【閲覧注意】「砂浜に切断された人間の指が落ちていた!」との通報に警察が出動 しかし、実はあの海洋生物の一部だった -オーストラリア このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 【閲覧注意】「砂浜に切断された人間の指が落ちていた!」との通報に警察が出動 しかし、実はあの海洋生物の一部だった -オーストラリア

実に人騒がせな海洋生物

24706ED800000578-2898208-image-m-6_1420510022061
▲男性が砂浜で発見したという“切断された人間の指のようなもの” image:dailymail


先週日曜日、オーストラリアで砂浜を犬と一緒に散歩していた男性が「切断された人間の指のようなものを発見した」と警察に通報。殺人事件の可能性もあるとして警察が現場に多く集まり辺り一帯が大騒ぎとなる出来事が起こったようだ。


※深夜帯に過去のおすすめ記事を再掲する試みをしています。
本記事元掲載日
2015/01/10






【朗報】デンマークの研究者さん、『クラゲ』をカリカリにする新技術を開発する!! 美味しいクラゲチップスが食べられるようになるぞ!!! このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 【朗報】デンマークの研究者さん、『クラゲ』をカリカリにする新技術を開発する!! 美味しいクラゲチップスが食べられるようになるぞ!!!

近い将来、クラゲがより身近な存在になるかも?

162922_web
image: eurekalert


体の約95〜99%が水分で形成されている海洋生物『クラゲ』。普段海中を漂うながら生活しており、体をはゼラチン質でブヨブヨとしている。

今回、デンマークの研究者はこのクラゲをカリカリに乾燥させる方法を新たに開発。その結果、クラゲを簡単に食すことのできる「クラゲチップス」を作ることに成功したという。






【これは酷い】チリで砂浜に漂着したシロナガスクジラの死骸から「I love you」の落書きが見つかる 落書きしたとされる女性に非難殺到 このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 【これは酷い】チリで砂浜に漂着したシロナガスクジラの死骸から「I love you」の落書きが見つかる 落書きしたとされる女性に非難殺到

シロナガスクジラの死骸に落書きされていた文字はスペイン語で「ANA Te amo (英語:Ana、I love you 日本語:アナ、愛してる)」

PAY-CEN-WrittenWhale-01
image:Mirror


南米の国チリでは、海岸で巨大なシロナガスクジラの死骸が漂着しているのを地元住民に発見され大きなニュースとなっていた。

そんな中ネット上には、漂着したシロナガスクジラの死骸に落書きをしたり、その上に乗って記念写真を撮影する驚愕の写真が投稿されその撮影者に対して批難の声が相次いでいる。






【画像】駅の排水溝からまさかの「カモノハシ」が発見されるwwwwwww このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 【画像】駅の排水溝からまさかの「カモノハシ」が発見されるwwwwwww

駅でまさかの「カモノハシ」が発見される

platypus-4
image:telegraph


今週水曜日、オーストラリアの駅にまさかの珍客が現れた。発見されたのは、オーストラリア固有の生物「カモノハシ」。この生物は普段、人前に姿を表すことの非常に少ないとされている。駅の排水口で発見された理由としては、その日は大雨が降っていたため雨水によって流されてきたと推測されている。

このカモノハシは動物病院で保護された後、2月5日に線路から離れた水辺に放流された。


※深夜帯に過去のおすすめ記事を再掲する試みをしています。
本記事元掲載日
2016/02/06






【優しい】ザラザラとした肌を持つジンベエザメさん、他の魚からタワシ代わりにされていたことが明らかに  このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 【優しい】ザラザラとした肌を持つジンベエザメさん、他の魚からタワシ代わりにされていたことが明らかに 

ジンベエザメは他の魚達にとって巨大な“タワシ”?

Similan Dive Center - great whale shark.jpg
By Abe Khao Lak - Own work, CC BY-SA 4.0, Link



最大で体長約13.7 mにもなる魚類で最大の生物ジンベエザメ。主にプランクトンなどの小さな生物を捕食するため、人間にとって危険性の低いサメだ。

サメと言えば、ザラザラとした表皮を持つことで有名だが、中でもこのジンベエザメ厚さ10cmにもなる非常に分厚くザラザラとした皮膚を持つことで知られている。

そんなジンベエザメが実は海洋においてタワシの代わりのように扱われており、他の魚がジンベエザメの皮膚に体を擦り付けて体を綺麗にしている様子が確認されたという。






アメリカ人さん「五大湖のアジア鯉被害が深刻・・・せや!アリゲーターガー放流したろ!」 このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - アメリカ人さん「五大湖のアジア鯉被害が深刻・・・せや!アリゲーターガー放流したろ!」

イリノイ州の天然資源省は、外来種のアジア鯉を駆除するために、アリゲーターガーを放流しようとする計画を発表

alligator-gar-teeth
image:cbs

 コイやアオウオ、ソウギョ、レンギョを含む、アジア原産地の魚類8種類、いわゆるアジア鯉が米国で危険な外来種と見なされている。

北米五大湖ではこのような外来種が在来種に悪影響を与えてるとして、様々な駆除活動が行われているのだが、現在のところ有効な手段を見つけられていない。

そんな中、イリノイ州の天然資源省は、外来種のアジア鯉を駆除するためにアリゲーターガーを放流しようとする計画を発表した。


※深夜帯に過去のおすすめ記事を再掲する試みをしています。
本記事元掲載日
2016/08/03






【画像あり】ハワイ近海で非常に珍しい『ザトウクジラの“胎盤”』が発見される  このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 【画像あり】ハワイ近海で非常に珍しい『ザトウクジラの“胎盤”』が発見される 

ハワイ近海がザトウクジラの出産場所となっている可能性高まる 



海外メディアによると、ハワイの沿岸でクジラの監視を行うPacific Whale Foundationは、今月ハワイ近海でクジラの胎盤と思しき白い物体が海面を漂っている所を発見したという。

胎盤と思しき物体は非常に大きいため、これがもしクジラの胎盤であるとしたならば、ザトウクジラのものの可能性が高いという。