【駆除】動物保護が活発なアメリカで『アシカ』の駆除プロジェクトが開始される 年間93匹を駆除する予定 このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 【駆除】動物保護が活発なアメリカで『アシカ』の駆除プロジェクトが開始される 年間93匹を駆除する予定

漁業資源の一つであるニジマスの降海型『スチールヘッド』を守る目的



多くの動物保護団体が存在し、動物の虐待の防止や、適正な飼育方法などを普及啓発する活動が活発に行われているアメリカ。

その国で今、アシカの駆除プロジェクトが開始されたという。これは漁業資源の一つであるニジマスの降海型『スチールヘッド』を守る目的で行われるとのこと。






【命がけ】メキシコで絶滅危惧種のイルカを保護する『シーシェパード』さん、密漁者の大群に襲撃される メキシコヤバ過ぎ・・・ このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 【命がけ】メキシコで絶滅危惧種のイルカを保護する『シーシェパード』さん、密漁者の大群に襲撃される メキシコヤバ過ぎ・・・

密漁者らがシーシェパードの船に向かい漁業用の重りや、網、さらにはタバスコソースを投げつける



日本では捕鯨活動の妨害行為を行うなどして印象が悪い環境保護団体「シーシェパード」。彼らはこの他にもメキシコでは政府や海軍、連邦警察と連携して絶滅危惧種で世界最小のネズミイルカ、コガシラネズミイルカ(通称バキータ)などの保護活動を行っている。

シーシェパードの大型船はイルカ保護のため禁漁区に指定された海域で地元の漁師らが漁をしないよう監視パトロールを行っているのだが今回、密漁を行っている漁師らはこのシーシェパードの活動に激怒。シーシェパードの大型監視船を漁師らの小型船の群れが襲撃するという事件が発生したという。





【酷すぎ】アメリカの大学生、元彼女宅で飼育していたペットの『魚』を食べて逮捕される 大便の写真を送り付けるといった行為も このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 【酷すぎ】アメリカの大学生、元彼女宅で飼育していたペットの『魚』を食べて逮捕される 大便の写真を送り付けるといった行為も

元彼女の飼っていたペットの魚を食べたとして動物虐待などの疑いで逮捕


海外メディアによると、アメリカの大学寮で元彼女宅に泊まっていた男性が、元彼女の飼っていたペットの魚を食べたとして動物虐待などの疑いで逮捕されたという。

この男性は魚を食べて部屋を出る際、元彼女に「水槽をチェックした方がいい」言い残し、その後女性に対し「魚を見つけたよ」と大便の画像を送り付けたという。






【悲劇】米ニューヨークの男の子(11歳)、魚料理の“匂い”に対するアレルギー反応で亡くなる このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 【悲劇】米ニューヨークの男の子(11歳)、魚料理の“匂い”に対するアレルギー反応で亡くなる

祖母の調理する魚料理の匂いで・・・


海外メディアによると、アメリカ・ニューヨークで元旦に家族らと共に年越しを祝っていた11歳の少年が、祖母の調理した魚料理の匂いにアレルギー反応を起こし亡くなるという事故があったという。

食物アレルギーと言えば、食べる事によって発症することが多いが、重度の場合は匂いだけでも最悪の結果になってしまうこともあるようだ。






【画像あり】ケニアの漁師が野生の『カバ』に襲われる瞬間 衝撃の光景が撮影される カバさん恐すぎだろ・・・ このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 【画像あり】ケニアの漁師が野生の『カバ』に襲われる瞬間 衝撃の光景が撮影される カバさん恐すぎだろ・・・

カバは約10分間も漁師を攻撃


のんびり優しそうなイメージとは裏腹に、実は非常に獰猛で縄張りに侵入したものはワニやライオン、人であっても攻撃する事が知られている『カバ(学名:Hippopotamus amphibius』。アフリカにおける野生生物による人間の死者数がカバが最多とも。

アフリカのケニアではそのカバに漁師の男性が襲われる一部始終が撮影され、その映像が世界中で話題となっている。





【悲報】海外アクア民さん、湖で水草を採ってきた結果 → 水草から“エイリアンの卵”のような不気味な物体を発見し震える・・・((((;゚Д゚))))ガクブル このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 【悲報】海外アクア民さん、湖で水草を採ってきた結果 → 水草から“エイリアンの卵”のような不気味な物体を発見し震える・・・((((;゚Д゚))))ガクブル

もし、自分の水槽でこのような物体を発見したらと考えると……。


ニュージーランドのアクアリストさんが北島のワイカリモアナ湖で水草を採集し水槽に投入したところ、4週間後に奇妙な“エイリアンの卵”のような物体を発見したとして話題となっている。






【アメリカ】生徒の目の前で“仔犬”を『カミツキガメ』に食べさせた中学生教師、起訴されるも裁判で無罪に このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 【アメリカ】生徒の目の前で“仔犬”を『カミツキガメ』に食べさせた中学生教師、起訴されるも裁判で無罪に

中学校で行われた『命の授業』が問題に



昨年3月、アメリカ・アイダホ州の中学校で生徒の目の前で仔犬をカミツキガメに食べさせたとして中学校教師の男性が起訴された。

しかし、裁判で陪審員らはこの教師が罪を犯したとは思わないと主張。教師は無罪を勝ち取る結果となった。

この中学校教師は生徒らの間でもとても人気であり、当時カミツキガメに食べさせた仔犬は重度の障害を患っており、今後生きることが困難であるほどであったためカミツキガメに与えたという。また、この給餌は放課後に希望し集まった生徒たちだけに見せたとのことだ。