【科学】「タコは宇宙人である」という研究結果 学術誌ネイチャーに掲載される このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 【科学】「タコは宇宙人である」という研究結果 学術誌ネイチャーに掲載される

引用元: 【科学】「タコは宇宙人である」という研究結果 学術誌ネイチャーに掲載される ©2ch.net


1: 野良ハムスター ★ ©2ch.net 2017/02/14(火) 10:47:50.28 ID:CAP_USER9
米国シカゴ大学の遺伝子学者らが、蛸のゲノムのなかに別の星の出生であることを示す証拠が見つかったと発表。

--- 引用ここまで 以下引用元参照 ---
https://jp.sputniknews.com/science/201702143337545/

▼関連イメージ

Octopus vulgaris2.jpg
By Beckmannjan from de.wikipedia.org, CC 表示-継承 3.0, Link







【閲覧注意】東京の魚介専門店で『タコの卵』が売ってるらしい!気になるそのお味は・・・ このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 【閲覧注意】東京の魚介専門店で『タコの卵』が売ってるらしい!気になるそのお味は・・・

東京に魚介専門店ではタコの卵が売ってる!

▼ビジュアルは少々インパクトあるけど、食べてみたら美味い!





体を大きく膨らませる 奇妙な行動をとる『タコ』がオーストラリア近海で撮影され話題に このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 体を大きく膨らませる 奇妙な行動をとる『タコ』がオーストラリア近海で撮影され話題に

なぜ?体を大きく膨らませるタコの奇妙な行動

extra_large-1486127983-cover-image
Pink Tank Scuba/YouTube


足を大きく広げ、突如膨らんだタコ。オーストラリア近海でダイバーらがタコの奇妙な行動を撮影した。まるで、人間に対して起こっているようなこの行動。しかし、実際には別の意味があると科学者は言う。






【広島】オクトパスで「置くとパス」 三原駅でタコの絵馬が人気 このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 【広島】オクトパスで「置くとパス」 三原駅でタコの絵馬が人気

引用元: 【広島】オクトパスで「置くとパス」 三原駅でタコの絵馬が人気


1: のっぺらー ★ 2017/01/07(土) 11:38:24.62 ID:CAP_USER
恒例の合格祈願グッズの配布が6日、広島県三原市のJR三原駅で始まった。
地元特産のタコ(オクトパス)にあやかった語呂合わせで、「(勉強机などに)置くとパス(合格)」と名付けた紙の絵馬。駅の1階コンコースに設けた祭壇に置かれており、希望者は自由に持ち帰ることができる。

通学などで駅を利用する受験生を応援しようと、平成23年にスタートした取り組み。タコと満開の桜が描かれた絵馬は、市内の瀧宮神社で祈願されている。スタート時は5千枚を配布していたが、評判を呼んで手に入れたいという人が増えたため、一昨年からは2万枚を用意。タコのオブジェなどで飾られた祭壇は、3月9日まで設置される。

同市恒例の合格祈願グッズには、冬場にも落葉しない広葉樹「ヤマコウバシ」の葉をラミネート加工した「落ちない葉っぱカード」もあり、こちらは10日午前9時から、市役所4階の生活環境課にある「みはらし環境会議」事務局で配布。今年は300枚を用意しており、先着順に無料で配られる。

ヤマコウバシの葉は、枯れ葉になっても春に新芽が芽吹くまで木から落ちないのが特徴。この粘り強さを受験生にあやかってもらおうと、23年からカードにして配布している。加工する葉は、市の「里地里山復元プロジェクト」を進める「水辺環境みなおし隊」が活動先の同市沼田西町で採取。カードにした後、市内の幸崎神社で合格祈願してもらっている。

写真:JR三原駅構内に設けられた「置くとパス」コーナー

no title


以下ソース:産経west 2017.1.7 07:40
http://www.sankei.com/west/news/170107/wst1701070018-n1.html






【生物】ウツボ vs タコ 死闘を制したのは・・・? 海洋学者「ウツボを怒らせてはいけない」 このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 【生物】ウツボ vs タコ 死闘を制したのは・・・? 海洋学者「ウツボを怒らせてはいけない」

引用元: 【生物】ウツボ vs タコ 死闘を制したのは・・・? 海洋学者「ウツボを怒らせてはいけない」


1: 野良ハムスター ★  2016/11/28(月) 10:31:09.24 ID:CAP_USER9
ウツボを怒らせてはいけない――。米フロリダ自然史博物館の海洋生物学者ジョージ・バージェス氏は、そう警告する。「スーパーマンのマントを引っぱってはいけないように、ウツボに近づきすぎてもいけないのです」

最近、ハワイのオアフ島でビデオ撮影をしながらシュノーケリングを楽しんでいた人が、身をもってそのことを思い知った。場所は、観光客に人気のハナウマ湾だ。

動画は、大型のウツボが、自分より小さいタコに絡みついて格闘しているシーンから始まる。その後、ウツボがタコの足を1本か2本食いちぎると、自由になったタコが水を噴射し、たちまち視界から消えていく。

「真っ黒い墨の雲を、置き土産にしてね」とバージェス氏。

イカと同じく、タコの体には黒い墨を作る腺がある。危険にさらされると水中に墨を放出し、捕食者の目をくらませて、その隙に脱出するのだ。「タコにとっては生きるか死ぬかの戦いです。生きるために、触腕を1本か2本犠牲にしたのです」

※リンク先に動画があります。
http://natgeo.nikkeibp.co.jp//atcl/news/16/112500451/

▼動画





【画像あり】巨大な“タコ”をモチーフとしたバックパックが海外で登場し話題に このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 【画像あり】巨大な“タコ”をモチーフとしたバックパックが海外で登場し話題に

タコニスト歓喜!まさかのタコ型バックパックが海外で販売される 

octopus-backpack-1

海外でまるで巨大なタコを背負っているかのようなバックパックが発売され、それがネットメディアなどで紹介され話題となっている。





地球温暖化の影響?過去60年間の間に野生の『イカ・タコ』の個体数が急増している事が最新の研究で明らかに このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 地球温暖化の影響?過去60年間の間に野生の『イカ・タコ』の個体数が急増している事が最新の研究で明らかに

海水温が上昇しているにもかかわらず頭足類は個体数を急増させていた

1

近年における海水温の上昇は、多くの海洋生物らに深刻な影響を与えると懸念されている。しかし、そのような状況にも関わらずイカやタコなどの頭足類らは繁栄し、過去60年間で個体数を急増させていることが最新の研究で明らかとなった。