科学者「古代の巨大カエルは恐竜を捕食することも可能だった」最新の研究により判明 カエルすげえええええええ このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 科学者「古代の巨大カエルは恐竜を捕食することも可能だった」最新の研究により判明 カエルすげえええええええ

カエルが恐竜を捕食していた時代があった

image_5241_1-Horned-Frog
image:sci-news


カエルは噛む力の弱い種が多い生物だ。しかし、ツノガエルなどを飼っている方はよくご存知だろう。中には非常に強い力で噛み付いてくる種も存在する。

白亜紀後期のマダガスカルに生息していた巨大カエルBeelzebufo ampinga。カリフォルニア州立工科大学の科学者率いる国際研究チームは、このカエルが小型の恐竜であれば捕食することも可能であったとの最新の研究結果を発表した。






カンブリア紀の生物を超リアルに再現 芸術家が科学者の依頼で精巧なシリコン製標本を制作する(画像あり) このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - カンブリア紀の生物を超リアルに再現 芸術家が科学者の依頼で精巧なシリコン製標本を制作する(画像あり)

約五億年前の古生物をシリコン製標本で現代に再現

0-S0012825217301903-fx1_lrg
image:ScienceDirect


化石などを元にした古生物の再現イメージと言えば、よく絵やCGなどが用いられることが多い。しかし、それでは実際の姿を正確に再現することは難しい。

今回、科学者が芸術家に依頼しカンブリア紀生息していた古生物の精巧なシリコン製標本を制作し話題となっている。






ハワイ沖でお尻のような形をした『クシクラゲ』が撮影される 新種の可能性 NOAA このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - ハワイ沖でお尻のような形をした『クシクラゲ』が撮影される 新種の可能性 NOAA

新種の可能性があるが、標本は捕獲できず・・・

1
image:dailymail


今年の夏にアメリカ海洋大気庁(NOAA)の研究者らがハワイ沖の深海で行った調査において、新種の可能性のある奇妙な『クシクラゲ』が発見されたという。






オーストラリアでダイバーが透明で巨大な物体を発見 イカの卵塊か?(画像あり) このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - オーストラリアでダイバーが透明で巨大な物体を発見 イカの卵塊か?(画像あり)

物体はシリンダー状に細長く、一部がピンク色に光っていた

DJyt0H0UQAAcRM6
image:Twitter/livescience


オーストラリア、クイーンズランド州近海でダイバーが透明で巨大な謎の物体を発見したという。研究者によると、これは大型のイカである『ソデイカ』の卵塊の可能性が高いとのこと。






デンキウナギは水中から飛び出し空気中でより強力な放電を行う 生物学者がその身をもって証明(動画あり) このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - デンキウナギは水中から飛び出し空気中でより強力な放電を行う 生物学者がその身をもって証明(動画あり)

生物研究は命がけ

extra_large-1505471048-cover-image
image:iflscience


科学者と言えば、様々な設備が整った実験室で試験官などを使って研究しているイメージがあるが、中には自分の体を実験台として研究を行う命がけの研究者も少なくないという。

今回デンキウナギの研究を行う科学者は、デンキウナギが地上の敵などに対して、水中から飛び出し空気中でより強力な放電を行うという生態の証明のため自身の腕に感電させその動画を撮影し話題となっている。






【悲報】北方領土で巨大『マンボウ』捕獲される!!→ 漁師「食べるのもあれだし、野生のクマにあげたろ」→ 科学者が「なぜ研究者に引き渡さなかったのか!!!?」と激おこ このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 【悲報】北方領土で巨大『マンボウ』捕獲される!!→ 漁師「食べるのもあれだし、野生のクマにあげたろ」→ 科学者が「なぜ研究者に引き渡さなかったのか!!!?」と激おこ

貴重な巨大マンボウの標本、クマの餌に・・・

4444533300000578-0-image-a-14_1505396590126
image:dailymail


先日、北方領土の択捉島(ロシア名:イトゥルップ島)でロシア人の漁師によって巨大なマンボウが捕獲された。非常に大きなこのマンボウだが、現地では食用とされておらず漁師らはその扱いに困り、野生のクマのエサとして捨ててしまったという。

それに対し、科学者らは「なぜ捨ててしまった!?」と憤慨しているという。






流氷の天使『クリオネ』の希少な交尾映像 ロシアの生物学者によって撮影される(動画あり) このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 流氷の天使『クリオネ』の希少な交尾映像 ロシアの生物学者によって撮影される(動画あり)

流氷の天使が交尾

43F5E7CF00000578-4857144-image-a-5_1504687138023
via:dailymail


主に北極海や北太平洋の寒流域に生息しており、その可愛らしい容姿から“流氷の天使”とも呼ばれることのある生物『クリオネ』。

今回、そのクリオネの希少な交尾映像がロシアの海洋生物学者によって撮影された。