なんじゃこりゃ… 豪州にある川の浅瀬で、泥から顔だけを出す謎の“魚”が発見される(※画像あり) このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - なんじゃこりゃ… 豪州にある川の浅瀬で、泥から顔だけを出す謎の“魚”が発見される(※画像あり)

泥の中に消えていった謎の生物。一体これは?

4320F4DB00000578-4777324-image-a-59_1502346440051


オーストラリア、クイーンズランド州にある川のクルーズ中、ツアーのスタッフが謎の生物を発見・撮影し、その動画がSNSで話題に

謎の生物は、川の浅瀬にある泥から顔だけを出し、その後泥の中に消えていったという。





野生のザトウクジラ、大型クルーズ船の船首に突き刺さり死ぬ 入港するまで船員気付かず このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 野生のザトウクジラ、大型クルーズ船の船首に突き刺さり死ぬ 入港するまで船員気付かず

全長289.5メートルのクルーズ船と全長6メートルのザトウクジラが衝突

8792548-3x2-700x467
Image:ABC


海外メディアによると、アラスカ州の港に入港した大型クルーズ船グランド・プリンセス(Grand Princess)の船首に突き刺さった形で死んでいるザトウクジラが発見された。

このザトウクジラはクルーズ中に衝突したとされており、船員らはクジラと衝突していたことに気づかず、この事実を入港して初めて知ったという。






触手で海底を歩く珍しい「クダクラゲ」。アメリカ海洋大気庁の研究者らが発見 このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 触手で海底を歩く珍しい「クダクラゲ」。アメリカ海洋大気庁の研究者らが発見

クダクラゲの仲間には海中を浮遊するものが多いが、この種は海底を歩いて移動することが可能!

4316D08400000578-4773114-image-m-115_1502232106067
Image:NOAA


クダクラゲ目の生物は外洋の中層あたりを浮遊しながら生きているものがほとんどであると考えられている。

しかし、今回アメリカ海洋大気庁(NOAA)の研究者らは珍しい海底を歩くクダクラゲの仲間を発見し撮影に成功したとのこと。






新種の可能性。アメリカ海洋大気庁が深海2,555mで謎のクサウオ科の魚を発見 このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 新種の可能性。アメリカ海洋大気庁が深海2,555mで謎のクサウオ科の魚を発見

世界最大の海洋保護区における調査で偶然発見

1
Image:oceanexplorer.noaa.gov


アメリカ海洋大気庁(NOAA)の科学者らは、太平洋の深海において新種の可能性のあるクサウオ科の魚を発見し撮影に成功。その映像が8月2日に公開された。

クサウオ科の生物は、水深8,143メートルの海域で発見されたこともある分布域が非常に広い生物で種は約350種を超える。






知ってた!?寝てるカワウソのお腹には“絵”が描けると判明!!!(動画あり) このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 知ってた!?寝てるカワウソのお腹には“絵”が描けると判明!!!(動画あり)

カワウソの飼い主さんが偶然発見!なにこれかわいい・・・

▼寝ているカワウソのお腹には、絵が描けることが判明





オス同士で性器接触を行う『イルカ』、オーストラリア近海で観測される このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - オス同士で性器接触を行う『イルカ』、オーストラリア近海で観測される

この行為は群れの結束を高めるためや性行為の練習である可能性

42EBA9AC00000578-4755794-image-a-1_1501729917069
Image:dailymail



海外メディアによると、西オーストラリア州の科学者らは繁殖期後にオス同士で同性愛行為をするイルカの群れを観測したという。

科学者によると、このような行為には様々なイルカの社会的理由があるという。






顔面に50本の棘!カンブリア紀の化石からまたまたヤバそうな新種の古生物が発見される(画像あり) このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 顔面に50本の棘!カンブリア紀の化石からまたまたヤバそうな新種の古生物が発見される(画像あり)

カナダ・ブリティシュコロンビア州のバージェス頁岩で採掘された石の中から発見

42EFAE8200000578-4758172-image-a-11_1501795598311
▲新種の古生物Capinatator praetermissusの再現CG Image:dailymail


海中において様々な多種多様の生物が現れた約5億年前のカンブリア紀のカンブリア爆発。この時期の化石から発見された生物の中にはアノマロカリスや、オパビニアなど容姿が非常に独特な生物が多い。

今回、科学者らはそのカンブリア紀の化石からまたまた独特な容姿の生物を発見した。その生物はなんと顔面から約50本の棘が突き出しているという・・・。