【衝撃】のろのろと海を泳ぐ事で知られる大型のサメ『ウバザメ』、実は本気を出せばホホジロザメ並みの速度で泳げることが明らかに このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 【衝撃】のろのろと海を泳ぐ事で知られる大型のサメ『ウバザメ』、実は本気を出せばホホジロザメ並みの速度で泳げることが明らかに

これがウバザメの本気

1
image:newscientist


水面付近をのんびり、ゆったりと泳ぎ、エサとなるプランクトンなどを捕食する様子が印象的なサメの仲間『ウバザメ(学名:Cetorhinus maximus』。全長も非常に大きくジンベエザメに次いで、すべての魚類の中で2番目に大きい種だ。

そんなことから、速く泳ぐことは無いと考えられていたこのサメであるが、実はホホジロザメに匹敵するスピードで海中を泳ぐことができると明らかになったようだ。







【衝撃】アマゾン原産の巨大淡水魚『ピラルクー』がなぜかインドの川で捕獲されるwwwwwwww このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 【衝撃】アマゾン原産の巨大淡水魚『ピラルクー』がなぜかインドの川で捕獲されるwwwwwwww

巨大ピラルクーはなにしにインドへ?

arapaima_red_belly_piranha_1535626883_725x725
image:indiatimes


全長は3メートル以上にも成長し、世界最大級の淡水魚の一つに数えられる巨大魚『ピラルクー(学名:Arapaima gigas』。

南米のアマゾン水系に生息するこの魚であるが、なぜかインドの川で捕獲され話題となっている。インドでこの種の魚が捕獲されるのは初めてであるとのこと。






ペルー・チリ海溝の深海7500メートルで新種と思しき魚が三種も発見される 半透明でニョロニョロした魚 国際的な科学者チーム このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - ペルー・チリ海溝の深海7500メートルで新種と思しき魚が三種も発見される 半透明でニョロニョロした魚 国際的な科学者チーム

南半球の深海7500メートルにも魚が居た!!新種の可能性

1
image:dailymail

国際的な科学者らによる研究チームは、東太平洋のペルーとチリの沖合いにあるペルー・チリ海溝(アタカマ海溝)における調査で、ピンクや青、紫色のAtacama Snailfishと呼ばれているクサウオの仲間の三種の魚を発見したという。

チームによると、この三種の魚は新種の可能性があり、今後より詳細な研究が行われるとのことだ。






【画像】レゴブロックに挟まった状態で成長してしまった可哀想な『サメ』、イギリスで発見される このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 【画像】レゴブロックに挟まった状態で成長してしまった可哀想な『サメ』、イギリスで発見される

コーンウォールの海岸には度々レゴブロックが漂着する

0m4P6d9v
image:dailymail


最近では、ビニールや漁網などに引っかかった状態で成長してしまった野生生物が発見され話題となる事が多いが、今度はレゴブロックに挟まった状態の『サメ』がイギリスで発見されたようだ。

このサメが発見されたのは、イギリス・コーンウォール海岸近海。近くで漁業をしていた漁師のIan Jepsonさんによって発見され、その写真を彼がFacebookに投稿したところ、広く拡散され話題となっているという。






【画像あり】カナダの湖で巨大な『イワナ』が釣り上げられる でけぇええええええええええええええ このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 【画像あり】カナダの湖で巨大な『イワナ』が釣り上げられる でけぇええええええええええええええ

大きなレイクトラウトが釣り上げられ話題に

xsVc-lGuU3D4RIweUsTa98QtPe9SLWyT35bvOM0cw8k
image:reddit


イワナといえば、綺麗な冷水の渓流などに生息し、食べてもおいしい釣り人に人気のお魚。日本に生息するイワナの仲間の全長は約18cm~22cmだが、海外にはこんな大きなイワナが存在するという。

海外の掲示板サイトRedditで、巨大なイワナの一種『レイクトラウト(学名:Salvelinus namaycush』を釣り上げた方が現れ話題となっている。






野生のイルカの尿から内分泌撹乱物質が検出される プラスチックごみが原因の可能性 このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 野生のイルカの尿から内分泌撹乱物質が検出される プラスチックごみが原因の可能性

イルカの生殖に係るホルモンに影響を及ぼす可能性

4FBF4CB400000578-0-image-a-30_1536182638415 image:dailymail


近年、海外では大きな問題となっている海洋のプラスチックごみ。それについて新たに生物の生態に影響を与えているとする研究が発表された。

科学者によると、野生のイルカの尿を検査したところ、フタル酸エステルが検出されたという。これは内分泌撹乱物質として知られており、これによりイルカの生殖に係るホルモンに影響を及ぼす可能性があるとのことだ。

このフタル酸エステルは海洋のプラスチックごみが原因である可能性があるとのこと。






いったいこれは?イギリス、タイン川の河口で謎の水生生物が撮影される(動画あり) このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - いったいこれは?イギリス、タイン川の河口で謎の水生生物が撮影される(動画あり)

イギリスの河口に謎の水生生物現る

crop
image:chroniclelive


先月、イングランド北東部の港町にある川の河口付近ので謎の水生生物の動画が撮影され、それがYoutubeで話題になっているという。

撮影者は「スコットランド以外で初のネッシー目撃か」と冗談めかしく語っている。