【朗報】新種の『深海ザメ』、ハワイで発見される 種の保全を助ける可能性 このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 【朗報】新種の『深海ザメ』、ハワイで発見される 種の保全を助ける可能性

既知の種に隠れてしまっている新種は世界中のどこにでも存在する


人類にとって未だ謎の多い領域である深海。これまでにも多くの深海生物が発見されているが、それはほんの一部に過ぎず、まだまだ多くの未知の生物が生息しているとされている。また、すでに発見されている生物の中にも、実は新種であるかもしれないという生物も存在する。

今回、科学者はハワイ近海の深海に生息する『ツノザメ』の研究を行ったところ、新種の生物を発見したという。






【ヒェッ】NZの海岸で見るからにヤバそうな謎の生物の死骸が発見される このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 【ヒェッ】NZの海岸で見るからにヤバそうな謎の生物の死骸が発見される

発見者の方は当初「エイリアンではないか!?」と思った


海外メディアによると、ニュージーランドのとある海岸で奇妙な姿をした謎の生物の死骸が発見され、地元住民が困惑しているという。

その奇妙な姿から発見者の方は当初「エイリアンではないか!?」と思ったそうだ。






【衝撃】オーストラリアで最も人間を殺している動物、サメやワニじゃなかった!!! 当局が最新の統計が発表する このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 【衝撃】オーストラリアで最も人間を殺している動物、サメやワニじゃなかった!!! 当局が最新の統計が発表する

オーストラリアで最も人を殺している動物は意外なあの生物であった



オーストラリアといえば、河川にはワニ、海にはサメなどなど多くの人を殺す可能性がある生物が生息していることで世界的にも有名な国。

しかし、オーストラリア当局が発表した最新の統計によると、このワニやサメはあまり多くの人を殺しておらず、最も人を殺している動物は意外なあの生物であった。






【大発見】イギリスの科学者さん、太平洋の深海底でCO2をバイオマスに変換する『バクテリア』を発見する  このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 【大発見】イギリスの科学者さん、太平洋の深海底でCO2をバイオマスに変換する『バクテリア』を発見する 

作られたバイオマスは他の海洋生物の栄養源となっている可能性



近年問題となっている海中の二酸化炭素量。大気中の二酸化炭素レベル上昇と共に、それが海水に溶けて海の酸性化を推し進め、海洋生物に害を与える恐れがあるというもの。

最新の研究では、膨大な量の二酸化炭素をバイオマスへと変換することが可能な『バクテリア』が太平洋の深海底で発見されたという。






【悲報】カナダ・バンクーバーの中国庭園に『カワウソ』が侵入、池のコイを次々と虐殺してしまう・・・ このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 【悲報】カナダ・バンクーバーの中国庭園に『カワウソ』が侵入、池のコイを次々と虐殺してしまう・・・

仕掛けられた罠を潜り抜けながら庭園を荒らしまくる


多くのアジアからの移民が住んでおり、北米有数の規模の中華街が形成されていることでも知られているバンクーバー。

今回、そのバンクーバーにある中国庭園に野生の『カワウソ』が侵入し、池で飼われているコイなどの魚が虐殺される被害が発生し問題になっているという。






半透明な卵の中で、動き回る『サメの赤ちゃん』の光景 プエルトリコ近海で調査をしていた科学者らによって発見される このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 半透明な卵の中で、動き回る『サメの赤ちゃん』の光景 プエルトリコ近海で調査をしていた科学者らによって発見される

野生生物の営みを垣間見る


現在、カリブ海などで海底やそこに生息する生物の調査を行っているアメリカ海洋大気庁(NOAA)の調査船Okeanos Explorer。

今回、船に乗船する科学者らはプエルトリコ近海にて野生下における小型サメの卵の光景を撮影し話題となっている。非常にまれな発見であるとのこと。





ナイル川流域に生息する魚『エレファントノーズ』、電気パルスを使って獲物の形や色まで区別できることが明らかに このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - ナイル川流域に生息する魚『エレファントノーズ』、電気パルスを使って獲物の形や色まで区別できることが明らかに

好物である蚊の幼虫を川底の砂の中から探す際、他の虫の幼虫を無視して正確に特定することが可能


ナイル川流域に生息し、アクアリウムでも飼育されることの多い魚『エレファントノーズ(学名:Gnathonemus petersii』。夜行性で視力が弱く、体内で発電した電気を使って獲物を探すことのできる生物として知られている。

今回phys.orgによると、最新の研究ではこの魚は電気を使って獲物を探すだけでなく、獲物の種類や電気的な色までも区別できることが明らかとなった。