ザトウクジラさん、アザラシやアシカをシャチから守るスーパーヒーローだったことが判明  このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - ザトウクジラさん、アザラシやアシカをシャチから守るスーパーヒーローだったことが判明 

引用元: シャチに襲われていれば、たとえ仲間でなくとも助けに向かう 海のヒーロー・ザトウクジラの謎 [きつねうどん★]


1: きつねうどん ★ 2020/11/21(土) 21:24:18.09 ID:CAP_USER


--- 詳細はソース元から ---
https://logmi.jp/business/articles/323551






欧州でボートを33隻ものボートを破壊しまくっている“狂った”シャチ、遂に特定される  このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 欧州でボートを33隻ものボートを破壊しまくっている“狂った”シャチ、遂に特定される 

シャチによるボート攻撃事故の約61%がこの3個体によって行われていた


ここ3か月間、欧州南西部のスペインとポルトガル近海ではシャチによるボートへの攻撃が多発し大きな問題となっていた。

今回、科学者らは一連の攻撃における主犯格のシャチ3個体を特定することに成功したという。シャチによるボート攻撃事故の約61%がこの3個体によって行われていたとのこと。





スペイン北西部沿岸、シャチによるヨットへの攻撃相次いで発生 遂に航行禁止に このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - スペイン北西部沿岸、シャチによるヨットへの攻撃相次いで発生 遂に航行禁止に

引用元: シャチがヨットを攻撃、スペイン北西部沿岸に航行禁止令 [ばーど★]


1: ばーど ★ 2020/09/24(木) 19:13:05.95 ID:0+ELedw09

--- 詳細はソース元から ---
9/24(木) 17:40 AFP=時事
https://news.yahoo.co.jp/articles/a72f6f33e16
739f0e93a9a8d65c4cc0935da02a2





最強生物シャチ、絶滅危惧種ホッキョククジラを食い荒らしている事が判明する このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 最強生物シャチ、絶滅危惧種ホッキョククジラを食い荒らしている事が判明する

科学者らは近年シャチによるホッキョククジラの捕食が増えている理由について、海氷が減少しホッキョククジラの隠れる場所が減ったからではないかと推測している 


海外メディアによると、最新の研究で『シャチ(Orcinus orca』が主に北極圏などに生息する絶滅危惧種の『ホッキョククジラ(Balaena mysticetus』を食い荒らしていることが判明したという。

科学者らによると、北極圏における氷の減少によりホッキョククジラが氷地帯へ逃げることができなくなったためシャチに捕食される機会が増えたとのことだ。





科学者「海中で出会ったらホホジロザメですら恐怖で逃げ出す最強生物、それが『シャチ』だ!!」 このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 科学者「海中で出会ったらホホジロザメですら恐怖で逃げ出す最強生物、それが『シャチ』だ!!」

引用元: ホオジロザメが”恐怖”で1年間も縄張りから逃げ出す「海のギャング」がいると判明


1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/09/17(木) 07:02:24.279 ID:+dPyNlyu0

--- 詳細はソース元から ---
https://nazology.net/archives/69150





ボートを執拗に攻撃してくる“狂った”シャチが現る 研究者も困惑 スペイン・ポルトガル このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - ボートを執拗に攻撃してくる“狂った”シャチが現る 研究者も困惑 スペイン・ポルトガル

ストレスにより狂暴化?


海外メディアによると、最近スペインとポルトガルの近海においてボートを執拗に攻撃してくる“狂った”シャチの群れが観測されており問題となっている。

研究者によると、シャチがボートを攻撃するといった行動は非常に珍しい事であり、困惑しているとのことだ。





【最強】シャチさん、またもやアザラシを空高く投げ飛ばし圧倒的力の違いを見せつける -カナダ このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 【最強】シャチさん、またもやアザラシを空高く投げ飛ばし圧倒的力の違いを見せつける -カナダ

ホエールウォッチング船の船長も興奮


海外メディアによると、カナダ近海においてシャチがアザラシを空高く投げ飛ばす光景が撮影され話題となっているという。

このような光景は2015年にもカナダ近海で撮影されたが、今回これを行った個体は当時の個体とは別のようだ。