【画像あり】世界で初めて『三葉虫』の“卵”の化石が発見される 大きさ約0.2mm このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 【画像あり】世界で初めて『三葉虫』の“卵”の化石が発見される 大きさ約0.2mm

世界初 三葉虫の卵の化石が発見される 

trilobite-eggs_2017_01_18
Image: Thomas Hegna  earthtouchnews


古生物の中でも最も有名と言っても過言ではない『三葉虫』。その化石は世界中のあらゆる場所から発見され、研究者らはこれまでにそのライフスタイルや生態の多くを明らかにしてきた。しかしながら、まだまだ多くの謎も残っている。

今回、アメリカの研究者は世界で初めて三葉虫の卵の化石を発見したという。






口から流血しながら繰り広げられる死闘 壮絶なカバ同士の縄張り争いの様子が撮影される このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 口から流血しながら繰り広げられる死闘 壮絶なカバ同士の縄張り争いの様子が撮影される

温厚なカバのイメージが一変!流血しながらも戦うカバの光景

0_CATERS_LIPSTICK_HIPPO_FIGHT_01-800x498
Pic by Joseph Witkowski/Caters News


アフリカ、ザンビアの川で口から流血しながらも戦うカバが撮影された。二頭は自身のテリトリーを守るため大きな口と牙で戦っているという。





【閲覧注意】内蔵が丸ごとなくなった『イルカ』の死骸 イギリスの海岸で発見される このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 【閲覧注意】内蔵が丸ごとなくなった『イルカ』の死骸 イギリスの海岸で発見される

内臓だけが丸ごとなくなっている不自然なイルカの死骸

3C2CE35700000578-0-image-a-81_1484583904288


イギリスの海岸で内蔵が丸々なくなった状態で死んでいるイルカの死体が発見された。專門家らこのイルカの死因について調査を行っているという。






アフリカ・ナミビアの海岸でトゲトゲとした奇妙な魚が発見される 一体これは・・・(画像あり) このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - アフリカ・ナミビアの海岸でトゲトゲとした奇妙な魚が発見される 一体これは・・・(画像あり)

謎の魚、ナミビアで発見され世界で話題に

15073433_10154866303844653_7205572773053297343_n


アフリカ南部の大西洋岸に位置するナミビア。この国の海岸で奇妙な謎の魚が発見されたとして海外のFacebookを中心に話題となっている。

現在のところ、この生物の正確な同定は行われていないが、ネット上では様々な憶測が飛び交っている。






アメリカ・フロリダ州で巨大すぎる『ワニ』が観光客によって偶然撮影される(動画あり) このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - アメリカ・フロリダ州で巨大すぎる『ワニ』が観光客によって偶然撮影される(動画あり)

恐すぎる!観光客が超巨大ワニと偶然ばったり

extra_large-1484607126-cover-image


先週金曜日、アメリカ・フロリダ州で観光客らが超巨大な『ワニ』を発見し撮影。その映像が海外で話題となっている。





【悲報】イギリス人男性、自宅の海水水槽からバクテリアに感染し入院する 非常に稀な病気 このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 【悲報】イギリス人男性、自宅の海水水槽からバクテリアに感染し入院する 非常に稀な病気

世界的に見てもわずか3例しか報告されていない非常に稀な病気

3C22035700000578-0-image-a-47_1484442012134


熱心なアクアリストである1人の英国人男性。彼は若い頃から海水水槽にはまり、毎週日曜日には欠かさず水換えを行っていた。

彼が70歳になったある日、突如原因不明の呼吸困難に見舞われる。病院へ運ばれ医師の診断を受けた所、原因はリビングに置かれた水槽にあった。

彼は水槽のフィルターメンテナンスを終えた後、再起させるために口でホースを咥えホース内の空気を吸うことで水を呼んでいたのだが、その際バクテリアに感染した可能性が高いという。

この病気の症例は世界的に見ても非常に稀であるという。






超巨大肉食ザメ『メガロドン』、好物のクジラがいなくなってしまい絶滅したことが明らかに このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 超巨大肉食ザメ『メガロドン』、好物のクジラがいなくなってしまい絶滅したことが明らかに

クジラが美味しすぎた?

3C1AC0EB00000578-0-image-a-1_1484325639118


 約1,800万年前から約150万年前の海に生息していたとされる超巨大肉食ザメ『メガロドン』。古生物学者らは最新の研究でメガロドンが小型のクジラを好んで食べていた事が判明した。

この発見により、メガロドンが絶滅した原因については、好んで食べていた小型のクジラが絶滅したことにより、食料源を失われたためと推測されている。

研究者らによると、メガロドンは捕食対象を変える必要があったのだが、それができなかったという。