観賞魚のキンギョ、体内でアルコールを精製できると判明 リヴァプール大学研究 このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 観賞魚のキンギョ、体内でアルコールを精製できると判明 リヴァプール大学研究

極限の低酸素状態において体内の乳酸をアルコールに変換し生き延びる

ワキン.jpg
By C Lion hiro - self-made in my aquarium, パブリック・ドメイン, Link



池の水面に厚い氷が張ったとしても、春には元気な姿を見せ人間を驚かせるのある金魚。酸素濃度の低い極限の環境でなぜ生き延びることができるのだろうか?この疑問について研究を行っていたイギリスの研究者らが驚きの発見をした。

金魚は低酸素状態の環境において、体内に蓄積する乳酸をアルコールに変え、周囲に拡散させることで生き延びることを可能としていたという。