【環境】ウナギの稚魚、極端な不漁に 夏にも価格高騰の懸念 鹿児島の漁業者「今シーズンは望みがない」 このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 【環境】ウナギの稚魚、極端な不漁に 夏にも価格高騰の懸念  鹿児島の漁業者「今シーズンは望みがない」

引用元: 【環境】ウナギの稚魚、極端な不漁に 夏にも価格高騰の懸念 鹿児島の漁業者「今シーズンは望みがない」


1: みつを ★ 2018/01/21(日) 08:06:37.47 ID:CAP_USER9
1月21日 7時16分
養殖に使われるニホンウナギの稚魚のシラスウナギが、日本と台湾の両方でこの時期としては極端な不漁となっています。専門家は、何らかの海の変化の影響を受けた可能性がある一方で、もともとシラスウナギは漁獲量の変動が大きく、動向を慎重に見極める必要があると話しています。 

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180121/k10011295691000.html 







【画像あり】自分で釣ったウナギ焼いたから見てや このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 【画像あり】自分で釣ったウナギ焼いたから見てや

引用元: 自分で釣ったウナギ焼いたから見てや


1: 風吹けば名無し 2018/01/17(水) 21:43:30.17 ID:0JeEB9RM0





【悲報】アメリカでウナギ稚魚捕獲が大人気!稚魚捕獲ライセンス取得の抽選に3000人が応募する事態に このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 【悲報】アメリカでウナギ稚魚捕獲が大人気!稚魚捕獲ライセンス取得の抽選に3000人が応募する事態に

ウナギ激減問題、もはや東アジアだけの問題ではなかった

51575982_H21718292-600x376
image: bangordailynews


近年、日本国内において話題に上がることの多いウナギに関する問題。最近ではウナギの稚魚の漁獲量が激減して絶滅が現実味を帯び始めている。

アメリカのメイン州では抽選によるウナギの稚魚を捕獲するライセンス制度を採用して、その持続可能な漁業を目指している。

そんな中、今年は国際的なウナギの価格高騰もあってか、このウナギ捕獲ライセンスの抽選に約3000人もの養殖業者が応募が殺到とのことだ。






【悲報】日本人の4割、うなぎが絶滅危惧種だと知らない このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 【悲報】日本人の4割、うなぎが絶滅危惧種だと知らない

引用元: 【社会】日本人の4割、うなぎが絶滅危惧種だと知らない


1: 天麩羅油 ★ 2018/01/18(木) 19:19:05.26 ID:CAP_USER9
 ニホンウナギが絶滅危惧種であることを知らない消費者が4割を占め、密漁などの不正取引が多いことを知っている人は4人に1人―。環境保護団体グリーンピース・ジャパンは11日、ウナギを巡る消費者の意識調査結果を発表した。

以下ソース
http://www.saga-s.co.jp/articles/-/168703

1





【漁業】ウナギ稚魚不漁 最低の恐れ このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 【漁業】ウナギ稚魚不漁 最低の恐れ

引用元: 【漁業】ウナギ稚魚不漁 最低の恐れ


1


1: ノチラ ★ 2018/01/17(水) 21:52:22.07 ID:CAP_USER
絶滅の恐れがあるニホンウナギの稚魚シラスウナギが極度の不漁となっている。

 水産庁によると、昨年12月の国内漁獲量は約0.2トンで、前年同月実績を大幅に下回ったようだ。今後も不漁が続けば、2018年漁期(17年12月~18年4月)は過去最低の5.2トンだった13年漁期を下回る恐れがあり、養殖業者らは危機感を強めている。

--- 引用ここまで 以下引用元参照 ---
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180117-00000096-jij-pol







【悲報】シラスウナギ(絶滅危惧種ニホンウナギの稚魚)が大不漁の恐れ 前年同期のわずか1% 値上がり必至、取引規制も このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 【悲報】シラスウナギ(絶滅危惧種ニホンウナギの稚魚)が大不漁の恐れ 前年同期のわずか1% 値上がり必至、取引規制も

引用元: 【経済】シラスウナギ(絶滅危惧種ニホンウナギの稚魚)が大不漁の恐れ 前年同期のわずか1% 値上がり必至、取引規制も


1: ハンバーグタイカレー ★ 2018/01/13(土) 17:43:06.25 ID:CAP_USER9
 絶滅危惧種ニホンウナギの稚魚シラスウナギが今期は極度の不漁で、国内外での漁獲量が前期の同じころと比べて1%程度と低迷していることが13日、複数の関係者の話で分かった。

このまま推移すれば過去最低の漁獲量となりかねない。今夏のウナギが値上がりするのは必至で、かば焼きは食卓からますます縁遠くなる。来年のワシントン条約締約国会議で国際取引の規制対象とするよう求める声も高まりそうだ。 

--- 引用ここまで 以下引用元参照 ---
http://www.sankei.com/smp/life/news/180113/lif1801130045-s1.html 






これがウナギ!?ニュージーランドで体長1.4mの巨大ウナギが捕獲される(画像あり) このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - これがウナギ!?ニュージーランドで体長1.4mの巨大ウナギが捕獲される(画像あり)

巨大ウナギを捕獲したNZの男性。しかし、この後謝罪することに……。

1428536454047
image:stuff


本当にウナギ!?と疑ってしまいたくなるほど大きなこの生物。名前は「ニュージーランドオオウナギ(英名:New Zealand longfin eel)」といい、ニュージーランドの固有種で世界最大のウナギとして知られている。

体長1.4メートルの巨大ウナギを捕獲したのは Shaun Jamesさん。息子のJoshua君と共にOpihi Lagoonで釣りを行っている時に捕獲された。ニュージーランドオオウナギは非常に大きなウナギとして有名であり最大で1.85メートルの個体が捕獲されてこともあるというが、1メートルを超える個体は非常に稀であるという。


※深夜帯におすすめの過去の良記事を再掲する試みをしています。
本記事元掲載日
2015/04/26