中国の砂浜に打ち上げられた巨大マッコウクジラの死体、標本として中国に作られた新博物館に搬送される このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 中国の砂浜に打ち上げられた巨大マッコウクジラの死体、標本として中国に作られた新博物館に搬送される

中国で漂着したマッコウクジラのための新博物館が建設される

1
(Image:dailymail)


英デイリー・メールによると、約1年前に中国の砂浜に打ち上げられた巨大なマッコウクジラの死体が、標本として中国の博物館に搬送されたようだ。






フィリピンの海岸に大きな『リュウグウノツカイ』打ち上げられる(画像あり) このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - フィリピンの海岸に大きな『リュウグウノツカイ』打ち上げられる(画像あり)

フィリピンで大きなリュウグウノツカイ

16708595_776338965868311_9006266324482665310_n
(photo:Elesa Rosé Jane Allocod/Facebook)


海外メディアによると、2月15日、 フィリピンの海岸で大きなリュウグウノツカイが打ち上げられたという。






左右で大きさの異なる眼球を持つ深海イカ 『Histioteuthis heteropsis』それぞれ異なる用途に使い分けていた このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 左右で大きさの異なる眼球を持つ深海イカ 『Histioteuthis heteropsis』それぞれ異なる用途に使い分けていた

眼球をそれぞれ違う役割に特化させ進化していた

q1
(image:Monterey Bay Aquarium Research Institute (MBARI)/youtube )


一世紀以上にわたり、科学者の心を惑わしてきた生物が深海には存在する。それがこの左右非対称の眼球を持つ深海イカの仲間『Histioteuthis heteropsis』。

最新の研究でこの眼球の違いや用途、なぜこのような進化を遂げたのか少しずつ明らかとなってきたと海外メディアが報じている。






【閲覧注意】クジラ600匹が打ち上げられたNZの海岸、想像以上に悲惨な状況になってた・・・ このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 【閲覧注意】クジラ600匹が打ち上げられたNZの海岸、想像以上に悲惨な状況になってた・・・

クジラ大量座礁のNZ海岸、大変な状態となっていた

3D22522900000578-0-image-m-63_1486974290845
[image:dailymail]


日本を含め、世界各国のメディアが報じているニュージーランドで約600匹のクジラが打ち上げられたというニュース。その数は日々増減しているものの、現在までに200匹が死亡したことが確認されている。

その現地の様子について、新たに海外メディアによって報じられたのだが、それは想像以上に悲惨な状況になっていることが明らかになった。






モロッコで新種の軟体動物Calvapilosa kroegeriの化石発見される 軟体動物の進化の歴史が明らかに このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - モロッコで新種の軟体動物Calvapilosa  kroegeriの化石発見される 軟体動物の進化の歴史が明らかに

小さな殻を持ち、体を覆う無数の棘。 古代の軟体動物の姿が明らかに

ancient-mollusk-1
Credit: Model by Esben Horn;Photo by Jakob Vinther via:LiveScience


英BBCなどの海外メディアによると、研究者らは北アフリカのモロッコで約4億7,800万年前に生息していた新種の軟体動物の化石を発見したという。

化石の状態は非常に良く、小さな殻や、小さな口にびっしりと詰まった数百もの歯、体表を覆う無数の突起がはっきりと確認できるとのこと。






両手にイソギンチャクを持つことで知られる「キンチャクガニ」、片方が無くなると持ってるイソギンチャクをちぎりクローンを生成していたことが明らかに このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 両手にイソギンチャクを持つことで知られる「キンチャクガニ」、片方が無くなると持ってるイソギンチャクをちぎりクローンを生成していたことが明らかに

両手に持ってるイソギンチャク、実はハサミで切って2つにしていた

3CEDD29800000578-4200462-image-a-1_1486485641740
△両手にイソギンチャクを持つ「キンチャクガニ」(image:dailymail)


海外メディアによると、両手にイソギンチャクを持つことで知られるキンチャクガニ」というカニの仲間は、片方のイソギンチャクをなくした場合持っているイソギンチャクをちぎり、クローンを創っていたことが明らかとなった。

研究者によると、このような生態の発見はイソギンチャクの生殖方法や生態を把握する上で重要な情報であるという。





【画像あり】全身“オレンジ色”の『ワニ』、アメリカで発見される 専門家も困惑 このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 【画像あり】全身“オレンジ色”の『ワニ』、アメリカで発見される 専門家も困惑

世にも奇妙なオレンジ色のアリゲーター、現る! 

16640842_10154060677595793_1727324929247188041_n
(image:Sarah Fontenot/Facebook)



海外メディアによると、今週、アメリカ・サウスカロライナ州にある池で、全身が鮮やかなオレンジ色のワニが発見されたという。

なぜ、このワニはオレンジ色なのか?専門家の間でも意見が分かれ錯綜している