「クラゲの触手はからまったりしないの?」意外な事実 新江ノ島水族館のトリーターさんが答える このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 「クラゲの触手はからまったりしないの?」意外な事実 新江ノ島水族館のトリーターさんが答える

新江ノ島水族館のトリーターさんが疑問に答える 

1


海洋でプカプカと優雅な浮遊生活 をしているクラゲ。中にはとても長いヒラヒラとした触手を持つものもいて我々の目を愉しませてくれます。

新江ノ島水族館の公式サイトで度々更新される『えのすいトリーターの日誌』。その中の記述でお客さんから寄せられるという「クラゲの触手はからまったりしないの?」という疑問にえのすいのトリーターさんがお答えしていました。
 





なにこれ素敵!部屋の一角に植物が生い茂る緑の壁を作ったよ このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - なにこれ素敵!部屋の一角に植物が生い茂る緑の壁を作ったよ

部屋の壁に、自然を造る 

1


部屋に緑が欲しい。そう思われている方は多くおられるかと思います。観葉植物や水草水槽もいいですが、こんな方法もあるようですよ。

海外掲示板でとある方が、アパートの部屋の一角に、コケや多くの観葉植物そして水槽をを使って『緑の壁』を作ったようです。

その『緑の壁』とは、どんな壁かというと






【動画】デカすぎる!地中海で『巨大マンボウ』 その泳ぐ様子が撮影される このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 【動画】デカすぎる!地中海で『巨大マンボウ』 その泳ぐ様子が撮影される

「信じられない!こんなにも巨大な生物が地中海に生息していたなんて」

1

日本では8月14日に北海道函館市沖で巨大なマンボウが定置網にかかり話題となったのが記憶に新しいが、そのマンボウに引けを取らない巨大マンボウが欧州で撮影された。

本当にこんな生物が海を泳いでいるのか!?そう、疑ってしまうほど荘厳な雰囲気を身にまとい海中を漂うマンボウ。もし、こんな生物と海中で出会ってしまったら、恐怖で動けなくなってしまうかもしれない。
 




完成度が凄い!ストローで本格的なエビを作る方法【動画】 このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 完成度が凄い!ストローで本格的なエビを作る方法【動画】

初めての方は8分。慣れてくると5分で作れる本格的なエビ

6

初めての方は8分。慣れてくると5分という短時間で作れてしまうというストロー製のエビ。ストローの模様によってまるでレッドビーシュリンプのようで可愛いですよね。

制作に使用する物はストローとハサミだけ。接着剤などを使わないので手軽に作れますね。ちょっとだけ暇な時や、お子さんと一緒に作ったりすると楽しいかもしれませんよ。
 




【動画】カワウソが椅子に座ってお行儀良く?お食事 このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 【動画】カワウソが椅子に座ってお行儀良く?お食事

お行儀よく?餌を食べるカワウソのほのぼの映像

1

短い手足の愛嬌あるその姿で全国各地の水族館や動物園で人気の生き物「カワウソ」。最近では多くの水族館でカワウソの握手会が開催され話題となるなど多くの人々から愛されています。

そのカワウソを個人で飼育している方が撮影した可愛らしい動画がYoutubeに投稿されていました。
 




まるで犬猫。飼い主のマッサージに癒やされるカエル。【動画】 このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - まるで犬猫。飼い主のマッサージに癒やされるカエル。【動画】

飼い主さんの指に身を委ねるカエル

Frog_Gets_Own_Massage_-_YouTube

ぴょんぴょんと飛び跳ねる姿や容姿が可愛らしいカエル。しかし、「触るのはちょっと」という方も少なくはないかもしれない。 そんなカエルも実はこんなに可愛いんだ!と思わせてくれるような光景が海外サイトで紹介されていました。

それがこちら。






シャコの超高速な捕食行動をスローモーションで見たらこんなだった【動画】 このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - シャコの超高速な捕食行動をスローモーションで見たらこんなだった【動画】

同じシャコの仲間でも全く異なる捕食方法

10 PM_1

寒帯から熱帯まで世界中に広く分布しているシャコ。もっとも特徴的なのは1対の鎌のような捕脚。その姿から英名ではmantis shrimp=カマキリエビと呼ばれることもある。

そして、シャコの生態の中で最も興味深い行動の1つが捕食。シャコの仲間の捕食行動は主に2つあり、『強力な打撃でカニの甲羅や貝殻を割り捕食する種』と『鎌のような捕脚を使い超高速で獲物を捕まえる種』がいる。しかし、あまりにこの2つの行動はあまりに高速なため肉眼では何が起こったのか認識することが難しい。