大型トラック事故 積んでた塩酸が川に流出 「家の窓は開けないで」 佐世保 このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 大型トラック事故 積んでた塩酸が川に流出 「家の窓は開けないで」 佐世保

引用元: 大型トラック事故 積んでた塩酸が川に流出 「家の窓は開けないで」 佐世保©2ch.net


1: TEKKAMAKI(東京都) [US] 2017/01/17(火) 15:03:20.58 ID:hmewVj5+0● BE:583472408-PLT(14015) ポイント特典
大型トラックがスリップ、塩酸が川に流出 長崎・佐世保

朝日新聞デジタル 1/17(火) 13:05配信

 17日午前6時15分ごろ、長崎県佐世保市矢峰町(やみねちょう)の国道498号で大型トラックがスリップし、積み荷のタンク三つが道路上に落ちた。佐世保市消防局によると、落ちたタンクから希硫酸と塩酸が流れ出した。

希硫酸は流出が止まったが、塩酸は近くの相浦川(あいのうらがわ)にも流れ出したといい、市が周辺住民に注意を呼びかけている。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170117-00000038-asahi-soci

no title






【ブクブク】細かい空気の泡を発生させて水中の有機物を分解し水草の成長を抑えてみよう・琵琶湖 このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 【ブクブク】細かい空気の泡を発生させて水中の有機物を分解し水草の成長を抑えてみよう・琵琶湖

引用元: 【ブクブク】細かい空気の泡を発生させて水中の有機物を分解し水草の成長を抑えてみよう・琵琶湖©2ch.net


1: 水星虫 ★ ©2ch.net 2017/01/17(火) 15:27:27.10 ID:CAP_USER9
水草の悪臭対策 空気の泡活用

*ソース元にニュース画像あり*

http://www.nhk.or.jp/lnews/otsu/2065607171.html?t=1484634014000
※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を

夏にびわ湖で繁殖し、腐って悪臭を放つ水草の対策をどう進めるか、 滋賀県がアイデアを募集した結果、細かい空気の泡を発生させて水草の栄養となる水中の有機物を分解し、 成長を抑える案がことし活用されることになりました。 

▽関連画像
450px-20091015琵琶湖
(画像出典:wikipedia-琵琶湖 





中国人の男キングコブラなど大量の毒蛇数百匹を野生に帰しただけなのに逮捕 このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 中国人の男キングコブラなど大量の毒蛇数百匹を野生に帰しただけなのに逮捕

引用元: 中国人の男キングコブラなど大量の毒蛇数百匹を野生に帰しただけなのに逮捕 


1: リバースパワースラム(禿) [ES] 2017/01/16(月) 10:55:56.47 ID:riiu5aC/0 BE:226456927-PLT(12522) ポイント特典
2017年1月12日、ベトナム南部アンザン省でこのほど、キングコブラを含む10袋分の毒蛇を野生に返そうと試みた中国人の男が、友人2人とともに、森林保護区の職員に捕らえられた。国際在線が伝えた。

地元メディアは「ホーチミン市に一時的に居住していたこの中国人の男は、良い報いを得るために動物を野生に返すという宗教的儀式を信じているかもしれない。だが毒蛇を選んだことはあまりにも進んだステップだった」と報じている。

▽関連画像:キングコブラ
1280px-King_Cobra_045
(画像出典:wikipedia-キングコブラ

Record china 配信日時:2017年1月15日(翻訳・編集/柳川)
http://www.recordchina.co.jp/a160860.html






これまで謎だった光合成誕生の秘密… 太古の微生物からその原型を発見 =神戸大など このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - これまで謎だった光合成誕生の秘密… 太古の微生物からその原型を発見 =神戸大など

引用元: これまで謎だった光合成誕生の秘密… 太古の微生物からその原型を発見 =神戸大など 


1: 急所攻撃(宮城県) [US] 2017/01/16(月) 20:23:12.13 ID:HIXd9YSd0● BE:601381941-PLT(13121) ポイント特典
神戸大など、光合成の進化的な原型を太古の微生物から発見

神戸大学などは1月13日、光合成でCO2から糖を合成する生物機能の進化的な原型を、光合成を行わない原始的な微生物に発見したと発表した。

同成果は、神戸大学の蘆田弘樹 准教授(奈良先端科学技術大学院大学 バイオサイエンス研究科元助教)、河野 卓成 学術研究員(奈良先端科学技術大学院大学 バイオサイエンス研究科博士後期課程単位取得退学、今回の研究成果を元に現在、博士号を申請中)、立命館大学の松村浩由 教授、奈良先端科学技術大学院大学、ビルラ理工大学(インド)、大阪大学、静岡大学などの研究グループによるもの。詳細は英国のオンライン総合科学誌「Nature Communications」に掲載された。

no title

▽全文はソースから
http://news.mynavi.jp/news/2017/01/16/431/






【豪州】「深く失望した」 オーストラリア環境相、日本の調査捕鯨再開を批判 シー・シェパードがクジラ捕獲写真を公開したことを受け このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 【豪州】「深く失望した」 オーストラリア環境相、日本の調査捕鯨再開を批判 シー・シェパードがクジラ捕獲写真を公開したことを受け

引用元: 【豪州】「深く失望した」 オーストラリア環境相、日本の調査捕鯨再開を批判 シー・シェパードがクジラ捕獲写真を公開したことを受け


1: (?∀?(⊃*⊂) ★ 2017/01/16(月) 18:47:08.47 ID:CAP_USER9
オーストラリアのフライデンバーグ環境相は16日、反捕鯨団体が死んだクジラの写真を公表したことを受け、日本が南極海で調査捕鯨を再開したことに「深く失望した」と述べた。

反捕鯨団体「シー・シェパード」は15日、日本の調査母船「日新丸」のデッキ上で死んでいるミンククジラの写真を公表。 日新丸が南極海にあるオーストラリアのクジラ禁漁区で捕鯨を行っていたと主張している。


▽シー・シェパードが公開した写真
_93549613_f435b19f-e241-4ad0-819d-6b3a33714d38
(画像出典:BBC

http://jp.reuters.com/article/australia-japan-whaling-idJPKBN1500TB
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM16H1X_W7A110C1EAF000/






【芸能】南キャンの山里亮太さん、寄生虫アニサキスに感染し出演予定のラジオ番組を欠席 このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 【芸能】南キャンの山里亮太さん、寄生虫アニサキスに感染し出演予定のラジオ番組を欠席

引用元: 【芸能】山里亮太、アニサキス症で出演予定のラジオ番組を欠席 赤江アナは「“呪い”じゃないですかね」©2ch.net


1: かばほ~るφ ★@\(^o^)/ ©2ch.net 2017/01/10(火) 16:33:32.07 ID:CAP_USER9
山里亮太、ラジオ番組をアニサキス症で欠席!赤江アナは「“呪い”じゃないですかね」
2017年1月10日13時37分

お笑いコンビ「南海キャンディーズ」の山里亮太(39)が10日、
体調不良で出演予定のTBSラジオ「たまむすび」(月~金曜・後1時)を欠席した。

山里は、同番組の火曜日レギュラーを務めており、この日、番組冒頭でパーソナリティーを務める フリーアナ・赤江珠緒(42)が説明した。赤江アナは「今日は火曜日で、山ちゃんとの(今年)スタートの日で、 会うのを楽しみにしていたけど、体調不良で病院に今頃いる」と説明。 さらに「急に具合が悪くなって、TBSに向かっている途中に。“呪い”じゃないですかね」と話した。

関係者によると、山里はこの日体調不良で病院に行っており、刺し身など海産物に寄生するアニサキスによる胃腸炎の疑いと診断された。症状は軽く、様子を見ながら11日以降の出演を決めるという。

スポーツ報知
http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170110-OHT1T50085.html

▽関連画像:アニサキス
Anisaquis_2012a_06
(出典:wikipedia-アニサキス






【生物】稚魚が貝に擬態して得するのは親だった!? 第3者(親)が利益を得る擬態を初めて確認/大阪市立大 このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 【生物】稚魚が貝に擬態して得するのは親だった!? 第3者(親)が利益を得る擬態を初めて確認/大阪市立大

引用元: 【生物】稚魚が貝に擬態して得するのは親だった!? 第3者(親)が利益を得る擬態を初めて確認/大阪市立大©2ch.net


1: 白夜φ ★ ©2ch.net 2017/01/16(月) 00:27:12.76 ID:CAP_USER
“稚魚が貝のフリ”をして得するのは親だった!?第3者が利益を得る擬態を初めて確認

概要
 
生物による擬態にはいくつか種類がありますが、いずれの例も擬態することで利益を得るのは擬態者自身です。

大阪市立大学大学院理学研究科の幸田正典(こうだ まさのり)教授と大学院生の佐藤駿(さとう しゅん)らの研究グループは、 アフリカのタンガニイカ湖に生息する魚種(フルシファー:稚魚が小さな巻貝に擬態)において、擬態により利益を得ているのは子ども(擬態者自身)ではなく、 子どもを捕食者から守る親(第三者)であることを確認しました。このように第三者が利益を得る擬態の例は、世界で初めての発見です。

 本内容は2017年1月5日午前9時20分(日本時間)に、米国の動物行動学の専門誌Animal Behaviourにオンライン掲載されました。

雑誌名:Animal Behaviour
論文名:Parental females of a nest-brooding cichlid improve and benefit from the protective value of young fish masquerading as snails
著 者:Shun Satoh, Tetsumi Takahashi, Shinya Tada, Hirokazu Tanaka, Masanori Kohda
掲載URL:http://www.sciencedirect.com/science/
article/pii/S0003347216303323

--- 引用ここまで 以下引用元参照 ---

▽引用元:大阪市立大学 2017年01月12日掲載
http://www.osaka-cu.ac.jp/ja/news/2016/170112

図5 フルシファーの雌親が子どもを守っているところ。
(1)モデル貝がいる場合、捕食者は白黒模様の子どもに気が付かない。
(2)モデル貝を除去すると子どもは目立ち、捕食者の接近が増加し雌親の攻撃(負担)は増える。
(1)と(2)での子どもの生存率には差がない。(図4-(1))。

no title