史上初、野生の「ノコギリエイ」の“出産”の様子が撮影される -フロリダ州立大学研究 このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 史上初、野生の「ノコギリエイ」の“出産”の様子が撮影される -フロリダ州立大学研究

産まれた直後のノコギリエイにはギザギザが無かった!!!

sawfish-momuside-2017-1-3



頭部から長く突き出たノコギリ状の吻が特徴的な生物「ノコギリエイ」。その生態には謎が多く、絶滅が危惧されている生物である。

今回、アメリカの研究チームはカリブ海のに浮かぶ島バハマの近海にて、史上初めて野生のノコギリエイの出産の撮影・観測に成功した。






【驚愕】アメリカに生息するノコギリエイ 『処女懐胎』で子供を産めることが明らかに このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 【驚愕】アメリカに生息するノコギリエイ 『処女懐胎』で子供を産めることが明らかに

オスとの交尾をせずにメスだけで完全な子供を産むことができる脊椎動物が存在していた!

2940F77700000578-3105899-image-a-36_1433168033622


アメリカ、フロリダ州の河口に生息している絶滅危惧種のノコギリエイ「smalltooth sawfish (Pristis pectinata)」は、最新の研究でオスとの交尾をせずにメスだけで完全な子供を産むことができ、それによって野生化で子孫を残している事が明らかとなった。

単為生殖や処女懐胎とも呼ばれるこの生態。主に、ミジンコやアブラムシ、寄生虫などの無脊椎動物では確認されているが、通常、野生化で有性生殖によって繁殖を行っている脊椎動物が単位生殖にによって子孫を残している事を証明されたのは今回が世界で初めてだという。