アメリカ人男性、ペットの“毒トカゲ”に噛まれて亡くなる 94年ぶりの死亡事故 コロラド州 このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - アメリカ人男性、ペットの“毒トカゲ”に噛まれて亡くなる 94年ぶりの死亡事故 コロラド州

毒が弱くても、ヒトを死に至らしめる




ペット界隈の中では数は多くないものの一部の熱狂的な存在する有毒生物飼育。このような生物を飼育するためには多くの危険が伴い、知識と経験が必要とされる。

しかし、どんなに気を付けていても時にはこんなことも……。DailyMailなどの海外メディアが報じている。






海外の研究者さん、アマゾンの熱帯雨林の川で巨大アナコンダを発見し嬉しさのあまり一緒に泳いでしまうwwww このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 海外の研究者さん、アマゾンの熱帯雨林の川で巨大アナコンダを発見し嬉しさのあまり一緒に泳いでしまうwwww

世界で最も大きく、最も重い種のアナコンダ



ヘビが嫌いな方であれば、思わず目をそむけたくなる。しかし、爬虫類やヘビが好きな方からすればとても興奮する。そんな巨大なヘビが南米のアマゾンで発見された。

この巨大ヘビを発見した研究者は、水中を泳ぐ巨大ヘビと一緒に泳ぎ喜びを爆発させる光景を撮影し、話題となっている。DailyMailなどが報じている。





アメリカ人の釣りにかける情熱は異常 州記録更新のため魚の体内に重りを入れてしまう・・・金属探知機で不正発覚 このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - アメリカ人の釣りにかける情熱は異常 州記録更新のため魚の体内に重りを入れてしまう・・・金属探知機で不正発覚

不正行為を目撃者が情報提供し発覚


人口の約11%、約10人に1人が釣りを楽しんでいるというアメリカ合衆国。釣具屋さんも日本では考えられないほど規模が大きく、店舗も多い。

そんな釣り大国アメリカで、釣りに対する異常なほどの情熱が生んでしまった事件が発生し話題となっている。ksnt.comなどが報じている。






地元住民「打ち上げられたクジラの体に漁網が巻き付いてる!助けなきゃ!」 研究者「それやめて!」 アメリカ このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 地元住民「打ち上げられたクジラの体に漁網が巻き付いてる!助けなきゃ!」 研究者「それやめて!」 アメリカ

善意が、ナガスクジラを研究する機会を台無しにしてしまう行為に・・・


日本でもクジラの死骸が打ち上げられニュースになることが多いが、世界でも毎年多くのクジラが砂浜に打ち上げられており、それは多くの研究に役立てられている。

今回、アメリカでもクジラの死骸が打ち上げられたのだが、その対応にあたった地元住民の行動が研究者によって指摘されるという出来事があり議論となっている。DailyMailなどが報じている。






オーストラリアでナゾの巨大ウツボが釣り上げられプロ釣師も困惑 「こんなの初めて」 ネット上では議論に(画像あり) このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - オーストラリアでナゾの巨大ウツボが釣り上げられプロ釣師も困惑 「こんなの初めて」 ネット上では議論に(画像あり)

色は黄褐色で、筋肉質の体、鋭い牙を持つ



陸海空問わず様々な野生生物が生息し、独自の進化を遂げた珍しい生物なども多いオーストラリア。この壮大だ自然を誇るオーストラリアではよくわからない生き物が発見されネット上で話題となることが多い。

今回、オーストラリアでプロの釣り人がナゾの巨大ウツボを釣り上げ話題となっている。miamiherald.comなどが報じている。






メキシコ「水族館でのイルカショーを禁止します。イルカは海へ返します。」 水族館「ン拒否するゥ」 このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - メキシコ「水族館でのイルカショーを禁止します。イルカは海へ返します。」 水族館「ン拒否するゥ」

イルカは儲かる


近年、世界的には動物愛護意識の高まりを受けて動物園、水族館、サーカスにおけるイルカショーへ対する風当たりが強まっており、アメリカ合衆国の一部の州やフランス、その他の国々などではイルカショーが禁止されている。

昨年にはメキシコでイルカショーの禁止が正式に決定したのだが、国内の水族館やテーマパークはそれに従わず通常通り営業を続けるといった事態が発生しているようだ。yucatanmagazine.comが報じている。





【衝撃】背中からキノコが生えたカエルが発見される 専門家も当惑「生きたカエルにキノコが生えたという記録は今までない」 このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 【衝撃】背中からキノコが生えたカエルが発見される 専門家も当惑「生きたカエルにキノコが生えたという記録は今までない」

インド、西ガーツ山脈の麓で発見



キノコの下で雨宿りするカエルや、キノコの上に乗るカエルなど。このような光景はよくメルヘンチックな童話や絵本などに登場することがある。しかし、もしカエルの背中にキノコが生えていたら?

インドで背中からキノコが生えたカエルが発見され、世界中の専門家らを驚かせている。これまで生きたカエルの背中にキノコが生えていたといった記録が無いようだ。USAtodayなどが報じている。