【悲報】米博物館で飼育の世界最高齢『マナティー』、メンテナンス用ハッチに挟まり死ぬ このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 【悲報】米博物館で飼育の世界最高齢『マナティー』、メンテナンス用ハッチに挟まり死ぬ

7月21日で69歳となり前日に誕生パーティーが行われたばかりであった

429F995D00000578-0-image-m-54_1500857168082
Image:dailymail


海外メディアによると、アメリカの博物館で飼育されていた世界最高齢マナティー死んだ状態で発見されたという。

死因は溺死で、メンテナンス用ハッチに挟まっていた状態で発見されたとのこと。







マラウイ共和国政府「アフリカンシクリッドの輸出が絶好調!!!」 アフシクの需要が世界的に高まる 一方、野生下の個体数は急速に減少・・・ このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - マラウイ共和国政府「アフリカンシクリッドの輸出が絶好調!!!」 アフシクの需要が世界的に高まる 一方、野生下の個体数は急速に減少・・・

昨年マラウイが輸出した観賞魚が計36000匹。収益は総額21万米ドル。

Aulonocara baenshi nkomo reef - male.jpg
Par Xavier David — https://www.facebook.com/profile.php?id=
100002127307170&fref=nf
, CC BY-SA 4.0, Lien




アフリカ大陸南東部に位置するマラウイ共和国政府は、2016年における観賞魚の輸出量に関する報告書を公表した。






【閲覧注意】クジラの体表、寄生虫だらけで凄いことになっていた・・・ このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 【閲覧注意】クジラの体表、寄生虫だらけで凄いことになっていた・・・

鯨類の寄生虫研究の難しさ

lead_960


様々な海洋生物の体表にはあらゆる寄生虫が存在している言われており、種にとっては安易に触ることは危険とされている。しかし、実際にどれほど寄生虫がいるのか?

アラスカに漂着したクジラの死骸から驚きの光景が撮影された。





【閲覧注意】マレーシア人さん、高級熱帯魚『フラワーホーン』を調理して食す・・・ このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 【閲覧注意】マレーシア人さん、高級熱帯魚『フラワーホーン』を調理して食す・・・

フラワーホーンは「素揚げにすると甘くてジューシーで非常に美味であった」とのこと

1
Image:facebook/SG Kay Poh


頭部に大きなコブを蓄えた姿が特徴的な熱帯魚フラワーホーン。個体によっては1匹数十万円で取引されることもある高級熱帯魚の一つだ。

マレーシアでは、このフラワーホーンを調理し食べてしまった男性が現れ、SNSを中心に話題となっている。






原子爆弾実験が行われ放射能汚染された『ビキニ環礁』、魚達の楽園になっていた このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 原子爆弾実験が行われ放射能汚染された『ビキニ環礁』、魚達の楽園になっていた

放射能汚染されたビキニ環礁が現在、多くの海洋生物の集まる楽園に...

426A836600000578-4703086-image-a-2_1500287598669
image:dailymail


約70年前、アメリカ合衆国によって23回もの核兵器試験が行われた太平洋に浮かぶ島ビキニ環礁。科学者らによると、放射能汚染されたこの環礁が現在多くの海洋生物の集まる楽園となっているという。






【閲覧注意】野生のイルカ、獲物となるナマズの頭部だけを噛み砕きそのまま放置する・・・ このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 【閲覧注意】野生のイルカ、獲物となるナマズの頭部だけを噛み砕きそのまま放置する・・・

このような奇妙な行動は非常に稀であり、その海域に生息する個体群特有の行動の可能性 

1
image:NationalGeographic



頭部だけが無惨にも噛み砕かれ放置されたナマズの死骸。近年メキシコ湾ではこのような光景が度々発見されているという。

科学者によると、これはこの湾に生息するネズミイルカによるもので、彼らはナマズの頭部だけを切断することができる技巧を取得しているという。






企業「世界の皆さん、エクアドルの希少なカエルを600ドルで売りますよ」違法密猟撲滅のため合法貿易ルートが開拓される このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 企業「世界の皆さん、エクアドルの希少なカエルを600ドルで売りますよ」違法密猟撲滅のため合法貿易ルートが開拓される

カエルの密猟を防ぐため、正規のルートを開拓し販売を行うエクアドルの企業

ecuadorispro
image:phys


南米エクアドルは地球上で最も多様な生態系と言われるほどの大自然を有しており、約600種以上のカエルが生息すると言われている。

しかし、近年そのカエルの違法密猟が多発し大きな問題に。それを撲滅するため一つの企業が合法貿易ルートの開拓を行っているという。