サメ?クジラ?オーストラリアで奇妙な生物の死骸が発見され話題に このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - サメ?クジラ?オーストラリアで奇妙な生物の死骸が発見され話題に

サメとクジラの中間?奇妙な生物発見にSNSユーザー困惑

39B97FEC00000578-3876512-image-m-3_1477527002662


サメかクジラか、あるいは...... - 先週水曜日オーストラリア、ニューサウスウェールズ州の砂浜で現地の写真家が奇妙な生物の死体を発見。その写真がInstagramされ話題となっている。







ワイガイジ、ししゃもを電子レンジで爆発させる このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - ワイガイジ、ししゃもを電子レンジで爆発させる

引用元: ワイガイジ、ししゃもを電子レンジで爆発させる😭


1: 風吹けば名無し 2016/10/28(金) 00:38:21.31 ID:Y8ITmp/20
卵まみれなのだ🙋

no title






俺の飼ってる魚を高画質で見てくれや このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 俺の飼ってる魚を高画質で見てくれや

引用元: 俺の飼ってる魚を高画質で見てくれや


1: 鰐 ◆WANI7.EEEE 2016/10/27(木) 21:33:50.555 ID:5BBWbUp40
どや、この画質

no title

かわいいネオンテトラちゃんやで






Twitter民さん、個体数が非常に少ない未記載種「チュラテナガエビ(仮称)」の採集・撮影に成功 すげええええええ このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - Twitter民さん、個体数が非常に少ない未記載種「チュラテナガエビ(仮称)」の採集・撮影に成功 すげええええええ


▼— とりふぁ (@trifa3) さんのTweetより
よっすあーー!!!チュラテナガエビ初採集や!
クソかっこいい……(惚

— とりふぁ (@trifa3)






無料だから釣り専門チャンネル見てるんだけど、プロの奴らって収入源は何なの? このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 無料だから釣り専門チャンネル見てるんだけど、プロの奴らって収入源は何なの?

引用元: 無料だから釣り専門チャンネル見てるんだけど、プロの奴らって収入源は何なの? 


1: ネックハンギングツリー(東京都) [US] 2016/10/30(日) 17:08:12.42 ID:N4fkMFK50 BE:902871952-PLT(12000) ポイント特典
西内まりや×清水翔太「共通の趣味は“釣り”」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161028-00010006-tokyofm-ent

▼関連イメージ
 1280px-Deepsea
(出典:wikipedia-釣り






フグさん、仲間のフグを食べて毒をチャージしていることが明らかに このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - フグさん、仲間のフグを食べて毒をチャージしていることが明らかに

引用元: フグはフグの仲間から毒をチャージしている

1: きつねうどん ★ 2016/10/30(日) 16:06:40.29 ID:CAP_USER

no title


意外なつながりにびっくりです。

見て可愛い、食べて美味しい「フグ」。そしてフグといえば、気になる毒。なんと日本大学生物資源科学部の海洋生物資源科学科、増殖環境学研究室によると、「フグの毒はフグの仲間で融通されている」ようです。


no title


フグ毒といえば、皆さんも一度は聞いたことがある神経毒の「テトロドトキシン」。テトロドトキシンは食物連鎖による生物濃縮で、フグの体内に貯蓄されるというのが定説です。フグは生まれた時は無毒ですが、毒を作り出す海洋細菌をヒトデや貝が食べ、それをフグが食べることで毒を持つようになるのです。しかし食物連鎖だけでは、フグが保有するテトロドトキシンの量の多さを説明できないのでは、という意見もありました。

そこで日本大学生物資源科学部がクサフグを調査したところ、腸の中から同じトラフグ属であるヒガンフグの受精卵が見つかったのです。もちろん魚類が同種の卵を食べるのはよくあることですが、今回の研究では「無毒のトラフグの稚魚」にテトロドトキシンを含んだ有毒卵を与えてみたのです。

すると、無毒だったトラフグの稚魚は速やかに毒化することがわかったのです! つまり、自然界のフグは他のフグから効率的に毒を摂取していることが伺えるんですね。これは食物連鎖のピラミッドの高い所にいるもの同士で高濃度のテトロドトキシンのやりとりがされている可能性を示しており、フグが多量にテトロドトキシンを保有していることが説明できるわけです。

日本大学生物資源科学部では、今後は他の生物間でのテトロドトキシンの循環を調べ、どのようにループしているのか全貌を解明したいとしています。それにしても、日本人のフグ毒に対する研究の熱意は素晴らしいものがありますね!

http://www.gizmodo.jp/2016/10/pufferfish-poison
-giving-taking.html






【海洋生物学】高知県土佐清水市で放流したジンベエザメがフィリピンへ回遊 生態解明に向けた第一歩に/海遊館・北海道大 このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 【海洋生物学】高知県土佐清水市で放流したジンベエザメがフィリピンへ回遊 生態解明に向けた第一歩に/海遊館・北海道大

引用元: 【海洋生物学】高知県土佐清水市で放流したジンベエザメがフィリピンへ回遊 生態解明に向けた第一歩に/海遊館・北海道大t


1: 白夜φ ★ 2016/10/30(日) 00:25:39.89 ID:CAP_USER
高知県土佐清水市で放流したジンベエザメがフィリピンへ回遊

高知県土佐清水市沖で放流したジンベエザメがフィリピン南部まで回遊することが、大阪市の水族館「海遊館」と北海道大学の調査で分かった。

北海道大学の宮下和士教授(海洋生物学)は「フィリピンまでの南下を確認した報告は日本初。謎の多いジンベエザメの生態解明に向けた第一歩になる」と話している。
(引用ここまで 以下引用元参照)

▽引用元:高知新聞 2016.10.29 08:10
http://www.kochinews.co.jp/article/58758/

フィリピン南部への移動が確認できた雄のジンベエザメの回遊経路(海遊館提供のものを高知新聞社が加工)

no title


▽関連
海遊館
(再送)海遊館の研究所 以布利センターにて
ジンベエザメの回遊行動調査を開始します
http://www.kaiyukan.com/press/pdfs/161027
_jinbezame_kaiyukeirotyousa.pdf