【画像】イギリスで交尾中の野生のイルカが激写されるwwwww これはでかい・・・ このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 【画像】イギリスで交尾中の野生のイルカが激写されるwwwww これはでかい・・・

この海域がイルカ達の重要な繁殖地である証明


イギリス東部の海岸で写真家により野生のネズミイルカが交尾している途中の様子を捉えた写真が撮影され話題となっている。

専門家はこの写真はこの海域がイルカ達の重要な繁殖地である証明であり、この環境を守ることの重要性を強調していると説明している。






【香川】坂出港にイルカの群れ 1万頭、列つくり泳ぐ このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 【香川】坂出港にイルカの群れ 1万頭、列つくり泳ぐ

引用元: 【香川】坂出港にイルカの群れ 1万頭、列つくり泳ぐ


1: 首都圏の虎 ★ 2020/01/11(土) 18:58:55.14 ID:J4ix2QK49


--- 詳細はソース元から ---
1/11(土) 16:45配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200111-
00000094-kyodonews-soci





イラン、敵艦を特攻攻撃する『軍用イルカ』を保有している可能性を海外メディアが報じる このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - イラン、敵艦を特攻攻撃する『軍用イルカ』を保有している可能性を海外メディアが報じる

ソビエト連邦で訓練された軍用イルカ


昨今、緊張が高まる中東情勢。イラク南部に位置するペルシャ湾、オマーン湾とホルムズ海峡は原油を運搬する船舶の重要な航路となっており、周辺国の動きは世界情勢に大きな影響を与える。

military.comは、このペルシャ湾でイラクが敵艦を自爆攻撃することのできる『軍用イルカ』を保有している可能性があると報じ話題となっている。






【画像あり】プーチン大統領、2頭のイルカと戯れる画像を公開wwwwwwwwww このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 【画像あり】プーチン大統領、2頭のイルカと戯れる画像を公開wwwwwwwwww

引用元: 【ロシア】プーチン大統領、2頭のイルカと戯れる画像を公開:その他プーチン画像あり


1: 猪木いっぱい ★ 2020/01/04(土) 16:01:03.75 ID:L7wnppCt9



--- 詳細はソース元から ---
https://www.thesun.ie/news/4940311/topless-vladimir-putin-rides-dolphins-in-bizarre-unseen-footage-to-celebrate-20-years-in-power/ 




【動画】イルカが“うつ病”に?水槽の壁に頭をぶつけ続ける『イルカ』が撮影され問題に シンガポールの水族館 このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 【動画】イルカが“うつ病”に?水槽の壁に頭をぶつけ続ける『イルカ』が撮影され問題に シンガポールの水族館

専門家によるとこのイルカは神経症やうつ病などによってこのような行動をしている可能性が高いとのこと


海外メディアによると、先週シンガポールの水族館で水槽の壁に何度も頭をぶつけ続けている『ハンドウイルカ(Tursiops truncatus』の動画が撮影され問題となっている。

専門家によるとこのイルカは神経症やうつ病などによってこのような行動をしている可能性が高いとのことだ。





イルカの肉届いたので食レポ このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - イルカの肉届いたので食レポ

引用元: イルカの肉届いたので食レポ


1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/12/03(火) 18:34:54.189 ID:M0ChC+BwM
親戚から送られてきたので食べてる
これ、うまいな

▼関連イメージ
キャプチャ






【汚染】イギリス近海に生息する『イルカ』の“母乳”、化学物質によって汚染されていたことが明らかに このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 【汚染】イギリス近海に生息する『イルカ』の“母乳”、化学物質によって汚染されていたことが明らかに

イルカの母乳に有毒なポリ塩化ビフェニル


イギリスの研究者らは、イギリス近海に生息するネズミイルカの赤ちゃんを調べた結果化学物質汚染レベルが高いことが判り、その原因を調べた結果母イルカの母乳に有毒なポリ塩化ビフェニルが含まれていたことが明らかになったという。

ポリ塩化ビフェニルは様々な電気機器などに使用されていたが、人体やその他の生物に対して有毒であることが判明し現在では多くの国々で使用が禁止されている。