頭恩賜公園のほぼ3分の1にあたり、動物園や資料館、彫刻館のある「動物園(本園)」と、水生物館が位置する「水生物園(分園)」に分かれています。あわせて200種を超える動物を飼育しています。

分園は、水生物館、ハクチョウの池、水禽舎など、水に関係のある施設が集められ、水生物館では、日本産淡水魚および両生類の飼育展示と保護増殖をおこなっています。魚類ばかりでなく、両生類、昆虫、植物など、淡水の水辺の生き物を幅広く展示しています。ミヤコタナゴなどの希少種の繁殖にも力を入れています。(出典:井の頭自然文化園公式サイト


▽早速、吉祥寺駅から近い水生物園側から突入!!
DSC07325

場所はJR中央線、地下鉄東西線、京王井の頭線、各線の「吉祥寺駅」から徒歩約10分 。私の行った7月26日の東京都内の気温は34℃と暑い・・・