海水も泳げる『イリエワニ』さん、実はクジラを食べていた!!? 研究者がドローンで撮影に成功する このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 海水も泳げる『イリエワニ』さん、実はクジラを食べていた!!? 研究者がドローンで撮影に成功する

爬虫類がクジラを食べる様子の撮影は今回が初めて

Saltwater Crocodile (Crocodylus porosus) (8851846180).jpg
By Matt from Melbourne, Australia - Saltwater Crocodile (Crocodylus porosus) Uploaded by SunOfErat, CC BY 2.0, Link



近年、急速に発展し続けている無線で遠隔操縦するラジコンヘリコプターや無人航空機(ドローン)。様々な問題点もあるが、主に風景の撮影の他に海洋生物の研究において大いに役立てられている。

今回、アメリカの研究者らこのドローンを用いて、ワニがクジラの死骸を食べている様子の撮影に成功したという。驚くべきことに爬虫類がクジラを食べる様子の撮影は今回が初めてであるとこと。

 




【ツイてねぇ!】ハワイ沖でサメに脚かまれた男性、クマとヘビにも襲われていた このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 【ツイてねぇ!】ハワイ沖でサメに脚かまれた男性、クマとヘビにも襲われていた

引用元: 【ツイてねぇ!】ハワイ沖でサメに脚かまれた男性、クマとヘビにも襲われていた


1: アルカリ性寝屋川市民 ★ 2018/04/22(日) 20:59:47.86 ID:CAP_USER9
【4月22日 AFP】米国のハワイでボディボード中にサメに襲われた男性が、以前にクマとガラガラヘビにも襲われる経験をしていたことが分かった。

 4年間に3度も不運に見舞われたこの男性は、米コロラド州在住のディラン・マクウィリアムス(Dylan McWilliams)さん(20)。現地紙によると、ハワイ州のカウアイ(Kauai)島沖で19日、マクウィリアムスさんがボディボードを楽しんでいたところ、いきなり体長約2メートルもあるサメに脚をかみつかれた。

--- 引用ここまで 以下引用元参照 ---
AFP 2018年4月22日 19:43
http://www.afpbb.com/articles/-/3172072









【えぇ...】インドの川などに生息する絶滅危惧種の『サメ』、ムンバイの市場で10年ぶりに発見! → しかし、漁師がその場で捌き回収不可能に・・・ このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 【えぇ...】インドの川などに生息する絶滅危惧種の『サメ』、ムンバイの市場で10年ぶりに発見! → しかし、漁師がその場で捌き回収不可能に・・・

10年ぶりに発見された絶滅危惧種のサメなのに・・・

Ganges-River-Shark-948152
image:express


絶滅危惧種のサメについて研究を行っている科学者がインド、ムンバイにある市場で奇跡的に『ガンジスザメ(英名:Ganges shark 学名:Glyphis gangeticus』を発見したという。

このサメの発見は約10年ぶりであったという。しかし、この個体はすぐに市場で漁師らによって捌かれたため標本の回収は不可能であったとのこと。






豪州の釣り人さん、捕獲した『サメ』をその場で帝王切開して98匹の稚魚を取り出す このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 豪州の釣り人さん、捕獲した『サメ』をその場で帝王切開して98匹の稚魚を取り出す

釣り人が死んだサメの帝王切開を行い海外で話題に

nintchdbpict000398384542
Image:thesun


オーストラリアで、釣り人の男性が捕獲し死んだサメが妊娠していることに気が付き、その場で帝王切開して98匹の稚魚を取り出すという出来事があったと海外メディアが報じている。

釣り人によると、母ザメは甲板に上げられた際にはすでに死んでいたが仔ザメだけでも救えるかも知れないと思い帝王切開を行ったとのこと。






【悲報】全国屈指の水揚げ「キンメダイ」漁の食害深刻 バラムツが狙い、引き上げる途中でサメやイルカに食べられる 駆除検討 このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 【悲報】全国屈指の水揚げ「キンメダイ」漁の食害深刻 バラムツが狙い、引き上げる途中でサメやイルカに食べられる 駆除検討

引用元: 【静岡】全国屈指の水揚げ「キンメダイ」漁の食害深刻 バラムツが狙い、引き上げる途中でサメやイルカに食べられる 駆除検討


1: ばーど ★ 2018/03/13(火) 10:29:59.54 ID:CAP_USER9
全国屈指の水揚げを誇る静岡県内のキンメダイ漁でサメやバラムツ、イルカによる食害が深刻化している。資源の落ち込みに食害が拍車を掛け、漁獲量は大きく減少。県水産技術研究所伊豆分場(下田市)と漁業者は連携して実態調査に乗り出し、対策強化を検討している。

--- 引用ここまで 以下引用元参照 ---
(2018/3/12 17:01)
静岡新聞
http://www.at-s.com/news/article/economy/shizuoka/467094.html







【閲覧注意】オーストラリアの釣り人、釣り上げたサメを車で引きずり回す動画をSNSに投稿 → 動画に批難が殺到する このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 【閲覧注意】オーストラリアの釣り人、釣り上げたサメを車で引きずり回す動画をSNSに投稿 → 動画に批難が殺到する

動画では釣り人の笑い声も

au%2F_%2Fmedia%2F2018%2F03%2F07%2F22%2F13%2FSHARKSTW2
Image: 9news.com.au


オーストラリアの西オーストラリア州で、釣り上げたサメを車で引きずり回す動画をSNSに投稿され話題となっている。






500年以上も生き続ける事ができるサメ『ニシオンデンザメ』、カナダ北極圏で撮影される このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 500年以上も生き続ける事ができるサメ『ニシオンデンザメ』、カナダ北極圏で撮影される

地球上の脊椎動物の中で最も長寿な生物、カナダで撮影される

greenland-shark-2-2018-03-06
Image:earthtouchnews 


地球上の脊椎動物の中で最も長寿な生物と知られる『ニシオンデンザメ(学名:Somniosus microcephalus』。最長で500年以上も生きるとされているこの生物は主に北極圏の冷涼な海域に生息しているため、人間に発見されることが非常に少ない珍しい生物だ。

今回、カナダの研究者らはカナダの北極圏でこの珍しい生物の撮影。多くの海外メディアが報じ話題となっている。