巨大ザメ「メガロドン」はなぜ絶滅した?その謎がついに解き明かされる時が来た!!!カリフォルニア大学が巨額の助成金を得て研究を開始する このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 巨大ザメ「メガロドン」はなぜ絶滅した?その謎がついに解き明かされる時が来た!!!カリフォルニア大学が巨額の助成金を得て研究を開始する

年の謎が最新技術によって遂に、解き明かされるかもしれない

VFSMuHw5
image:dailymail


約1800万年前から約150万年前の海水温が暖かかった海に生息し、推定値で体調が最大10メートルをも超えるとされている巨大肉食ザメ『メガロドン(和名:ムカシオオホホジロザメ)』。

この生物は約600万〜約200万年前に絶滅したと考えられており、その原因については地球の寒冷化や、対抗種や餌の進化などいくつかの仮説が論じられている。しかし、詳しい研究は行われておらず、確かなことはわかっていない。

今回、アメリカの研究者らはこの長年の謎を解明すべく新たにこのメガロドンの詳しい研究を開始するという。