【新型コロナ】水族館のイルカさん、ナマケモノを初めて見てテンションMAXになるwwww このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 【新型コロナ】水族館のイルカさん、ナマケモノを初めて見てテンションMAXになるwwww

逆さまのナマケモノを水中で逆さまになりながら見るイルカ


新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大を受け、最近は世界中の動物園や水族館、博物館などでは臨時休館を行っているところが多い。

そんな中、アメリカのテキサス州立水族館では臨時休館中の水族館で普段で会うことの無いイルカとナマケモノがご対面し、その光景がSNSに投稿され話題となっている。







【ヤバ過ぎ】フィリピンのビーチ、ピンク色の『クラゲ』の大群に侵略されてしまう・・・(※動画あり) このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 【ヤバ過ぎ】フィリピンのビーチ、ピンク色の『クラゲ』の大群に侵略されてしまう・・・(※動画あり)

水面を埋め尽くすクラゲ、クラゲ、クラゲ・・・


海外メディアによると、フィリピン近海では最近ピンク色をしたクラゲが大量発生し話題となっているという。

この現象について一部のメディアは「新型コロナ懸念で観光客が少なくなったため」と結論付けているが、専門家は「関係ない」と推測している。





住民「強盗に入られた!すぐに来て!」警察「わかった」結果 → 住民が違法に飼育していた『ワニ』、クローゼットから発見される このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 住民「強盗に入られた!すぐに来て!」警察「わかった」結果 → 住民が違法に飼育していた『ワニ』、クローゼットから発見される

クローゼットからワニ



 海外メディアによると、強盗に遭ったとの住民からの通報に駆け付けた警察が、被害に遭った家の状況を確認していたところ、クローゼットの中から小さなワニを発見したという。

警察によると、この住民は適切な書類を持たず隠れてワニを所有していたとのことだ。






【可愛いだけじゃない…】絶滅寸前のカワウソを保護し、個体数増加させた結果 → 池のコイや金魚が捕食される被害が多発し問題に・・・ イギリス このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 【可愛いだけじゃない…】絶滅寸前のカワウソを保護し、個体数増加させた結果 → 池のコイや金魚が捕食される被害が多発し問題に・・・ イギリス

頭だけが無くなった魚や、部分的に噛まれて死んだ魚が散乱


イギリスでは1970~80年代に農薬などの影響によって野生のカワウソが激減、一時は絶滅寸前ともいわれるほど個体数が減った。しかし、近年保護活動が活発に行われるようになり、現在では絶滅が心配されないくらいにまで個体数を回復した。

しかし、それによって新たな問題が発生。一般家庭の池で飼育されているコイや金魚といった魚が野生のカワウソによって捕食されてしまう被害が多発しているという。





可愛い… 休館中の水族館内をトコトコ散歩するペンギンさん、今度はシロイルカと初対面 アメリカ このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 可愛い… 休館中の水族館内をトコトコ散歩するペンギンさん、今度はシロイルカと初対面 アメリカ

シロイルカはかなり興味津々


新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大を受け、世界中の動物園や水族館、博物館などでは臨時休館を行っているところが多い。

アメリカのシェッド水族館は休館により貸し切り状態になった水族館内でペンギンを散歩させてみたところ、その光景がSNSで「可愛すぎる」と話題と話題に。

そして今回は、水族館の人気者『シロイルカ(Delphinapterus leucas』と初対面し、その両者の反応が可愛いとまたまた話題となっている。





【新型コロナ】ロックダウン中のスペインで、若者が砂浜に打ち上げられた『イルカ』6匹を発見 警察に追われながらも救助する このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 【新型コロナ】ロックダウン中のスペインで、若者が砂浜に打ち上げられた『イルカ』6匹を発見 警察に追われながらも救助する

最終的に警察官もイルカの救助に加わる


世界中で猛威を振るう新型コロナウイルス感染症 (COVID-19)。世界中の複数の国ではこの感染拡大を防ごうと外出禁止や店舗閉鎖を命じる『ロックダウン』の処置がとられており、先日東京都知事がこのことに言及し話題となっている。

今回スペイン南部の町では、若者が砂浜で打ち上げられ身動きが取れなくなったイルカ6匹を発見し、ロックダウンを無視し外出して救助したとして話題となっている。





余りにも太り過ぎたホッキョクグマ、アラスカで発見される  でけぇwwwwwwww このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 余りにも太り過ぎたホッキョクグマ、アラスカで発見される  でけぇwwwwwwww

地元住民から貰えるクジラを食べ続けた結果


ホッキョクグマと言えば近年温暖化の影響などで流氷が減り餌が取れなくなってきているなどの話をよく耳にするが、一部のホッキョクグマにとってはそのようなことは関係ないようだ。

アメリカのアラスカ州では余りにも太りすぎな『ホッキョクグマ(Ursus maritimus』が発見され、地元住民らからは愛称を付けられるなどして愛されているとのことだ。